FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.06.10 (Mon)

モラハラ依存

Sponsored Link


 体力的、精神的、立場的に自分より弱いものを、暴言や嫌がらせで一方的に苦しめる事をモラルハラスメントと言います。相手の心理的、肉体的苦痛を、快楽的に楽しむことを目的として行われます。とがめられれば、相手の欠点や落ち度をあげつらい、自己正当化しますが、正義の剣を振り下ろす快楽に酔っていると言えそうです。

 脳スキャンによると、人が他人の苦痛を目にしたとき、自分自身が苦痛にさらされたとき同様の脳内部位が活性化しますが、いじめ常習者の場合、扁桃体や腹側線条体、報酬系や喜びに関係する部位が、いじめ経験の無い人に比べると、活発に活動することがわかっているといわれます。モラハラ加害者は、他人の苦痛を見るのが好きだと考えられます。
 彼らは、常に弱者を探して攻撃し、攻撃するたびに心理的な報酬を受け取っているのです。それが常習化し、そこから快楽を得ることに依存するようになると、もう道徳心で制御することができません。今、ここで、部下や同僚をいたぶることで、近い将来、自らに災難が降りかかってくる可能性は少なくありませんが、そうした長期的展望に立てないほど、快楽への依存は強いものです。
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

11:50  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.07 (Fri)

虐待してしまうとき

Sponsored Link


 保護者は、不用意に、無自覚に、傷つける言葉を口にしてしまいます。罰を与えることもあることでしょう。何気ない、その積み重ねが、人格形成に影を落とすなどとは自覚していません。
 遠目には可愛い乳幼児も、傍にいてお世話する者にとっては、さながら暴君のようです。多大なエネルギーを消費させます。中でも、衝動的で落ち着きのない子供、いつまでもぐずる子供、親との相性の問題もありますが、扱いにくい子供は、親を悩ませます。
 社会性を身に着けさせるためにも、好き勝手にはさせられません。子供の心に寄り添うしつけができればいいのですが、親が多忙であったり、疲れていたり、不調な時には、叱るではなく、感情を爆発させる形になりやすいものです。怒鳴ったり、時に叩いたり、罰を与えるたり。そうすることで、親のストレスは、すっきりします。そこには、ストレスから解放される快感があります。それ故に、習慣化しやすいものです。叱りすぎたと後悔しても、同様の場面で、また同じ態度をとってしまうのです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

14:43  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.04 (Tue)

子供の自尊心を傷つける親

Sponsored Link


 身近な人たちとの関係性は、自尊心に影響します。大切にされている、認められているといった実感がないと、いつしか、自己評価が低下していくのです。
 特に、自己感覚がまだ希薄な子供にとって、親からいつも否定されて育つことは、自己肯定感を蝕みます。自分は周囲から受け入れられない人間だという自尊心の低さとともに、傷つけてくる他者への不信感や恐怖感から、他者と距離を置くようになっていきます。
 子供の自尊心をつぶす親は、共感性、他者の心中を察する能力がありません。同時に「子供はこうあるべきだ」といった絶対の思い込みを持ち、子供の状態や心情がどうあろうとも、自分に従わせようとします。

テーマ : 自分を愛する - ジャンル : 心と身体

06:09  |  いじめ 心理的暴力  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.05.27 (Mon)

憎しみから解放されるために

Sponsored Link


 許してあげなさい、と第三者は言うことでしょう。怒りや憎しみの感情は、外ならぬ本人を傷つけるもの、手放して楽になりましょうと。

 そうはいっても、一方的に傷つけられ続け、その傷跡が今も深く残っているのに、加害者を無罪放免にできるでしょうか。恨むことしかできない、それを悪だと言われたら、最初の一撃を受けた時、死ねば良かったという結論になってしまいそうです。

 動物は敵と出会うと、瞬時に闘争、それができなければ逃走を選びます。人は社会生活の中でいずれもできずに、攻撃され続けることが多々あります。憎しみは、当然の感情でしょう。時を経て、忘れることはできても、なかなか許すことはできません。それは、なぜ、加害者が、あれほど酷い仕打ちができるのか、被害者の立ち位置のままでは、いつまで経っても理解できないからです。理解できないから、許せないのです。

テーマ : 自分を愛する - ジャンル : 心と身体

13:23  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.05.23 (Thu)

