FC2ブログ
2009年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.09.29 (Tue)

偽善のプロフィール

Sponsored Link


 心細いとき、傷心しているとき、人は人を求めます。共感や励ましによって、失った力を取り戻したいと願うのです。ちょっとした親切に、感涙してしまうこともあるでしょう。
 困ったとき、手を差し伸べてくれる人はありがたいものです。それが異性なら、恋に落ちてしまうかもしれません。
 ですが、節度のない善意の押しつけは、それ自体がトラブルと化してしまう可能性があります。その人の親切には、はたして共感があるでしょうか。
 困っている人は、ただそれだけで、そばにいる人を優れた人に見せてしまう引き立て役になりがちです。自分 をよく見せたい人を引き付けてしまう可能性があるのです。
 誰しも人に親切にしたら、感謝という報酬を期待します。とはいえ、その報酬のために、困った人を探して奔走するようなことはありません。その人の周りに困っている人が多い、問題のある人とばかりかかわりたがるとしたら、要注意です。
 共感の乏しさは、気配で感じられます。力を貸してはくれても、その力が足りなくて、どれほど困っていたかという会話には、無関心です。共鳴を求めても、ブロックされる感じです。目に見える不足を補って、それで完了です。心は付いてきません。
 「お金に困っている人がいるから」といって、Aさんは夜更けに、友人や恋人と過ごすひとときを切り上げてまで、駆けつけます。
 よほど、その人のことが心配なのだろうと思い、気になって、「あの人、どうしてますか?」と、尋ねると、「今頃、借金取りに追われて逃げまくっているだろうね、ははは。」
愕然となるような答えです。心配じゃないの?それなら、どうして取るものもとりあえず駆けつけたりしたの?
スポンサーサイト

テーマ : 辛いなりに楽しく生きるぞ! - ジャンル : 心と身体

07:57  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.22 (Tue)

批判屋のプロフィール

Sponsored Link


 立場や価値観の異なるすべての人から、共感を得ることは困難です。注目を浴びる頻度が高ければ高いほど、誰しも批判を免れえません。
 批判に耳を貸し、冷静に受け入れて考慮するのが大人の取るべき態度だと、子供のころ教えられたかもしれません。ですが、それは、善意や好意に基づいた建設的な意見に限られます。嫉妬に駆られた揚げ足取りやライバルつぶしの批判は、第三者の立場であってさえ、不快な思いをするものです。ましてや、批判屋が至近距離にいる場合、知らないうちに自尊心に無数の傷を負ってしまっている、ということになりかねません。
 
 口を開けば人を批判する人は、それが習慣となっています。勤めたこともない職場を、内情を知り尽くしているかのような口ぶりで語り、よく知りもしない人を、時には会ってさえいない人を、その人柄を知り尽くしているかのように第三者に語ります。そして、手厳しい持論の評価を下すのですが、当然のことながら、的外れです。実情を知らないのですから。
 自覚している、いないにかかわらず、批判することで相手の価値を切り下げ、自分を高く持ち上げているといえます。ですが、話し相手が,それを真に受けてくれる人ばかりとはかぎりません。自らの劣等感の深さを見透かされるリスクを負いながらも、しかし批判屋は批判屋であり続けようとします。

テーマ : AC(アダルトチルドレン) - ジャンル : 心と身体

08:22  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.20 (Sun)

宣伝する人

Sponsored Link


 Aさんのためにこんなことを、Bさんのためにはあんなことをしてあげた、そしてそれがどれほど大変だったかを、声高に宣伝する人がいます。聞かされる方は、内心うんざりしています。「なかなかできることじゃないですね。C子さんはほんととによく気のきく人だから...」といった、称賛の言葉を用意しなければならないのですから。
 称賛の言葉が返らない場合は、「わたしは誤解されやすいタイプだから....」と嘆き、今度は慰めの言葉を求めます。
 自己賛美の好きな人は、まるでワンセットのように他者批判を好みます。「人間というのは本当に罪深いもので」などという表現を好みますが、自分が罪の意識を持つことは断固として拒絶し、常に相手が罪に値するというのが自説です。
08:47  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.19 (Sat)

非定型うつ病

Sponsored Link


 非定型うつ病には、気分の浮き沈みがあります。何か楽しいこと、好ましいことがあると、気分がよくなり、これからもがんばろうと前向きになります。出来事によって気分が左右されるのです。
 そのために、良い気分になれる事柄を無意識に探したりします。おいしい食べ物を食べる、買い物をするなど、何らかの気分の高揚する対象への依存が生じやすいといえます。
   ですが、根底に過去の出来事やかかわった人への怒り、失望等、負の感情が横たわっていますので、高揚感は長続きはしません。過去の出来事から生じた自尊心の低下や、暗い未来予測、そこから滲みだすイライラ感をコントロールしようとして、良いこと探しをしていますので、ちょっとしたうまくいかないことにも、突然強い怒りが爆発したりします。こうした時には、一度堰を切ってあふれ出した怒りは、なかなか収まりません

