FC2ブログ
2009年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2009.06.27 (Sat)

防衛機制

Sponsored Link


 不安や恐れが黒雲のように心に忍び込んでくるとき、人はその恐れに凍り付いて身動きが取れなくなるのではないかと、恐怖を恐怖します。そこで、防衛機制を駆使して、自らの心を守ろうとします。この防衛機制には、稚拙なものから、より洗練されたものまで、様々な形態があります。代表的なものは下記のようなものです。

抑圧  リプレッション
 心に忍び込んでくる不安から目を逸らし、自覚することを避けます。最も基本的な防衛機制です。
否認も同様に、自らの心の中にある受け入れがたい自己を拒絶する装置です。たとえば、犯してしまった失敗、他者に与えてしまった損害、等を記憶の中から閉め出し、忘却の彼方に消し去ります。

 

スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心 - ジャンル : 心と身体

13:51  |  脳と精神  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.26 (Fri)

罪悪感と攻撃

Sponsored Link


 恋人やパートナーの態度に傷ついた時、相手との関係性を損ないたくないと思うあまり、我慢して耐え続けてしまうことがあります。たとえば、他の異性と親しげにされると、自分がたいせつにされている思えなくなるけれど、関係が悪化しそうで傷ついているといえないなど。ですが、我慢はいつか限度枠に達してしまいます。
 そこで、よりよい関係を築き維持していくには、自分の心の痛みも理解してもらおうと、勇気を出して切り出すことになります。相手の心と向かい合おうとするのです。
 ところが期待していた謝罪が得られるとは限りません。逆切れして連続花火のように激昂し、収めようとしてこちらから謝罪のことばを口にしても、相手の怒りは収まらず、収拾がつかなくなり、事もあろうに、他の異性のもとに去っていってしまったなどということも起きてしまいます。
 傷ついているといったばかりに、さらに攻撃され、最悪の事態に陥ってしまったのです。まさか、これほど攻撃されるとは、夢にも思わなかった事態です。
「悪かったね、気付かなくて。」
そういってもらえると期待していたのですから。
 それにしても、何故そこまで逆切れされたのか、想像も付きません。理解できるのは、自分は愛されてはいなかった、役に立つ存在として便利に利用されていたにすぎないという思いぐらいのものです。かくて、ますます関係性は壊れます。

テーマ : 不安定な心 - ジャンル : 心と身体

11:16  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.22 (Mon)

失恋を癒すことば-(1)

Sponsored Link


誰しも永遠にこの世に居られるわけじゃない。

全ての現実はいつか夢のように去っていく。

他の人と寄り添うあなたは、わたしと過ごした日を忘れてしまうでしょう。

そして、わたしもいつか、あなたと過ごした日を忘れるかもしれない。

それでもわたしたちが出会って過ごした時間が消え去るわけじゃない。

確かに胸を焦がした日々は存在したのだ。

時が怒涛のように押し流しても。

テーマ : 恋愛依存症? - ジャンル : 心と身体

22:22  |  失恋の処方箋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電