Sponsored Link

FC2ブログ

虐待する親

 動物は、本能で子育てをするけれど、人間は例外のようだ。親になってはいけない人もいる。...

快感と嗜虐趣味

 神戸の小学校で起きた教員同士によるいじめ、傷害事件。証拠の動画を撮影していたのは、加害者たちでした。なぜ、自分たちの罪の証拠をわざわざ残したのか? 一見、愚かしい所業に思えますが、加害者たちは、自分たちの行為で、被害者が苦痛にさいなまれる様を、繰り返し鑑賞しては快楽をむさぼっていたのでしょう。繰り返し、幾度も、被害者の苦悶の様を見て快感に酔いたいがために撮影していたと思われます。 10歳の児童が...

加害依存症

 大人社会にでも、陰湿ないじめ・ハラスメントは珍しくありません。いじめ繰り返される根本的な理由、それは、加害者の脳内で、被害者の苦痛を見るとき、大量に分泌される快楽物質です。食欲の充足よりも強い快楽に満たされるからでしょう。快楽殺人も、そこまで至らないハラスメントも、加害者の脳内で起きている現象は同じです。しかも、精神に加えられる傷は、第三者には解りません。咎められれば、被害者を悪者にして、自分は...

怒られる人

 叱るのは、相手の成長のために、相手がまだ気づいていないことを教える行為です。一方、怒るのは、相手を使って憂さ晴らししているにすぎません。 この憂さ晴らししたい人、快楽中枢を満たしたい人に、目を付けられるのが、怒られやすい人です。おとなしくて従順、リベンジされるリスクが少ない人が選ばれることでしょう。感情の痰壺として、都合よく利用される事になります。  怒る人は、仕事のミスを指摘するふりをして、人...

いじめ依存症

 子猫が虐待されている映像を見ると、多くの人は「ひどい!」と感じ、すぐに救出したい欲求が生じる事でしょう。他者の苦痛を目にしたとき、自分がその立場だったら、という共感の脳内領域が反応するのです。 ところが、他者の苦痛に冷淡な人には、この感情移入は見られません。では、感情全体が冷ややかなのかと言えば、そうとも限りません。別の部位に、反応が現れるのです。扁桃体や腹側線条体、報酬系と呼ばれる部位です。 ...

こき使うのが当たり前の人たち

 人をこき使うのが習い性になっている人は、頼まれた人にはなんの見返りもない、一方的な頼みごとを、場当たり的に繰り返します。相互扶助などと言う考えは、毛頭ありません。いつも支えてもらっているから、相手が困ったときには手を貸そう、などとは露ほども考えません。本来自分がすべき雑用を、人に割り振りすることで、やり過ごそうと考えます。 当然、自分のスキルは育ちませんが、代わってやってくれる人がいるので、不自...

大人のいじめに遭遇した時

 「石田さんは、社内の他の人とは普通に話すけれど、私のことは徹底的に無視する。陰で上司にも無いことをあるかのように報告しているようだ。私の何がいけないのか?こんな態度をやめてもらいたくて、気に入られようと、努めて笑顔で接しているのに!」 ターゲットに選ばれてしまった人は、わが身を点検します。仕事ができないと思われているのか、あるいは、何かの点で、石田さんより秀でていると妬まれてしまったのか、あーでも...

子供の自尊心を傷つける親

 身近な人たちとの関係性は、自尊心に影響します。大切にされている、認められているといった実感がないと、いつしか、自己評価が低下していくのです。 特に、自己感覚がまだ希薄な子供にとって、親からいつも否定されて育つことは、自己肯定感を蝕みます。自分は周囲から受け入れられない人間だという自尊心の低さとともに、傷つけてくる他者への不信感や恐怖感から、他者と距離を置くようになっていきます。 子供の自尊心をつ...

共感できない人

 共感力とは、他人の心情を思いやる想像力の事です。共感力が低い人は、悪気がなくとも、無神経な言動で、周囲の人を傷つけてしまうことが多いものです。他人と、喜びや悲しみを分かち合うことができません。 共感力がないということは、他人に興味がないということです。傍らにいる人が、気がかりや心配事を繰り返し口にしていても、耳障りなだけで関心が持てません。また、一緒に何らかの仕事をしている時も、自分の仕事が大変...

.ハラスメントに気づくために

 ハラスメントは、当事者が、そうと気づいていない場合もあります。近くに居るがために麻痺してしまっていることがあるのです。まさか、自分がハラスメントを受けているなどと、考えたくないことでしょう。また、相手が権威のある人だと、身勝手なその言動を正当化して受け止めてしまうこともあります。 相手が、どんな権威を持っていても、自分が感じた違和感、不快感を見逃さないことが大切です。病気の折に、その人が見舞いに...

新入社員へのハラスメント

 まだ充分に仕事を把握していない新入社員は、上司、先輩から、攻撃の対象になりやすいものです。毅然として反撃できる実績を持ち合わせない新人には、些細なこと、どうでもいいようなことでも、難癖のつけ放題です。 「まだ入社2日目なのに、いったい私の何がいけなくて?」と、当事者は、攻撃される理由も思い当たりません。 こうした場合、弱い者いじめの風潮が、あなたが入社する以前から、すでに蔓延していることが多いも...

支配者タイプの特徴

 このタイプの人は、自分は絶対であり、他者は至らない存在であるから、当然優位に立ち、相手を自由に支配できると感じています。相手は劣った存在であるからと、人としての自然な姿を否定し、相手に罪悪感を与えて、世話を焼き、指図するという形で関わろうとします。フィフティ&フィフティの関係を望みません。人の上に立つことが望みです。経営者、政治家、宗教の指導者といった職業に就くことも多いものです。 常に、自分が...

他者コントロール欲求

 有能な自己を印象づけるために、他者や出来事をコントロールしたいという欲求を持つ人がいます。具体的には、人の世話をする、教育する、いじめる、といったことです。 世話をする、指導するといった事柄は、一見、良いことに見られますが、そうした関わりを好む内心には、自己不全感や有能欲求があります。 他者を意のままに支配したいという欲求は、いじめにもつながります。教育してコントロールしたいという欲求と、いじめ...

あなたを利用する人

 あなたを利用する人は、あなたの人柄に好意を持ってくれている訳ではなく、あなたの持っている技術、知識、労働力を必要としているのです。ですから、必要がなくなると、見向きもしません。 そのような人たちの第一印象は、人当たりがよく、気が利いていたり、愛想が良かったり、他の人たちに比べて、馴染みやすいのが特徴です。誰とでも、すぐに仲良くなれそうな人です。 ですが、こういう人たちの笑顔は「商業スマイル」です...

怒られやすい人

 怒られやすい人は、悩みます。怒られない人に比べて、仕事ができないわけじゃないのに、なぜ....?と。そして、その理由にも、薄々気づいています。気が弱くて、NOと言えない自分の性格が悪いのだと。そして、その推理は当たっています。  怒るという行為は、仕事の遂行のために、相手の間違いを改めてもらうのが目的ではありません。自分のうっぷんを晴らすために、耐え忍んでくれる相手を選んで、攻撃する行為です。ドアマッ...