都合のいい友達

Sponsored Link


 久しぶりに連絡してきたと思ったら、内容は頼みごとばかり。頼みごとがある時にだけ連絡をしてくる友人、心当たりはありませんか。
 このような人は、頼みごとの種類によって、連絡する知人を、たくさん持っています。人を利用価値で判断する人です。内心、相手をバカにして見下していても、少々問題のある人物だと思っていても、利用価値として付き合います。
 断られると、あっさりと次の人を探すのがこのタイプです。だから、申し訳ないと罪悪感を覚えず、嫌なときははっきり断ることが大切です。
 利用価値で判断するのは、友情ではなく、ビジネスライクな関係といえるでしょう。何かのイベントに、頭数が足りないので呼ばれたり。「誘ってくれて嬉しい。」と、相手の自分への好意を期待していると、愕然とします。

テーマ : 自分を愛する - ジャンル : 心と身体

16:07  |  パートナーシップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.05.20 (Mon)

不適切な自己開示

Sponsored Link


 初対面の相手との会話は、共通の話題や当たり障りのない話になるものです。家族や、親しい相手にするような話題は選びません。
 初めてのデートで、自分の悲惨な生い立ちを語る人には、注意が必要です。その人は、過去の傷からまだ立ち直っておらず、精神的なサポートが必要な人なのかもしれません。あるいは、そうした話題が、相手の胸を打ち、感動や同情の念の湧き上がるとを期待しているのかもしれません。思いがけず聞かされてしまった人は、「なぜ、今、そんな話を私に?」と、ざわざわと胸騒ぎを覚えることでしょう。
 初めてのデート以前に、相手に好意を持っていた人の中には、「この人の力になりたい。守ってあげたい。」そんなふうに、心揺さぶられる人もいるかもしれません。そして、相手の何らかの求めに応じてしまうかもしれません。「私に心を開いてくれた....!!」と、特別な存在になれたように感じるかもしれません。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

17:46  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.05.18 (Sat)

乳幼児虐待?

Sponsored Link


 「泣くことしかできない乳幼児を虐待する気持ちが解らない」という人は、おそらく、子供に接する機会が少ない人ではないでしょうか。少しの接点では可愛い子供も、毎日、四六時中では事情が違います。泣かれ続けることのストレス。イライラのスイッチが入ってしまったとしても、不思議ではありません。
 そのストレスをぶつける対象は、無力な、その子供です。注意が、いつしか、命令に変わります。そうしたしつけに慣れ、徐々にエスカレートしていきます。
 保護者は、手がかかり、時間を取られ、くたくたな自分を被害者のように感じていますから、叱られて泣く子に、同情するゆとりがありません。ただストレスをぶつけているだけだと、自分で理解していても、ひとたび感情的になると、治まらないこともあるでしょう。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

10:11  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.05.14 (Tue)

虐待後遺症

Sponsored Link


 成長期にいじめや虐待を経験し、ただじっと耐えて、嵐が過ぎるのを待ち、生き延びた子供が、嵐が去った後で、もう危険な相手がいなくなってから、人間不信や対人恐怖症に苦しむことがあります。渦中にいるときは耐えるのに必死でしたが、もうその必要がなくなってから、症状が出るのです。身体へ受けた傷が、その瞬間よりも、時間をおいてから激しく痛むように。

 脳内にインプットされた記憶が、時間とともに整理され、人生観を形成していきます。身近な人たちから存在を否定され、尊重されず、快楽の対象として危害を加えられてきた。それを目の当たりにしているはずの周囲から、救いの手は差し伸べられなかった。人への不信感、恐れが生じるのは、極めて自然なことでしょう。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

08:12  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.05.09 (Thu)

我慢は報われない

Sponsored Link


 不快なことをはっきり不快だと言ったら、嫌なこともきっぱり断ったら、どんなに楽だろう。そう思いながらも、相手を怒らせたら気まずくなる、究極、相手と疎遠になる、この居場所を失ってしまうと躊躇い、結局従順に相手に従ってしまうことはないでしょうか。こんなにも我慢してるのだから、相手との絆を深められるはず!そう確信して。
 ところが、予想に反して、相手は感謝するどころか、ますます支配的になり、積もる我慢の堰が切れて、怒りの大洪水になってしまい、失いたくなかったはずの相手との絆を、こちらから切ってしまうという展開に!

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

20:28  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.05.03 (Fri)

置かれた場所で咲きなさい?

