Sponsored Link

恋に依存する脳

 恐怖や不安に満ちた状況から逃げ出すことができない、かといって、奮闘して状況を心地よいものに変えることもできない、こうしたストレスに満ちた状態が長く続くと、脳内にはノルアドレナリンが増えてきます。ノルアドレナリンは、不安や恐怖と深い関連のある神経伝達物質です。敵と遭遇したときに、逃走や闘争に必要な交感神経を刺激する脳内ホルモンなのです。 長期間回避不能なストレスかに置かれると、ノルアドレナリン...

無力感と恋愛依存

 何か困難に遭遇したとき、自分にそれを処理する能力がないと思われるとき、人は無力感に陥ります。サポートしてくれる存在を求めます。そして、その存在に出会えないと、この困難から生涯救われそうもないといった悲壮感を覚えます。そのままでは辛いので、自分の力の及ばないことはそのままに、人生の明るい面に目を向けようと、自分の心をコントロールします。  これは受容というよりは、諦めの心境です。目を逸らしているだ...

借金と依存

 好きな買い物がやめられない「買い物依存症」。当然資金が底を付いてきます。なんであれ依存症は底尽き体験、離脱症状を越えないと克服できません。 恋愛依存症の場合は、相手が去ってしまうことです。追いかけて振り払われ、ますます惨めになり、払拭するために別な相手を探そうとしても報われず、そうこうするうちに恋愛感情が冷め、やっと当時の自分を振り返り、馬鹿なまねをしたものだと気付くのです。 買い物依存症の場合...

適応・不適応

 わたしたちは社会の中で生活していますから、自分の意見が周囲と異なり、周囲から受け入れられなかったり、非常識だと指を指されたりすることがあると、しかも、その相手が年長であったり、発言力のある人であると、自分はもしかして社会に適応できないのではないかと、不安を覚えることもあるでしょう。 すると、これは大変だという意識が生まれます。所属する社会に適応できない、浮いてしまうとなると、その一員としては、何...