テーマ : 不安定な心 - ジャンル : 心と身体

08:24  |  抑うつ・不安障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.15 (Tue)

失恋というもの

Sponsored Link


 あの頃は若くて、その人の存在だけが、ただただ好きでした。傍にいることだけが、この世に生きる幸せのすべてでした。
 ですが、その人には多くの異性の影があり、それだけに必死に傍に行こうとしている私を、その人は、他の女性と一緒に、ヒソヒソ話をしながら振り向いて笑い、
「押しのけても押しのけても寄ってくる」
その唇に浮かぶ薄笑いが、私の心臓を一撃しました。
 助手席は彼女のために空けておくといわれ、幸せそうなふたりの姿を目の当たりに見るのが辛く、二人と顔を合わせるすべての場所から身を引いた後、生きている意味も見出せず、毎日泣き続け、身も心もボロボロになりながら、ただただ、必死に仕事をしながら時をやり過ごしました。
 あれから6年の時が過ぎ、彼だけが魅力的なただひとりの異性ではないと知り、もう、今では彼を愛してすらいないのだと思うこの時も、あの辛さ、悲しみ、絶望感は、多くの記憶を飲み込んだ忘却の海から浮上して、未だに私を捉えています。

テーマ : うつと恋愛 - ジャンル : 心と身体

21:57  |  失恋の処方箋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.09 (Wed)

妄執と妄信 妄想性障害の周辺

Sponsored Link


 りんごを見て、誰も「これをりんごだと信じる」とは言いません。「バナナだと信じる」と言い張ってみても、誰からも相手にされません。「信じる」とは証明しがたい事柄に対して、不安を癒す装置として働きます。「彼の愛を信じる」という具合に。
 信じることによって疑わしい要素を排除します。現実の妥当性から目を背け、希望に基づく推測を確信することによって、安心を得るのです。
 この確信と周囲の理解との乖離が広がれば、問題視されることとなります。カルトは妄執への依存へ導こうと説得します。一度それを受け入れると、別の概念への移行は、容易ではありません。妄執は柔軟さの対極にあるのです。信じた事にしがみつく頑なさのゆえに、妄信があるといえるのでしょう。
 得られているかどうかわからない愛や受容を確信することによって、内心の不安を癒し、安心を得ている図は、理解しやすいでしょう。一方、正体不明の相手から毒を盛られたり、付け狙われたりといった恐ろしい妄想を何故抱くのかとなると、首を傾げてしまいます。闇の中に、亡霊や暗殺者が潜んでいる世界よりも、現実の方がはるかに安全で安心できると思えるのですが。

テーマ : 境界性人格障害 - ジャンル : 心と身体

08:09  |  妄想性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.07 (Mon)

被害妄想を理解する

Sponsored Link


 妄想は、統合失調症、妄想性人格障害などの精神障害に共通して見られます。周囲がそれを理解しがたいのは、その内容が、「自分の皿にだけ毒を盛られている」「部屋の空気に毒を撒かれている」といった、あまりにも荒唐無稽で非現実的な内容であるためでしょう。
 妄想を理解するには、もっと緩やかな、「憶測」や「思い込み」から入っていくと解りやすいのかもしれません。私たちは外界の出来事を、自らの経験知に基づいて理解しようとします。妄想とは、この洞察が外れたまま、修正されていないということです。
 憶測の対象が親しければ親しいほど、コミニュケーションによって、そのずれは修正されていきます。疎遠であればあるほど、修正されません。そして自分の憶測が真実となるのです。事実はひとつでも、真実は人の数だけあるといわれるのは、この、人それぞれの勝手な思い込みがあるからでしょう。
 妄想の背景には、疎遠さが、それが広範囲に及ぶのなら、広範囲の疎遠、つまり孤立や孤独があると考えられます。誰しもいやな相手や状況は避けたいものですが、そうすると真相にたどり着けず、改善する機会も得られないのです。

テーマ : 統合失調症 - ジャンル : 心と身体

22:30  |  妄想性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.06 (Sun)

学習された無力感

Sponsored Link


 心理的暴力は閉鎖された空間で起こります。そして、そこに登場するキャストに力の格差があるとき、支配と虐待が起きるのです。
 学校でのいじめ、職場のパワーハラスメント、男女間のドメスティックバイオレンス、いずれも同じ原理です。特殊なケースとして、長期間にわたる拉致監禁などもあります。
 何故、そのような悲惨な状況から逃げ出さないのか、という素朴な疑問を抱くでしょうか。逃げ出せるのは、扉を開ければそこに、別の、もっといい世界が待っているという期待のある場合です。扉は開かない、あるいは、開いたとして、そこに待ち受けているのは、噴火口、もしくは荒れ狂う大海だとしたら、現状に耐えるほうがまだましというものです。

テーマ : AC(アダルトチルドレン) - ジャンル : 心と身体

22:16  |  抑うつ・不安障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電