Sponsored Link


 「置かれた場所で咲きなさい」という言葉がヒットしました。美しい言葉かもしれませんが、わたしの心には引っ掛かります。ブラック企業、ブラックな上司のもとで、一生懸命働いたところで、行き着く先は心身ともに過労でダウン、という展開になる可能性は濃厚です。ここは自分の居場所ではないと気づいたら、咲ける場所を探した方がいいのです。大地に蒔かれた植物の種ではないのですから。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

15:45  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.04.29 (Mon)

自己愛パーソナリティの特徴

Sponsored Link


 初対面の相手に対しては愛想よく! 笑顔で! 誰しも、そう心がけることでしょう。良い印象を与えたいと、誰しも考えるものです。
 自己愛パーソナリティの人の愛想よさは、そうした人々の中にあっても、突出しています。ひときわ大きな、ハイテンションの声は、集団の中でも際立っています。人の注意を引き付ける能力に、たけているといえます。社交的でフレンドリーなので、親しみやすい第一印象です。
 そのうえ、他の人たちが気付かないちょっとした配慮、気遣いにも長けています。顔見知りの人たちから、まめな人、気配りのできる人、そういった評価を受ける人です。
 ただ、親しくなるにつれ、表層的で、内面の乏しい人という印象に変わってくることでしょう。気配りも親切も、愛想の良さも、すべて対人スキルのなせる業です。その人本来の気質ではありません。共感性に優れた、思いやりのある人となりから発している振る舞いではないのです。ところが、人は往々にして、気遣いや気配りから、包容力のある優しい人柄を想像してしまいます。自己愛パーソナリティは、捕食者ですから、人心への取り入り方を心得ています。やりすぎてしまい、違和感、不信感を与えてしまうほどに。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

14:46  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.04.20 (Sat)

奪う人

Sponsored Link


 相手を認めて受け入れず、見下して批判し、なおかつ指図する人は、奪う人です。自分の意のままに動くロボットを欲しがっている人と言えます。この人に、利他の心を探すのは難しいことでしょう。
 支配し、搾取しようとする人の周りには、その人の支配態度に悩んでいる人が必ずいます。搾取や支配から逃れたいと、もがいている人です。
 他者の力を利用して自分の欲求を満たそうとする人は、人のエネルギーをたえず奪い続けています。
他人の痛みに無関心で、そもそも関心を払う価値もない存在と見なしていますから、省みることもなく、その生き方を変えようとはしません。責められると、被害者面することさえ、まれではありません。謝罪しながらも、被害者を非難することもあります。
 そうした人がトップに立つと、その集団は疲弊していきます。絶えず人が入れ替わる職場などのように。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

20:55  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.04.14 (Sun)

境界性パーソナリティー障害のプロフィール

Sponsored Link


 境界性パーソナリティー障害の人は、他者に対して、決めつけ、思い込みが激しいものです。あいさつ程度の付き合いしかない相手に対して、「あの人は、こういう人だ。」と勝手に決めつけます。一を聞いて百を知った気になるのです。真実は1つだけで、99は憶測や妄想、思い込みにすぎません。「あの人は〇✖△.....な人だから」と、長々と説明するので、相当親しいのかと思っていると、顔見知りにすぎないと知って驚かされます。「〇✖△.....」は、本人に確認しない限り、鵜呑みにはできません。周囲は、境界性パーソナリティー障害の人の、まことしやかな憶測に巻き込まれる可能性があります。
 見た目、うわべだけで、100パーセントの判断をします。「あの人は、資産家だから、着ている服はいつも高級品」「あの人の着てる服なんて、安物に違いない」これらは、いずれも100パーセントではないのですが。

テーマ : 発達障害 - ジャンル : 心と身体

07:46  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.04.08 (Mon)

