Sponsored Link

FC2ブログ

成功するサイコパス

 サイコパスの特徴である不安感情の乏しさは、大胆な行動力を生み、それは成功する条件とも言えます。実際、ビジネスで成功を治めた人の中には、サイコパス的人格の持ち主が少なくないと言われています。 犯罪者となって破滅していくサイコパスと、成功を治めるサイコパス。その違いはどこにあるのでしょうか。それは、長期的視点を持てる冷静さの有無だと言われています。 サイコパスパーソナリティーの人の多くは、非常に近視...

身近なサイコパス

 面識の浅い人と接する場合、私たちは自分の良識を基準にします。ところが、身近にもいるサイコパス的パーソナリティの人には、通じません。考え方も、行動も振る舞いも真逆なのです。 公の場でも物おじせず、初対面の人にもやけにフレンドリーな人は、サイコパス的パーソナリティの可能性があるかもしれません。不安や恐怖心、動揺といった感情が喚起されにくいのです。ですから、恐れを知らず、大胆な行動をとります。 また、...

反社会性パーソナリティ

 声が大きく、明るく、初対面の人にも躊躇なく話しかける。遠目には、魅力的な人に見えます。堂々としていて、カリスマ性を感じる場合もあるでしょう。 このパーソナリティの人は、感情が薄く、恐怖や不安も感じにくいので、大胆さが目立つのです。ですが、関わっているうちに、相手の言動に常識を逸した感を、覚えることでしょう。親しく関わった相手に、深い傷を残していきます。 関わる人は、この人に他者への共感が乏しく、...

サイコパスを見極める

 サイコパスは、自分の目的達成のために、利用できる人を常に探しています。そのため、表面上は非常に人当たりがよく、雄弁です。付き合いの浅い人たちは、その表面的な魅力にだまされてしまいます。見栄えのいい第一印象を与えることに長けているのです。 付き合いが長くなると、サイコパスの行動パターンには一貫性があることに気付きます。彼、彼女が、身近にいる他の人たちをどう扱っているかを目にする機会が多くなるからで...

邪視 ぞっとするような目つき

 一見、人当たりのいい人、普通に温厚そうな人、その人が、一瞬見せた視線に鳥肌が立ち、いついつまでも焼き付いて離れない。あの目つきの意味は、何だったのだろう....。 目は心の窓。悪意は、垣間見せる目つきに現れます。その一瞬の目つきに、何やら常軌を逸したものを感じたならば、その人が精神病質である可能性があります。あるいは、あなたに対する破壊願望、秘めたる攻撃性の露見と言えるでしょう。 その人が、「わたし...

サイコパスのプロフィール

 前頭葉は、人間の最も人間らしい脳ですが、この部位が不活発であるために、サイコパスは社会の中で調和して生きる資質が欠けています。彼らは利己的で、他人を支配したがります。良心は、他者に感情移入することから生まれますが、サイコパスには他者の心情を察する感性がありません。相手の身になって考えることができないのです。従って、感情移入や共感に基づく、暖かい人間関係を築けません。関心は、いつも自分に向いていま...

サイコパス・パーソナリティ

 その人の第一印象は、明るくて人当たりが良くて、周囲の人たちから際立っていたことでしょう。初対面の人にもさりげなくティッシュペーパーを差し出したり、お茶を配ったり。気の利いた人に見えたはずです。 温厚で慎重な人は、見ず知らずの大勢が集まる会場で、こうしたパフォーマンスはしません。付き合いが長くなると、その人の優しい気質が解ってくるといった次第です。 派手な気遣いを見せる人は、無意識のうちに、他者の...

サイコパスからのサバイバル

 その人が誰かを蔑む、信頼を裏切る、利用した後で手のひら返しの冷たい態度をとる、といった行動を見せたら、あなたはどう思うでしょうか。「✖✖さんにも問題ありだから仕方ない。わたしは、こんな扱いを受けることはない。」と思って、被害者の問題にするでしょうか。 その人が誰かに心無い扱いをしたならば、遅かれ早かれ、あなたも同じ扱いを受けるでしょう。その人と、特別な関係だからと言って、被害を免れられるわけではあ...

良心の生まれる場所

 明るくて人当たりがよく、初対面で魅力的な人柄。ですが、付き合いが長くなると、まるで演技のように、気遣う言葉は借り物で、自身の感情が添っていないこと、そして、そのあまりに利己的な本質に気付く.....。 反社会的パーソナリティー障害、あるいはサイコパスと呼ばれる人たちは、人間の最も人間らしい部位、脳の前頭前野皮質の活動が不活発です。自分自身のことばかりでなく、他者も視野にれ、感情移入できるのは、この前...

誰でもよかった

 一見人当たりがよく、他者を引き付ける魅力にたけているのが外交的なサイコパスの特徴ですが、内向的なサイコパスは、その共感能力の乏しさから、人と打ち解けることができず、孤立しやすいものです。そのため、うまく人と関わることで得られるメリットを受け取れずに終わる場面も少なくありません。 ソーシャルスキルの不足は、社会人になると、仕事にも影響をきたします。うまく生きられなかった鬱憤、うまくやっている周囲の...

サイコパスの人間関係

 精神病質者は、家庭や職場と言った社会の中で生きていても、単独で生きています。他者と連帯して生きるための共感、慈愛、道徳心と言ったものが欠落しています。ですから、情緒的に他者とつながることができません。それが求められていることを知っているので、共感や同情の言葉を口にしたり、仰々しく親切に振る舞うことはあります。ですが、感性から発していないので、敏感な人は違和感を感じることでしょう。 認知と感情を繋...

寄生型サイコパス

 その人は、自分の必要を満たすために他人を使おうとします。でも、すべての人が意のままになるわけではありませんから、何らかの理由で従順な人を、自分の傍に置こうとするものです。内心、劣った存在として軽蔑していても、自分の役に立ってもらうために利用する道具なのです。 サイコパスは、他者に依存して生きようとします。他者は彼らに仕えるためだけに存在している、と彼らの辞書には書いてあるかのようです。 彼らは、...

愛する能力の欠如

 どれほど心の冷たい人も、他人に親切に振る舞うものです。他者の目に映る自分の姿を、人一倍気にかける、自らの内側に自発的な愛情がない人に限って、こうした傾向があるようです。 愛する能力の欠如は、ある程度親しくならなければ解らないものかもしれません。知る方法があるとしたら、相手の芝居じみた言動に対する、本能的な違和感と言えるでしょうか。直観が発するハザードランプですが、すべての人が感じ取れるとは限りま...

他人を思い通りに動かしたい人

 さほど親しくもないのに、いきなり頼みごとの電話がかかってくる。あるいは、愚痴や悪口を長々と聞かされる。このような迷惑な人に、心当たりはありませんか? 相手の立場に立つことなど、考えも及ばず、思い立ったら即行動!!とばかりに、それほど親しい間柄ではなくても、遠慮なく、自分の都合次第で夜更けであろうと、連絡を取ろうとしたり、買い物を依頼したり。自分の都合のためだけに、そうした行動を取ることが習慣になっ...

日常の中のサイコパス

 「ここだけの話だけれど」と、自分が知りえた他人の秘密を口外する人は、複数の人に同様の手口を使っています。自分は信頼されている、選ばれた存在だ、などと思うと、後で、裏切られた心境になることでしょう。「ここだけの話だけれど」と、悪口を言っていたその相手と会うと、親しく接することができることにも驚かされることでしょう。第三者に愚痴らねばならないほどの人物なら、なるべく疎遠にしたいと考える感性の持ち主に...