Sponsored Link

FC2ブログ

破綻する関係

 友人でも恋人でも、破綻していく関係性には、特徴があります。たとえば、ある瞬間に、怖いと感じるような相手とは、その後の関係持続は難しくなるでしょう。その違和感が、ターニングポイントになることも、少なくありません。 相手の言動に傷ついた時、相手との関係性を良くしたくて、あえてそれを訴えると、逆上して、激昂するようなら、相手は、あなたとの関係維持を優先してはいません。愛など微塵もないと告げる行為です。...

人間関係の距離

 人間関係では「一定の距離」が大切です。親しい友人でも、恋人でも、兄弟でも。癒着するほど近くなると、相手を粗末に扱ったり、扱われたりといった問題も生じてきます。 相手から粗末に扱われていると感じた時には、距離を取る方がいいでしょう。その人は、あなたを人として見る感覚が乏しくなっており、自分のことしか考えていません。近くにいれば、あなたを都合よく使い、平気であなたを傷つけ、傷つけていることにも気付か...

無責任と嘘つき

 精神がひ弱な人は、責任を背負って立つ態度とは無縁です。責任感という言葉は、この人の辞書には無いのかもしれません。 口は達者ですが、実行が伴いません。平気で嘘をつく傾向もあります。たとえば「約束」。約束には実行する義務があり、責任が伴うという感覚が、そもそもありません。 強引な誘いに押されて、ついOKと言ってしまった経験は、誰しも心当たりがあるかもしれません。誘った方も、間際にドタキャンされても、無...

押し付けられる人

 協調性の強い人は、諍い、争いごとを好みません。すると、どうしても、不本意ながらも相手に譲って、その場を収めようとします。つまり、周囲に流されやすくなってしまうのです。 同時に、気軽に頼みごとができる人、何でも言うことを聞いてくれる便利な存在と思われがちです。厄介ごとを押し付けるのに都合が良い相手でもあります。 強引な人の身勝手な要求に流されないよう、時には自分の意見を主張することも必要です。...

いい気分で過ごすために

 日々を気分よく過ごしたいなら、人に期待しすぎてはいけません。失望は、いつしか怒りに変わり、相手との関係性まで損なってしまいます。 見返りを期待せず与えなさい、等と言われるけれど、与えすぎもよくありません。お金、時間、相手への奉仕、いずれも、負担にならない程度を越えてはいけません。 重すぎる負担への忍耐の裏打ちには、相手への期待が隠れていることも少なくないのです。何も返らずとも、気にならない程度で...

友達未満

 友人知人が多い人ほど、人格として優れているように見えることもあります。人脈が多い人は、いつも、色々な人たちから支えられているようにも見えます。 いざというときに支えてくれる人が欲しいから、常日頃から多くの人と広く関わっておこうと考える人もいることでしょう。そこで、様々なクラブやサークルに参加して、仲間を増やそうとしたり.....。 ところが、同じ目的のもとに集まったグループは、その目的に貢献すること...

都合のいい友達

 久しぶりに連絡してきたと思ったら、内容は頼みごとばかり。頼みごとがある時にだけ連絡をしてくる友人、心当たりはありませんか。 このような人は、頼みごとの種類によって、連絡する知人を、たくさん持っています。人を利用価値で判断する人です。内心、相手をバカにして見下していても、少々問題のある人物だと思っていても、利用価値として付き合います。 断られると、あっさりと次の人を探すのがこのタイプです。だから、...

愛のない関係

 人には、誰か親しい人がほしい、居場所が欲しいという欲求があります。そうすることで、辛い孤独感を払拭したいのです。 悪い仲間に入ってお金をせびられたり、したくもない行為のパシリに使われたり、それでも、仲間はずれにされるよりは、一人ぼっちになるよりはましだと、我慢してしまう場合も、あるかもしれません。他に居場所がない、他に愛してくれる人がいない、それが、その人を踏みとどまらせています。 そこには、居...

軽く扱われる関係

 友人知人から、軽く扱われている、相手の都合で振り回されていると感じると、誰しも、この関係性を見直す時期に来ているのだろうかと考えることでしょう。相手は、自分に関心を持っていない、対等な関係ではなく、何か上下関係が生じてしまっている、と感じることが多いからです。  そもそも、その人と良い関係を築きたかったからこそ、進んで接近していったはずです。ところが、気づいてみると、あの人ならちょっと頼んだだけ...

自分の都合しか考えない人

 一見、社交的で親しみやすく見えても、他人を巧みに利用する人は、自己中心的です。自分の利益ばかりを考えています。 相手に対して、意図的な悪意があるわけではありません。どこまでも自己中心的で、自分の利益しか考えていないので、悪気もなく無意識のままに、他人を利用してしまうのです。 自分の都合しか考えない人は社交的であることが多く、こちらが自己開示しやすい明るい雰囲気を備えています。ストレートにプライベ...

我慢する関係

 ただ一人の揺るがない親密な対象、そんな関係に早くなりたくて、あれやこれやと尽くしたり、不満や傷つきも、些細なことと我慢してしまう人は多いのではないでしょうか。なのに、一向に進展しない!!彼の口から、プロポーズの言葉が出ない。時には、もしかして、遊ばれてる?そんな不安も、ふと湧きあがってくるかもしれません。 おいしいものを食べてもらいたくて、せっせとお弁当を差し入れしても、おいしいと言わず、固い、柔...

迎合する癖

 周りの人たちを理解し、受け入れようとする協調性は、社会生活を送る上で大切です。ですが、そのために自分の気持ちを抑えすぎると、自分を苦しめることになります。 迎合する人は、温厚で素直な人が多いものです。特に、その相手に気にいられたいという意図を持っているわけではなくとも、争いを好まず、平和を愛する気持ちも強いようです。 他者を不快にしないよう、心配りをするのは当然、といったポリシーを持っていること...

自分の尊厳

 対等な人間関係において、相手からの要求や命令を受け入れ続けると、自分の尊厳という境界線が崩れていきます。心の境界線は目には見えませんが、この人と関わると不快だ、辛いと感じるときには、すでに壊れているものです。 誰かと親密になりたいとき、誰かを好きになった時、ただ相手の支えになりたくて、見返りを期待せずに与え続けてしまうことがあります。だからといって、相手にとって「自由に扱える存在」になってしまっ...

頼む人 頼まれる人

 仕事上の上下関係ではなく、日常の中で、何かと人に用を依頼する人がいます。「なぜ?自分ですればいいのに。」と、頼まれた人が首をかしげる場面もあることでしょう。 本来自分がすべき用事を、他人に振ってばかりいる人は、そうした生き方が癖になっています。パソコンワークはITが得意な人、ポスター制作は絵が上手な人、庭仕事はガーディニングが趣味の人と、やってくれそうな人材を探そうとする考えが、まず浮かぶのです。...

上下関係が生じてしまったら

 全く対等な立場であっても、いつの間にか上下関係が生じてしまっていることがあります。態度が控えめだったり、許容的だったりすると、相手の目に、自信なさげに映ることがあるのです。本当は、気配りしどおしで、疲れているにもかかわらず、そんなことは見えないので、解ってもらえません。 そこで、相手は、自分の方が物事を解っているような勘違いをして、強く出てくることがあるのです。 譲れないところでこちらが強く出る...