 ガツ ガツした人

Sponsored Link


 ガツガツした人は野心家で、常に人の上に立つことを切望しています。要領が良く、物事のコツをつかむ才にたけていますが、コツコツと努力を積み重ねる誠実さはありません。すぐに結果が出ないと飽きてしまいます。地道な仕事を継続することはできず、他人に任せ、結果だけをちゃっかり自分のものにしたがります。そうした手段を選ばない厚かましさ、図々しさへの躊躇はありません。
 常に自分のことしか考えておらず、自分が迷惑をかける人への配慮がありません。人を傷つけやすい性質があります。いたわりや優しさを持ち得ないので、対人関係は安定せず、流動的になりがちです。
 リーダー的立ち位置にいることが多いので、自立した人と思われがちですが、完全なる依存型人間です。
 自立した人は、あまり人を頼りません。自分の仕事を自分がやるのは当然と思っていますし、失敗した場合は自分を責めます。
 依存的な人は、地道に努力しようとせず、誰かに代わってやってもらい、完成した仕事を自分の名前で提出しようとします。失敗すれば、人を責め、被害者意識を持ちやすいものです。人に期待してやってもらいたがり、人のせいにして自己哀憐に浸ります。
 被害者意識を持ちやすい人は、相手の立ち位置から自分を見ることをしません。共感力や思いやりは、欠けています。 

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

16:35  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.04.02 (Tue)

クラッシャー上司の行く末

Sponsored Link


 上司のパワハラが原因で、心身を病んだり退職に追い込まれたり。心中ひそかに上司の不幸を願ったとしても、無理はありません。
 ですが、パワハラ上司も、あまり幸せではないのかもしれません。これまでも良い人間関係を構築できず、それ故に他人に噛みつく傾向が強くなり、ますます他者から疎まれ、他人を信用できなる悪循環になっていると言えるかもしれません。
 イライラやうっ憤を、弱い立場の部下を叩くことで紛らわすのが習い性になっている上司。そもそも、他者と良いかかわりを築く力に欠ける未熟な精神性を持っていることも多いものです。
 そうすることで、職場の空気が悪化し、次々と社員が離れていってしまっても、次なる新人を叩き続けることがやめられません。ターゲットにされた部下は、狙われやすい自分の性格を恥じて、自己評価が下がります。「即座に言い返せず、固まってしまって、言いなりになる結果になってしまう自分が悪い。」被害者は、このように自分を責めがちですが、その攻撃が理不尽であることは間違いありません。その人が、他の社員に比べて仕事ができないわけではないのです。ただ、おとなしそうに見える部下を、本能的に嗅ぎ分けて、最初から狙うのです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

21:01  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.28 (Thu)

邪視 ぞっとするような目つき

Sponsored Link


 一見、人当たりのいい人、普通に温厚そうな人、その人が、一瞬見せた視線に鳥肌が立ち、いついつまでも焼き付いて離れない。あの目つきの意味は、何だったのだろう....。
 目は心の窓。悪意は、垣間見せる目つきに現れます。その一瞬の目つきに、何やら常軌を逸したものを感じたならば、その人が精神病質である可能性があります。あるいは、あなたに対する破壊願望、秘めたる攻撃性の露見と言えるでしょう。
 その人が、「わたしたち、似た者同士ね。」と気安く肩に触れてきた時に感じる鳥肌だつ嫌悪感も、同様に直感からの警告です。無視してはいけません。言葉以外のメッセージを、私たちは常に受け取っているのです。
22:15  |  精神病質-サイコパス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.24 (Sun)

友人になれない人

Sponsored Link


 初対面から、やたら親しげに近寄ってきて、人懐っこい。ところが、しばらくすると、どんどん利己的になり、一方的に、とことん相手を利用する人。利用価値がなくなったら、豹変して切り捨てようとする人。
 ひどい目にあってから、ああ、こういう人だったんだ、とわかる次第。できれば、もっと早く気づきたいものです。いつまでたっても友達にはなれない、ならない方がいい、このような人たちの見分け方はあるのでしょうか。
 その特徴として
1.顔が広く、一見友達が多そう。話を盛る。「あの人とは大親友」などと言う。ところが、のちに、その人とは学生時代の同級生で、現在交流があまりないことが解る、等々。
2.愛想よく、パーティーでは主役。頼みごとがあるときは、猫なで声で相手をおだてる。おだてや泣き落としで、他人を意のままに動かそうとする。浅慮なため、その意図が、相手に見透かされる。
3.陰では、見下しながらも、利用するため、その相手に近づこうとする。
4.感謝しない。反省しない。やってもらって当たり前。批判されても、跳ね返す。相手のために、相手を苦しめている自分の行いを改めようとはしない。自分の非に気付けないということは、「私って被害者、かわいそうな私」というポジションに陥るということ。自分が何をしたかに無頓着で、非難されてかわいそうなわたし、になる。
5. 親しくなったからこそ知りえた相手の秘密を、不用意に第三者に暴露する。
6. 時間にルーズ
7. うまく立ち回って、人の上に立ちたいという意図が見て取れる。マウント言動が多い。
8. 常に自分の欲求のために奔走しているので、他人の痛みや欲求には無関心。

