Sponsored Link

反動形式

「あの人とはもう二度と会いたくない!」と感じる人と、二度と逢わずに済むのならいいのでいが、往々にして毎日顔を合わさねばならないことも多いものです。 相性の悪い人とは、性格も生き方も違います。相手の常識はこちらの非常識、こちらの非常識は相手の常識といった具合に。こちらが「そんなことはいけないことだ」というビリーブを持っていることを、相手は平気で毎日繰り返しています。 たとえば、こちらが協調や協力や調...

嫉妬の周辺

 人生は不平等なものです。それを痛感するのは、失意の状態にあるときではないでしょうか。周囲の人々が、あるいは特定の誰かが、自分よりも恵まれた状況にいるのを見る時、いやが上にも我が身の不毛さを自覚します。みじめさが募ります。 だからといって、それだけでは嫉妬の業火は点火しません。相手が優越に甘んじて上位に立とうとしない限り、隣人として友人として、立場は違っても好意を持って付き合って行かれます。 する...

幸福の条件

 H子さんの幸福の条件は、「ハンサムで経済力のある男性と結婚し、かわいい女の子の母となって、ブランド物の子供服を、着せ替え人形のように着せること」です。ところが良縁に恵まれず、独身です。 職場の同僚に嫌味を言われた時など、「専業主婦になっていれば、こんな苦労をしなくていいのに。」という思いから、結婚しているB美さんが妬ましくなります。 家庭にいれば、何の苦労も無いはずだという思いがエスカレートして、...