Sponsored Link

厄介な人に振り回されない生き方

 なぜか、厄介な人、変な人に絡まれやすい人もいます。内心、人に利用されてると思うことも多く、ストレスや怒りを抱えていることでしょう。 そうした人たちは、他者を言葉で傷つけないよう、言葉を選び、自分の感情も抑えてしまう癖が生き方になっています。そうする事が、他人に受け入れられ、良好な関係を築く唯一の方法だと、学習してきたのです。そして、それ以外の方法があるとは知りません。 常に相手を気遣い、寄り添お...

辛くなる人間関係

 迎合的な生き方というのは、身構えた防衛的な生き方です。人と関わる時に、自分を抑えて相手に合わせるというスタイルで、相手から攻撃されるリスクを回避しているのですが、相手によってはうまく機能しません。都合よく利用されたり、軽んじられたりと、とても苦しい対人関係になることも、多々あります。 そのような生き方の癖が身に付いた背景には、迎合という手段で防衛しなければ拒絶や攻撃にあった、安心して生きて来られ...

粗末に扱われる人

 相手の好意や好感を得るために、自分を抑えて相手の意見を優先したり、周りに合わせたり、という経験はありませんか。親しくなれば本音も言うけれど、それまでは建前で付き合い、相手を傷つけるかもしれないような意見は決して言わないという戦略です。 自己主張は控え、相手の頼み事も引き受け、相手に主導権を渡してサポートに甘んじる、といった傾向も顕著といえそうです。だからといって、けっして自主性や自信がないわけで...

嫌われるのが怖い

 人間関係に疲れてしまう人は、誰に対しても「良い人」であろうとしています。意識していい人を演じているわけではないのですが、基本、他者に対して好意的なのです。 そうした人は、自分に近づいてくる相手に対して、誠意をもって接しようとします。ところが、向こうから積極的に近づいてくる人は、いい人ばかりとは限りません。むしろ、何か思惑があったり、他の人間関係がうまくいかない人が、受け入れてくれそうな相手とみな...

上下関係が生じてしまったら

 全く対等な立場であっても、いつの間にか上下関係が生じてしまっていることがあります。態度が控えめだったり、許容的だったりすると、相手の目に、自信なさげに映ることがあるのです。本当は、気配りしどおしで、疲れているにもかかわらず、そんなことは見えないので、解ってもらえません。 そこで、相手は、自分の方が物事を解っているような勘違いをして、強く出てくることがあるのです。 譲れないところでこちらが強く出る...

あつかましい人のプロフィール

 そもそも、何かの分野に秀でたセンスを持っているわけではありません。コツコツと地道に努力して、実績を積み上げるタイプでもありません。持っているのは、図々しさと、少々のことにはめげない勢いと、仮想的万能感だけです。 にもかかわらず、そのエネルギーは強く、目的達成のためなら手段を選びません。人に迷惑をかけてはいけないだとか、傷つけないよう配慮しようとか、そうしたことは全く考えません。 他者に対する思い...

依存される関係

 友人や知人と、対等な関係だと思って付き合っているうちに、いつの間にか一方的に依存されて、疲れてしまったことはないでしょうか。最初は親切のつもりで引き受けていたことが、いつの間にか、当然のように自分の仕事になって、矢継ぎ早に用事を振ってこられて困惑したり。足元を見られて調子に乗られているのかと、愕然とすることもあるかもしれません。 「貸し」を積み重ねておけば、きっと自分が困った時に力になってくれる...

つけあがる人

 誰しも、馴染の少ない相手には、少々気分を害しても、寛大な言葉を返してしまうのではないでしょうか。それは、社交辞令ですから、当然本音とは違います。内心、むっとしているだろうなぁと、相手も察していることでしょう。 ところが、社交辞令のやさしさに、どんどんつけあがってくる相手もいます。この人は、優しい、弱々しい性格なのだと勝手に決めて、その寛大さにつけこんで、次第にあつかましくなってくるのです。 自分...

誰からも好かれたいシンドローム

 相手の出方を待って、相手の意向に合わせてしまう。自分が嫌だと思っている相手からも、好かれたい。だから、自分の感情や意見を出せない。 人は誰でも、他者から受け入れられたいと願うものです。だからといって、相手から好感を抱かれたい一心で、迎合的な態度に徹するのは、得策とは言えません。それは、自分の本心を無視し、自分を傷つける行為だからです。 子供のころ、いじめや虐待といった「拒絶」を経験した人は、無意...

搾取的な人の特徴

 搾取する人の第一印象は、際立って良好です。人当たりはとてもよく、誰の目にも明るくて親しみやすい人と映ることでしょう。リーダー気質で、行動力もあります。 人間関係を、上下関係にしたがる傾向が強いといえます。対等でフラットな友人関係を、望んでいないかに見えます。友人知人も、自分のビジネスに利用しようとするので、ヒビが入ったり、距離が開くことも少なくないことでしょう。 文句を言わない人が傍に留まり、下...