テーマ : 自分を愛する - ジャンル : 心と身体

11:11  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.18 (Mon)

サイコパスのプロフィール

Sponsored Link


 前頭葉は、人間の最も人間らしい脳ですが、この部位が不活発であるために、サイコパスは社会の中で調和して生きる資質が欠けています。彼らは利己的で、他人を支配したがります。良心は、他者に感情移入することから生まれますが、サイコパスには他者の心情を察する感性がありません。相手の身になって考えることができないのです。従って、感情移入や共感に基づく、暖かい人間関係を築けません。関心は、いつも自分に向いています。
 すると、他者は自分の欲求を満たすための存在になります。彼らは、道具のように他者を利用します。相手の自由や権利を損なっても、良心の呵責はありません。他人は、自分の命令に従うために存在しているのです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

11:06  |  精神病質-サイコパス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.13 (Wed)

サイコパス・パーソナリティ

Sponsored Link


 その人の第一印象は、明るくて人当たりが良くて、周囲の人たちから際立っていたことでしょう。初対面の人にもさりげなくティッシュペーパーを差し出したり、お茶を配ったり。気の利いた人に見えたはずです。
 温厚で慎重な人は、見ず知らずの大勢が集まる会場で、こうしたパフォーマンスはしません。付き合いが長くなると、その人の優しい気質が解ってくるといった次第です。

 派手な気遣いを見せる人は、無意識のうちに、他者の目を意識して印象操作をしているところがあります。リスクを顧みず、衝動的で物おじしない人柄は、初対面の人たちの中で、存在感が際立ちます。
 そつのないソーシャルスキルも、心得ています。この人の内面が、人を人とも思わない冷淡さで裏打ちされているとは、気付かない人も多いことでしょう。近づいて、その内面に触れ、傷を負うまでは。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

15:25  |  精神病質-サイコパス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.09 (Sat)

サイコパスからのサバイバル

Sponsored Link


 その人が誰かを蔑む、信頼を裏切る、利用した後で手のひら返しの冷たい態度をとる、といった行動を見せたら、あなたはどう思うでしょうか。「✖✖さんにも問題ありだから仕方ない。わたしは、こんな扱いを受けることはない。」と思って、被害者の問題にするでしょうか。
 その人が誰かに心無い扱いをしたならば、遅かれ早かれ、あなたも同じ扱いを受けるでしょう。その人と、特別な関係だからと言って、被害を免れられるわけではありません。

テーマ : 自分を愛する - ジャンル : 心と身体

08:54  |  精神病質-サイコパス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.06 (Wed)

DV 言いなりになる被害者

Sponsored Link


 言葉や拳で暴力に及ぶパートナーと別れずにいる被害者は、その被害が自分の子供に及んでも、身を挺してかばい、守ることができません。見て見ぬふりをしたり、むしろ、加害者に協力的であることさえあります。
 パートナーを失いたくない、その欲求が強いのでしょう。そのためなら、相手の言い分を何でも正当化してしまいます。依存心が強くなると、本来持っているはずの「自分軸」が働きません。その結果、自分だけでなく、ペットや子供までも犠牲にしてしまうといった状況に陥ってしまいます。
 相手を求める欲求が強くなりすぎるのは、良くない傾向です。それ自体、すでに上下関係になってしまっています。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

10:59  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.02 (Sat)

壊れた境界線

Sponsored Link


 配慮を欠いた強引な人は、いつも強気で、一見仕事ができる人に見えますが、多くの対人関係の失敗を繰り返しています。そのため、根底に劣等感を抱えていることも少なくありません。
 劣等感を抱いていると、人と人との違いをそれぞれの個性とは受け止めず、自分を軸に、人間関係を全て勝ち負け、上下で考える傾向がかなり強いものです。学歴、社会的ポジション、収入、性別、国籍などなど、差別の対象となります。チームを組んで仕事をしている同僚が、こうした差別意識を持っていると、かなり煩わしいものです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

10:40  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.02.24 (Sun)

