FC2ブログ
2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.05.26 (Wed)

死別という別離

Sponsored Link


 出会いと別れを繰り返す独身生活にふと疲れを感じる時、「結婚」ということばが脳裏をよぎります。それが安定と安心を与えてくれる生活のように思えるのです。
 ですが、永久の愛を誓ったふたりも、永久の時を共有できるわけではありません。結婚後も心変わりの可能性は付きまといますが、そうした危機を乗り越えて寄り添い、日々の日常に幸せをかみしめていたとしても、それは永遠に続くわけではないのです。いつか死別という別れが訪れます。
 もちろん、知人や親族の葬儀に参列するたびに、生命が不滅でないことを繰り返し知らされています。前頭葉は知識として、それを知っているのです。
 ところが、絆を紡ぐ大脳辺縁系はそうではありません。誰の葬儀に参列しても、所詮それは他人事であり、自分や自分の愛する人たちの身の上には起きないと、漠然とした安心感を抱いているのです。そうした意味では、人は楽観的にできていると言えるかもしれません。
 いつか別れが来るとしても、それは遠い未来、長い人生を共に生きた果てに訪れる出来事と、意識の端に追いやっています。連日報道されている悲惨な事故や事件のニュースも、他人事にすぎません。平均寿命まで後何十年あるとしても、それまでの寿命が、全ての人に保証されているわけではないにもかかわらず。
スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

11:00  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電