自己愛パーソナリティの自尊感情

 自己愛性パーソナリティの人は、一見自信満々なように見えて、実は自信のない人だ、などと言われます。自己中な人は、自分の都合しか眼中にありません。自分が一番可愛く、勝手な言い分や、横柄な態度で、他人を振り回すことも多いものです。 ですが、その実、「立派な自分」の虚像しか受け入れられていないのかもしれません。他人を顎で使ってかしずかせたり、やたらと依存して構ってもらいたがったり、見え透いたお世辞に舞い...

愛がない人

 たとえば、あなたをたいせつに思ってくれる人がいて、何かと世話を焼いてくれたり、何でも言うことを聞いてくれても、あなたにその人への好意がなければ、あなたは幸せを感じません。もっともっとと要求し、応えきれない相手を責めるばかりです。そして、だんだん、相手が尊重に値しない、いたらない存在に見えてくるのです。満たされず、自分の幸福にも気づかず、人間関係に恵まれない、不本意な生き方をしている、などと考える...

自分勝手な人に振り回されないために

 自分勝手な人は、人の話を聞きません。頭の中は、いつも「自分の都合」だけでいっぱいです。相手にも都合があるなどと言うことは考えてもいないか、それは相手の非難されるべき特徴であるかのようです。自分の都合に合わせるべきなのに、そうしないと。 繰り返し聞かされていると、いつの間にか洗脳されたようになってしまうので、要注意です。都合に応じられなくて申し訳ないなどと、罪悪感を感じてしまうと、相手の思うつぼで...

粗末に扱う人を寄せ付けない

 誰とでも仲良くしなければ。嫌われてはいけない。そうした思いから、他者に対して親和的、迎合的な態度を取っていると、多くの人から嫌われることはありませんが、一方で、「あの人は意のままになる。大事にしなくてよい。」と考える人を呼び寄せてしまうこともあります。 下記のような人に悩まされているのなら、他者と友好的であろうとするあまりに、自分を粗末に扱っていないか、考えてみるときです。その人と一緒にいると、...

孤独を恐れると

 人は、本能的に孤独を恐れるものです。人とのつながりの中に、安心を得ようとします。多くの友人知人がいることが、自分の存在価値のように錯覚することさえ、あるかもしれません。 ですが、より多くのつながりを求めると、必ず苦しくなります。他者から受け入れられるように、誰にでも笑顔を振りまき、相手が不快に思うかもしれない言葉は慎む、人当たりのいい協調性のある自分を演出し続けなければならないのです。 自分が正...

キレイごと言う人

 こちらが本音の愚痴をこぼした時、返ってくる答えが、キレイごとだったら、「この人は私の味方ではない。」「まだ私に心を開いていない」などと感じることでしょう。偽善的なセリフは、人の心に触れないのです。 その人の言動を見ていると、いつも口にする慈愛のセリフとはほど遠いことも多いものです。実際は人に対して無関心で、心の中で見下しながら、利用できそうだとなると、猫なで声で近づき、感謝の念も抱かず、自分にメ...

利用されやすい人

 人から嫌われたくない、相手にとって必要な対象になりたい、人間関係に波風を立てたくない。こうした心情、他者に対する依存心があるときは、きっぱりとした自己主張ができません。相手に媚びる精神状態になっているのです。 そうした時には、仕切る人、人を顎で使って平気な人に、舐められてしまいがちです。一方的に求められて、いいように扱われてしまうのです。 相手に見返りを求める下心があってはいけない、与えることに...

モラハラ自己愛人間

1おだてに弱いモラハラ加害者になりやすい人は、自己愛性パーソナリティの傾向があります。常に、注目されること、認められることを求めているので、見え透いたおだてにも踊らされる傾向が顕著です。君ならできるとおだてられると、分不相応な役職にも付き、結局、実力が伴わないので、続かないといった結末にもなりやすいものです。2. 上下関係に考えるフラットな友好関係を望んでいないかのようです。「あなたは5年?わたしは7...

精神的虐待の後遺症

 成長期に心理的虐待やいじめを受けた体験は、その後の自己評価や対人認知に大きな影響を及ぼします。虐待的な環境から抜け出せばそれで終わりではなく、影響力は長く続くのです。 虐待的な人に遭遇するたびに、『やっぱりわたしは苛められる。わたしだから苛められる。他の人なら、受け入れられる。他の人たちは、みんな仲良くやっている。』といった認知をしやすいものです。そのために、他者に警戒心を抱き、心を開きにくく、...

理想化とこき下ろし

 境界型パーソナリティの人は、自分を受け入れてくれそうな人だと感じると、急速に接近しようとします。自分を現状から救ってくれる救世主のような人、理解し愛情で包んでくれる人と、勝手に理想化し、依存してしまうのです。 相手からすれば、よく知りもしない人が、急速にどんどん近づいてくる、それも依存という形で寄ってこられるのは、不可解で、迷惑も感じることでしょう。 自分が期待していたような保護や世話、愛情を相...