支配的な人の特徴

Sponsored Link


 支配的な人は、他人を利用することに戸惑いがありません。自分の都合のために、平気で他人を利用します。指図や命令することに対しても罪悪感が乏しく、他人に指示を出すことをためらいません。一見、リーダーシップがある人に見えますが、日常の人間関係は、本来フラットです。役割分担のある職場の、上司と部下の関係と同じではありません。
 そこを履き違え、何らかの理由、年齢が上だとか、何らかの立場の違いから、自分に支配する権利があるかのように思い込んでいます。指示を出す相手を、人として尊重する姿勢が薄く、まるで自分の手足の一部のように、あるいは、機械仕掛けの道具のようにこき使います。
 命令される友人知人は、当然、その人を「何様!?」と感じ、憤りを覚えることでしょう。そして、抵抗を示すと、支配的な人は、「あの人のキツイ性格には困ったものだ。言うとおりに動かず、怒ったりして。」と、相手の人格を否定して、自己憐憫に浸ったりします。
 相手にも感情があるということが、理解できていません。「みんな、私に従うのが当然」という利己的な姿勢が目立ちます。
 また、人それぞれに、それぞれの事情があり、それに従った生き方があるといった事が、理解できていません。仕事や結婚観といった事柄に対して、自分と違った考えを持つ人を受け入れられません。相手の事情を無視し、自分の価値観を押し付けるといった対人関係のトラブルを起こしがちです。他人の生き方まで、自分の管理下におこうとするかのように、血相を変えて意見する場面が、しばしば見られます。
 自分の価値観こそが絶対であり、高貴であるとして、自他の境界線を越境して、他人の人生まで意見する自己主張の激しさは、人格の未熟さを物語っているかのように感じられます。許容範囲が狭く、排他的です。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

10:35  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.02.18 (Mon)

良心の生まれる場所

Sponsored Link


 明るくて人当たりがよく、初対面で魅力的な人柄。ですが、付き合いが長くなると、まるで演技のように、気遣う言葉は借り物で、自身の感情が添っていないこと、そして、そのあまりに利己的な本質に気付く.....。
 反社会的パーソナリティー障害、あるいはサイコパスと呼ばれる人たちは、人間の最も人間らしい部位、脳の前頭前野皮質の活動が不活発です。自分自身のことばかりでなく、他者も視野にれ、感情移入できるのは、この前頭前野皮質のおかげです。機能不全に陥ると、人を思いやることや、自らの衝動にブレーキをかけることができません。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

11:17  |  精神病質-サイコパス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.02.15 (Fri)

共感できない人

Sponsored Link


 共感力とは、他人の心情を思いやる想像力の事です。共感力が低い人は、悪気がなくとも、無神経な言動で、周囲の人を傷つけてしまうことが多いものです。他人と、喜びや悲しみを分かち合うことができません。
 共感力がないということは、他人に興味がないということです。傍らにいる人が、気がかりや心配事を繰り返し口にしていても、耳障りなだけで関心が持てません。また、一緒に何らかの仕事をしている時も、自分の仕事が大変と騒ぎ、人にやってもらいたがりますが、相手の仕事は手伝いません。
 他人に関心がないから、他人のことが解らず、困っている人に、見当はずれなアドバイスをして、自己満足します。関心がないにもかかわらずおせっかいなところがあるのは、利他的であることを社会に求められているという認識があるからでしょうか。社会に向けた建前、偽善的なところが多々あります。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

07:40  |  いじめ 心理的暴力  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.02.11 (Mon)

嫌ってもいい

Sponsored Link


 自分にだけきつく当たってくるパワハラ上司、ねちねちと陰湿ないじめを続けるお局様的同僚。この辛い状況を打開しようと、笑顔で接し、相手の気に入られるよう、認められるよう振る舞おうとする人がいます。頑張って相手の期待に応え、受け入れてもらえれれば、もう辛い仕打ちはなくなるだろうと期待して。
 自分だけいじめられるのは、自分に問題があるからだと、自分を恥じたりもします。成長期に、養育者から、「人から嫌われたり、仲良くできないのは、苛められる側に問題がある」と言われてきた経緯があるのかもしれません。親しくなることによって被害を脱したいと、無意識に考える癖があります。誰とでも仲良くなれる人が人格として優れていると、本気で信じています。そして、仲良くしてもらうために、犠牲を払い続けるのです。傷つく姿を見るのが加害者の喜びだと知っていますから、傷ついたそぶりも見せず、常に笑顔です。

テーマ : 自分を愛する - ジャンル : 心と身体

09:57  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.02.05 (Tue)

