Sponsored Link

寄生型サイコパス

 その人は、自分の必要を満たすために他人を使おうとします。でも、すべての人が意のままになるわけではありませんから、何らかの理由で従順な人を、自分の傍に置こうとするものです。内心、劣った存在として軽蔑していても、自分の役に立ってもらうために利用する道具なのです。 サイコパスは、他者に依存して生きようとします。他者は彼らに仕えるためだけに存在している、と彼らの辞書には書いてあるかのようです。 彼らは、...

愛する能力の欠如

 どれほど心の冷たい人も、他人に親切に振る舞うものです。他者の目に映る自分の姿を、人一倍気にかける、自らの内側に自発的な愛情がない人に限って、こうした傾向があるようです。 愛する能力の欠如は、ある程度親しくならなければ解らないものかもしれません。知る方法があるとしたら、相手の芝居じみた言動に対する、本能的な違和感と言えるでしょうか。直観が発するハザードランプですが、すべての人が感じ取れるとは限りま...

他人を思い通りに動かしたい人

 さほど親しくもないのに、いきなり頼みごとの電話がかかってくる。あるいは、愚痴や悪口を長々と聞かされる。このような迷惑な人に、心当たりはありませんか? 相手の立場に立つことなど、考えも及ばず、思い立ったら即行動!!とばかりに、それほど親しい間柄ではなくても、遠慮なく、自分の都合次第で夜更けであろうと、連絡を取ろうとしたり、買い物を依頼したり。自分の都合のためだけに、そうした行動を取ることが習慣になっ...

日常の中のサイコパス

 「ここだけの話だけれど」と、自分が知りえた他人の秘密を口外する人は、複数の人に同様の手口を使っています。自分は信頼されている、選ばれた存在だ、などと思うと、後で、裏切られた心境になることでしょう。「ここだけの話だけれど」と、悪口を言っていたその相手と会うと、親しく接することができることにも驚かされることでしょう。第三者に愚痴らねばならないほどの人物なら、なるべく疎遠にしたいと考える感性の持ち主に...

精神病質-サイコパス

 サイコパスの脳は、他者の感情に共感する部位が、発達していません。他者の感情に鈍感であるからこそ、他者を傷つける発言や行為を、無頓着に繰り返してしまうのでしょう。 感情の起伏が少ないので、退屈を感じやすいという特徴があります。それ故に、より強い刺激を求めて、前後の見境なく、衝動に屈してしまう傾向が顕著です。なぜ、後で問題になり、不利益を被るようなことを、やってしまうのか。抑制の取れた人には理解しが...