Sponsored Link

恋のプロセス

 恋愛が恋から安定して穏やかな愛情へと変化していくために、通る道筋があります。まず、最初はロマンスのプロセス。 初対面の、名前も知らないその人に、胸がときめくとき、私たちは自分好みの相手のルックスや雰囲気といった視覚、聴覚、嗅覚などから入ってくる情報に、自分の中の理想とする恋人像のイリュージョンを重ねてしまいます。こんな人に出会いたいと思っていた、まさにその人が、目の前にいる人、たった一人の理想の...

自己実現している人とは?

 「衣食足りて礼節を知る」ということわざがありますが、基本的欲求を満たすと、人は自己実現を目指すといわれます。 マズロー(1987)は、自己実現を果たした多くの歴史上の人物には、共通の特性があることを指摘しています。 そのひとつに、自分も人も、あるがままに受け入れることができることがあげられています。 あなたの常識は私の非常識。生まれ育った環境や、今身を置いている境遇が違えば、当然価値感や、理念は異な...

なぜ若者が「宗教」を求めるのか

 オウム真理教事件を初めとして、宗教団体が社会の注目を集めるとき、それは途方もなく非現実的な反社会的事件が表面化したときです。人々は彼らの言い分に共感できず、理解さえもできず、なぜ成績優秀だった彼らが、そうした思想に囚われてしまったのかと、首を傾げます。 翻って考えれば、地に足の着いた現実感を持たない若い頃ほど、宗教的信念に染まりやすいといえるでしょう。子供の頃は、いやな現実から目を背け、アニメや...

自己愛的利他心

 他者に親切であることは、もちろん、周囲からの良い評価の対象です。子供の頃、友達には寛容でありなさいとか、優しくしなさいと教えられた記憶は、多くの人にあることでしょう。 その教えが効を発揮しすぎたのか、「人の役に立つ人間でなければ価値がない」と強迫的な考え方をする人もいます。自分の価値を誇るための善意は、当然のことながら、相手には喜ばれません。こうした場合には、「自分で考えた相手のため」を相手に押...

相手を変えようとしないこと

 憧れていたその人と、いざ、付き合い始めると、「思っていたような人とは違う。」という印象を持つことも多いでしょう。恋のイリュージョンは現実によって壊されます。 自分の理想に合わないばかりでなく、自分の常識が通用しない場面に戸惑うこともあるかもしれません。 すると、相手の精神年齢が幼く見えてくることもあります。自分の目には逸脱と映るその部分を、注意し、マイルールに従わせたいという欲求に駆られます。つ...

防衛機制-投影

 投影は未熟な防衛機制です。それは、自分自身の受け入れがたい欲望や感情を否認するところから始まります。 たとえば、人を憎むのはいけないことだというビリーブがあると、自分自身がある人を憎んでいるという感情を受け入れられません。すると、その相手が自分を嫌っているように思えてきます。 また、異性に対して欲望を持ってはいけないという極端な道徳観を持っていると、その異性が自分に対して、誘惑しているという思い...

傲慢と自信

 自慢の多い人は、自信があるようには見えません。むしろ、そうまでして自分をひけらかしたいのかと、聞いている相手は引いてしまいます。高慢な人という印象を与えてしまいます。 こうした人はまた、心から他者のよい所を認めることができません。お世辞は言っても、心から他人をほめる事ができません。むしろ、あら捜しをしたり、それをジョークにして、笑いを取ったりします。後味の悪い、貧しい笑いです。...

複雑性PTSD

 心的外傷後ストレス障害は、生命を脅かすような事件、事故の結果起きると定義されています。PTSDの診断基準には、災害、戦闘体験、犯罪被害など、強い恐怖感を伴う体験があることが、必要条件となっています。  一方、自尊心を傷つけるような出来事の蓄積の結果として起こるPTSDは複雑性PTSDと呼ばれます 心的外傷ストレスの症候は、1つの重大な出来事ではなく小さな出来事の蓄積からも発生するのです。 機能不全家庭にお...

いい人シンドローム

 奉仕や幾ばくかの自己犠牲の精神は、社会では賞賛されることが多いものです。元来世話好きな人、いい人と見られたい人、あるいは献身するのがよいことだといった強迫的な価値観を持った人は、周囲に対して親切に振舞うことが多いかもしれません。 ですが、自分のことはさておき、まず人のこと、というのはかならずしもよい結果を生みません。まず、自分を犠牲にしているとしたら、自分をたいせつにしていません。そうまでして、...

ボーダーパーソナリティの外見と中核

 ボーダーパーソナリティの人は、一見礼儀正しく、いわゆる「いい人」が多いようです。そのため、親しくなって巻き込まれ、後になってやっと相手の問題点に気付く事も少なくないかもしれません。 一見、何かと人の面倒を見る親切な人という印象を受けることも多いでしょう。いつも、何か問題を抱えて困っている人を探し出しては、献身的にその人の面倒を見て、そこに自分の存在価値を見出そうとしているかのようです。 ひたすら...