Sponsored Link

FC2ブログ

しつこい人

 しつこい人は、執着心が強いものです。ひとつの関心事に、物凄く執着します。それをどうにかしないかぎり、他のことなどどうでもいいといった態度で、執着の対象に臨みます。 独占欲も強く、物に執着します。諦めが悪く、手に入れるまで怯みません。自分に権利があると決め込んだものは、執拗に執拗に奪い取ろうとします。 「話せばわかる」この人には通じません。何度、交渉の場を持ったところで、執拗な嫌がらせはエンドレス...

卑しい人

 卑しい人は、人のものを欲しがります。小さなものから大きなものまで、狙ったものは執拗に追いかけ、奪う人、略奪する人です。諦めを知らないタフな精神の持ち主でもあります。尋常ではない態度、信じがたいような攻撃が目立ちます。 自己中心的ですから、相手の主張など聞く耳を持ちません。ともかく、欲しいものは力づくでカタを付けようとします。金銭や価値のあるものに対して、執着心が強く、貪欲です。 都合が悪くなると...

自慢話

 聞かれてもいないのに自慢話を始め、その延々と続く演説に、周囲がうんざりしていることにも気づかない。そもそも、自分から自慢話を始める時点で、その自慢に値しない人物だと物語っています。 人のプライドは、培ってきた自分への信頼に基づいています。ところが、自慢屋のプライドには実績がありません。無いものを認めさせたい時、嘘や自慢話が必要なのです。 その信ぴょう性のなさは、周囲もうすうす気づいています。知ら...

信頼できない人

 学生時代からの付き合いだと言って、あなたの前で仲良く話していた二人の友人たち。そのうちの一人が帰ると、残った友人が、途端に相手の悪口や、第三者に知られては困るようなプライベートを、聞かれもしないのにバラしたら・・・。あなたは、びっくりしてしまうことでしょう。そうしたことが、二度三度あれば、この人には、拡散されては困るような内容は話せないと、用心するようになります。 また、学生時代からの仲良しとい...

あなたの隣の偽善者

 周りの人から親切にされたら、ありがたく思い、その人に対して好感を抱くことでしょう。ところが、その人が周囲に「あの人にあんなこともこんなこともしてあげた」と力説しているのを耳にすると、売名行為のために利用された感がして、感謝も半減してしまいます。 周囲へのアピールは、それを聞く人も不快にします。聞かされる人は、賞賛しますが、させられているので内心辟易としてしまうのです。 偽善者は、演説の名人です。...

指図したがる人

 自己中心的な人は、やたらと人に指図したがります。面倒なことは人にやらせて、目立つこと、見栄えのいいことだけ、自分がやりたがります。自分のために、他人がいると考えています。 一見、リーダーシップがあるように見えますが、周りの役に立つために、自分がいるとは考えません。自分ができないこと、やりたくないことを人にやらせようとするのです。そのため、自分の思い通りに人を動かそうとし、相手の迷惑を考えません。...

演技性パーソナリティ障害

 他者からの注目や関心に、過剰に関心を置くパーソナリティです。目立ちたい、注目されたい、そのためのスキルも発達し、口先だけで生きていけると思っている節もあります。とはいえ、うまくいかない場合も多々あり、信頼をなくしてしまうこともありますが、そうした生き方をやめられません。 社交的で華やかな印象を振りまく人が多いのですが、内面は脆い部分があり、鬱や不安障害に陥ることもあります。また、演技性の人は、依...

人間関係の捕食者

 「あなたは高価で貴い。誰も言ってはくれないだろうが...」宗教団体の勧誘の場面では、こうした言葉がふんだんに使われます。愛のシャワーと呼ばれるものです。 通常なら、違和感や不快感を感じることでしょう。人は誰しも、自分自身をかけがえのない存在だと思っています。誰かに、そう言ってもらう必要など感じません。このような言葉に感涙するのは、よほど自尊心が消耗している状態なのかもしれません。 そうした脆弱な人...

不成熟な自己愛

 「自分を愛せない人は他者も愛せない」とは、よく言われる言葉ですが、自己愛性パーソナリティーの自己愛は、さながら幼児のようです。 他人を見たら道具と思えと、その人の辞書には書いてあるかのように、自分の都合で人を利用しようとします。引き受けてくれる人を小ばかにし、感謝の念がありません。断られると、相手を裁いてばかりです。意見されると、途端に自分は被害者になってしまいます。指摘された非を反省する事はあ...

共感力のない人

 共感とは、相手の気持ちを想像し、相手の状況を理解する能力です。このような能力を持たない人もいます。 相手の立場を想像し、配慮しようとすることで、相手との情緒的なつながりが生まれます。共感力のない人は、傍にいる人がどういう人生を、現実を生きている人か、知ろうとしません。他者の心情に無関心なのは、他者の情緒の動きを察知する感性の乏しさから生じているものかもしれません。感情を理解する能力が乏しく、した...

図々しい人は何を考えているのか

 イベントの接待係が足りないので参加してほしいと言われ、風邪気味だからと断ると、「そう、これそうもない?じゃあ、今から迎えに行く!!」唖然とする返答が返ってきました。 人手不足で、どうしても、他に人手が調達できなかったのでしょう。図々しい人は、いつも、自分の都合しか見ていません。どうしても、この人を人手として確保したいの一念ばかりで、相手の都合など眼中にありません。どうせ、やりたくないので仮病を使っ...

人を粗末に扱う人

 「他人の役に立たないと人として価値が無い。人の役に立ちなさい。」などという人はいませんか? そういう人は、いつも他人の役に立つことを心がけているでしょうか? 自分が得をしない相手とは、付き合わない主義の人が多いのではないでしょうか。 その都度その都度、自分の都合次第で、利用できる相手をチョイスして付き合う、こうした傾向の人は、他者との交流それ自体を楽しめません。利用価値の無い対象は、人として価値が...

病的虚言癖

 「忘年会の場所、ハンバーグ店の予定だったけど、あなたがピザが食べたいと言ってたからナポリピザの店に急遽替えたから。」出社早々、幹事のKさんから言われ、「(え?私、ピザが食べたいなんて一言も言ってないけど、ま、ピザも好きだから)そうですか」と応えたあなた。実は、ナポリピザの店は、Kさんの重要な顧客だと後で知ることになり、「それでか・・・」と納得しますが、自分の利益のためなのに、人のせいにするなんて、ず...

演技性パーソナリティ障害のプロフィール

 演技性パーソナリティ障害の人は、かなり衝動的で、ふとした思い付きを即座に実行に移してしまいます。周囲が、巻き込まれ、奔走させられることも多々あります。 また、他人からの影響を受けやすく、すぐに模倣する傾向も顕著です。深く物事を考えようとはしません。意識は常に表層的です。したがって、話す内容は、深みのない薄いもの、また、人の上に立ち目立ちたい人ですから、マウンティング的発言も目立ちます。たまに、深...

自己愛パーソナリティとメサイアコンプレックス

 「自己犠牲は素晴らしい」などと言って、困っている人を助けようとするものの、それがどこか偽善的で、一見いいことをしているにもかかわらず、違和感を抱いてしまう「メサイアコンプレックス」。 多くの人は、身近な人が困っているとき、自然と手をさしのべます。ところが、自己愛の強い人の動機は、必ずしも同情や共感ではありません。人を助ける行為そのものが、スポットライトを浴びる行為だと認識しているかのようです。 ...