協調的防衛

Sponsored Link


 笑顔で接し、相手の話題に興味を持っているかのようにふるまうことで、友人を得ることに成功した人は、次に出会った相手にも、同様に振る舞います。やがて、それが処世術にもなっていきます。
 確かに、相手の期待にかなうことで、相手から受け入れてもらいやすくなります。ただ、問題は、好印象を持って接することで、好意的な態度を返してくれる人ばかりではないというところです。

 相手の話題に、つまらないそぶりも見せず付き合う。ちょっとしたサービスを惜しみなく与える。相手が利益を得るようにふるまうことで、親密になろうとすればするほど、相手の要求が増え、その割に、こちらに好意や関心を持っているようには、一向に見えない!!こうした人の出現に、協調的戦略一辺倒で来た人は、対処の仕方が解りません。

テーマ : 自分を愛する - ジャンル : 心と身体

11:07  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.31 (Thu)

サイコパス 良心のない人

Sponsored Link


 サイコパスは、一見人当たりがよく、初対面の相手にも積極的に話しかけ、誰とでも親しそうに話します。見知らぬ人たちばかりの集会に出かけて心細い人が、真っ先に打ち解けるのは、こうしたタイプかもしれません。
 サイコパス・パーソナリティは、不安感や恐怖感が乏しいので、その分、大胆に振る舞えるのです。ですが、付き合いが長くなると、違和感を感じるシーンに出くわします。まるで下手な役者のように、言葉に心が添っていないと感じるのです。「〇〇さん、大好きよ」と白けた口調で見え透いたお世辞を言われ、背筋が総毛だつ思いをする、などは直感からの警告です。
 相手の立場に立って感情移入するところから共感は生まれますが、サイコパスにはそうした想像力が希薄です。したがって、付き合いが長くなっても、情緒的な絆が結べません。そもそも、他人に興味がないのだから、いくら行動を共にしていても、その付き合いは表面的なものに留まってしまうのです。
 「もう3年も頻繁に行動を共にしているのに、この人には友達だと思われていないみたいだ。」こうした違和感を感じるその人は、サイコパス・パーソナリティかもしれません。

テーマ : 発達障害 - ジャンル : 心と身体

14:49  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.27 (Sun)

カルト化教会

Sponsored Link


 神概念は人類の創作ですが、誰かにとって、それは、不安を鎮める役割を果たすこともあります。何をどう信じるかは人それぞれの自由ですが、集団の中では、ときにカルト問題が生じます。それは、その集団の中だけで生じる問題であるために、外部からは解りづらいものです。

 聖書の解釈が、牧師の都合よく湾曲され、それを持って、信徒はコントロールされます。お金を貢がされ、無賃で忙しく働かされ、健康を害したり、経済的な圧迫を受けるようになります。それは、教会内部だけの出来事ですから、部外者には牧師の偽善的な姿が、立派と映るかもしれません。
 信徒の犠牲によって、教会は成り立ち、牧師は潤います。さらに人を呼び寄せ発展させるため、リーダーは一層信徒を酷使します。無賃であるうえ、金銭を貢ぎながらの労働ですから、ブラック企業以下、奴隷以下です。
 そのような立場に自らの身を置くことに、いつまでも耐えられるでしょうか。金銭や時間、体力の消耗よりも、自尊心に加えられる痛手が、離脱の決定打になります。リーダーと自分、同等であるはずの人間関係が、命令するものとされるものに分かたれるのですから、当然です。

テーマ : 発達障害 - ジャンル : 心と身体

13:53  |  カルト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.23 (Wed)

短絡的な人

Sponsored Link


 思慮浅い人を、短絡的な人と言います。熟慮することなく、思いつきのままに、衝動的に行動します。
 行き当たりばったりで、危機意識があまりありません。楽観的、ポジティブな側面が強いのも特徴です。
 とはいえ、詰めの甘さがあるので、周囲は後始末等に振り回されます。思いつくままに行きたいところへまっしぐらですから、考えることも、周辺のしなければならないことも、人任せ、周囲に丸投げを好みます。当然、周囲には、自分さえ良ければいい、自己中心的に見えます。大人げない、底の浅い人とも映ります。
 短絡的な人は、人の心などの、見えないものを読み解くのは得意ではありません。そもそも、関心がありません。他者の言葉の裏側を読みません。それが不本意であると、表情や声のトーンが告げていても、気づけません。人の気持ちに無配慮、無頓着になりがちです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

15:52  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
ラティース太陽光発電