強引な人に振り回されないために

「小銭持ってないから、出しといて」「......(わたし、あなたの財布じゃないし。この前のも、返してもらってないし)」「〇〇さ~ん、お茶、持ってきて。〇〇さ~ん、テーブル、拭いといてね。」「......(わたし、あなたの召使いじゃないし。給料もらってるわけじゃないし)」 内心、憤慨しながらも、言いなりに動いてしまい、相手は感謝するどころか、ますます支配的になる。こうした、強引な人、押しが強い人に、押し切られてばか...

ずる賢い人

 ずる賢い人は、往々にして人当たりが良く、親しみやすい印象であることが多いものです。そのため、相手の懐にすんなりと入っていく事ができます。 見え透いたお世辞を躊躇なく口にしたり、おだて上手で、他人をその気にさせるのも得意です。お世辞は、多くの人にとって社交辞令であったり、友好関係を結びたい意志であったりしますが、この人の場合は、相手を利用可能な人材として、取り入るための手段ともいえそうです。 困っ...

ノーを言わないリスク

 ノーを言うのが難しいと、感じる場面も多いのではないでしょうか。相手の期待に応えることによって、自分という存在を受け入れてもらいたい、好感を抱かれたい。自分の居場所を、居心地のいいものにしたい。そういった理由から、ノーが言えない場合は少なくありません。 その結果、望まないことに、時間と体力を費やすことになります。自分の感情を封印し、不本意な承諾をしているのですから、ストレスも溜まります。 そればか...

怒れない人の心理

 誰かの言動に傷ついたとき、瞬時に言い返せないと、後になって、ああ言えばよかった、こう言ってやりたかったと、悶々とすることになります。言われっぱなしになっていた自分の不甲斐なさに苛立ち、相手への怒りは時間とともに静まるどころか、膨れ上がるばかり。とはいえ、その相手はもう傍にはいなくて、どうすることもできません。 もし、即座に返せたならば、傷ついたとしても、その傷は浅いことでしょう。いつも、何も言え...

中身のない人

 中身のない薄っぺらい人は、きれいごとを平気で口にします。たとえば、誰とでも仲良くしましょう。自分を傷つけた人を、許してあげましょう。といった類のことを。たいへん立派ですが、絵に描いた餅のような理想論で、現実的ではありません。この人は、生身の人間関係の深淵を覗いたことがないのだろうか?そうした印象を受けることでしょう。口先だけが達者で、安っぽい理想論を振りかざして、他人を操作しようとしているという...

カルトリーダー

 宗教団体が多用するマインドコントロールは、まず賛美のシャワーから始まります。セミナーや勉強会に誘って、訪れた人を気味が悪いほど褒めたり、親し気に話しかけたり、関心を示します。薄っぺらなお世辞や、社交辞令的な関心なのですが、人は誰でも関心を抱かれたり理解を示されるとうれしいので、親近感を抱く人もいることでしょう。その一方で、相手の現状を否定し、「神とともに歩む正しい生き方」に引きずりこもうとします...

人間関係に疲れる人

 誰に対しても、いつも笑顔で接することを心掛け、相手の話題に相槌を打ち、興味を持って聞いているかのように装い、相手からの心ない仕打ちにも、相手の事情や自分の落ち度を省みて、許し受け入れようと努力する。人間関係に疲れる人は、忍耐と努力が過剰になっています。良好な人間関係は心地いいものですが、自分を偽り、努力して作り出そうとすると、疲れます。 もちろん、相手もこちらの気遣いに気付きますから、初対面のこ...

他人を思い通りに動かしたい人

 さほど親しくもないのに、いきなり頼みごとの電話がかかってくる。あるいは、愚痴や悪口を長々と聞かされる。このような迷惑な人に、心当たりはありませんか? 相手の立場に立つことなど、考えも及ばず、思い立ったら即行動!!とばかりに、それほど親しい間柄ではなくても、遠慮なく、自分の都合次第で夜更けであろうと、連絡を取ろうとしたり、買い物を依頼したり。自分の都合のためだけに、そうした行動を取ることが習慣になっ...

カルトの世界

 全ての創造主たる唯一無二の『神』がいるとする概念は、科学の発達とともに、衰退してきました。かつて、未成熟な社会では、全ての物事の成り立ちと結末を、神の技として一件落着としました。世の中は、様々な不条理に満ちていますから、神の計らいとして受け入れるしかない、人の悲しみも見てとれます。 伝説が、故人を神の座に持ちあげます。後世の人々の理想が、幾重にも書き加わって、いつの間にかバイブルは、荒唐無稽なも...

日常の中のサイコパス

 「ここだけの話だけれど」と、自分が知りえた他人の秘密を口外する人は、複数の人に同様の手口を使っています。自分は信頼されている、選ばれた存在だ、などと思うと、後で、裏切られた心境になることでしょう。「ここだけの話だけれど」と、悪口を言っていたその相手と会うと、親しく接することができることにも驚かされることでしょう。第三者に愚痴らねばならないほどの人物なら、なるべく疎遠にしたいと考える感性の持ち主に...