Sponsored Link

FC2ブログ

初対面でディープな話をする人

 子供のころ、いじめにあった、虐待された、そうした深い心の傷は、何年経っても、相手が親しい友人やパートナーであっても、なかなか口にはできないものです。誰しも、当時の辛い感情を、追体験したくはないのです。 ところが、中には、ほとんど初対面といっていいほど面識の浅い人に対して、いじめや虐待で辛い子供時代を過ごしたと、尋ねてもいないのに話し出す人がいます。人との距離感が解らない人なのだろうかと戸惑いなが...

狂信-信じすぎる狂気

 信じることも疑うことも、どちらかに偏りすぎてはいけません。何をどの程度信じるか、あるいは疑うか、多方向から光を当てて、熟慮する必要があります。 人は、誰しも、尊敬する人、愛する人を信じたいと思うものです。「あの人なら、いつも正しい行動をする。間違ったことなどしない。」と、著名人に信頼を寄せる人は多いことでしょう。近くに居れば、その人も普通の人間だと知る機会は多々あるのですが、遠くに居れば、偉人と...

不誠実な人

 不誠実な人は、すぐばれるうそを繰り返し、平気で約束を破ります。非常に近視眼的で、長期的視野に立てないためです。 そこで、その時その時点で、自分にとって都合のいい選択をするのです。その場を切り抜けるためのワンパターンな嘘も、繰り返します。初対面の人や、関係性が深くない人は、この嘘を信じて振り回されることが多々あります。 相手に与える損害を全く考えずに、自分のその場その時の利益のみで判断するのです。...

責任感がない人

 責任感のない人は、気分屋でもあります。その日の気分で、言うことがコロコロ変わります。自分の発言や行動、考え方に一貫性がありません。昨日言っていたことと真逆の意見を、今日は言います。周りからは、自分軸のない人と思われ、信頼されません。自分の発言に責任を取らないのですから、無理もありません。 責任感がない人は、自分の言動が相手に与える痛手に、想像力が及ばないのです。どうすれば自分が得をするか、損をし...

責任を感じない人

 一度、言葉に出して何かを約束すると、当然、相手はそれが実行されるものと信じます。ところが、責任感のない人の言葉は、吐き出されて、空中に消えて、それで終わりです。実行しなければならないという意識が、そもそもありません。自分の言動がどういう結果をもたらすかという想像力が、希薄なのです。「あの時は、そう思ったから言ったけれど、今はそう思っていない。」というのが、その人の言い分です。 当然、人間関係は長...

地獄にいる人

 地獄はこの世にあり、それは心の状態です。心の地獄に住む人の特徴は、人を責める思いが強く他罰的です。しかも、客観的に見て、一方的に理不尽な扱いを受けたのだから当然だ、という状況ではありません。非常に、被害妄想的です。「親に進路を妨害されて、自分の人生はダメになった。」という考え方なのです。話を聞いてみると、本人の力不足や甘さから出た当然の結果なのですが、本人は親のせいだと思い込み、親を憎みます。 ...

毒親の正体

 不適切な対応で我が子に臨み、子供の心に深い傷跡を残す親。子供は、成人した後も、親を許せず、恨み続けることも少なくありません。 謝ってくれたら、反省してくれたら、態度を改めてくれたら・・・。子供の頃もらえなかった愛を求めて、年老いた親の元に介護に通う中年期の子供。そんな我が子を、親はまた言葉で叩き・・・。 人は、なかなか反省もできず、生き方も変えられないものかもしれません。 親の性格のベースとなる...

境界性パーソナリティー障害

 境界性パーソナリティー障害の人は、人との適切な距離感が解りません。何かの会でたまたま出会ったばかりの人に、いきなり借金を申し込んだり、毎日夜更けに長電話をするようになります。顔見知り程度、たまにすれ違い、あいさつする程度の知り合いでしかないとしても。 その人の顔立ちや声、立ち居振る舞いの印象から、この人なら、私のすべてを受け入れて、包んでくれると、見初めてしまうのです。一目ぼれで恋に落ちる心境に...

文句たれ

 家族に対して、口を開けば文句ばかり。陰気な考えが多いので、聞かされる人のエネルギーを奪います。黙って聞いていれば、いつしか「感情のゴミ箱」扱い。毒を吐かれ続けます。負のエネルギーは伝染するので、「この人と話していると、ぐわ~っと怒りがわいてくる」と感じることも多いでしょう。 いい加減にして!!とばかりに、プチッっキレると、こちらへの攻撃はしばらく鳴りを潜めますが、替わって、ニュースや政治への批判、...

脱抑制型対人交流障害

 「脱抑制」とは、抑制がきかない状態ということで、愛着を示す行為を抑制できないことを意味します。通常、子どもは知らない大人には、人見知り的な態度を示すものですが、この障害のある子どもは、躊躇しません。初対面の人にも、自分から積極的に近づき、べったりとくっついたり、しがみついて甘えたりします。...

すぐばれる嘘をつく人

 嘘は、信頼を損ないます。なぜ、あの人は、すぐばれる嘘をつくのだろうと、あなたは、相手の不誠実さの理由がわかりません。明日も明後日も付き合っていく人に、なぜ、それほど、不誠実になれるのかと。...

相手の感情に鈍感な人

 相手の感情に鈍感な人は、頭に浮かんだ言葉を、すぐに口にします。当然、相手は傷つくと思えるような事柄でも平気で口にします。小学生のような率直さです。相手の状況や、感情を想像することができないのです。 単純に、よく知らない相手だから、というわけでもありません。いつも傍に居る人でも、長い付き合いの人でも、同じです。他人に関心がないのです。だから知ろうともしません。 他人に関心がなくとも、人には共通の喜...

未熟な親

 脳機能が不完全で、精神障害を抱えている親は、親の役割が果たせません。そもそも、働いて子供を養うという責任感がありません。自らが、パートナーに養われている状態です。だからといって、家事を引き受けるわけではありません。仕事に出ているパートナーの留守中に、乳幼児をケアできるわけでもありません。子供は、放置されます。そもそも、子供と同じように、扶養される位置に居ます。 仕事の能力がないわけではなく、対人...

境界性パーソナリティー

 幼少期に親から見捨てられた経験がないにもかかわらず、見捨てられることへの不安を根底に抱えています。 人に対する依存から、八方美人な振る舞いが目立つ人もいます。その気もないのに、誰彼構わず、異性の気を引き、引き付けようとして、人間関係を混乱させてしまいます。 この人なら自分を受け入れてくれると目星をつけた対象に急接近し、毎日のように長電話することもあります。いきなり相談事を持ちかけたりと、相手から...

境界性パーソナリティー障害のプロフィール

 境界性パーソナリティー障害の人は、他者に対して、決めつけ、思い込みが激しいものです。あいさつ程度の付き合いしかない相手に対して、「あの人は、こういう人だ。」と勝手に決めつけます。一を聞いて百を知った気になるのです。真実は1つだけで、99は憶測や妄想、思い込みにすぎません。「あの人は〇✖△.....な人だから」と、長々と説明するので、相当親しいのかと思っていると、顔見知りにすぎないと知って驚かされます。...