FC2ブログ
2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010.09.20 (Mon)

反動形式

Sponsored Link


「あの人とはもう二度と会いたくない!」と感じる人と、二度と逢わずに済むのならいいのでいが、往々にして毎日顔を合わさねばならないことも多いものです。
 相性の悪い人とは、性格も生き方も違います。相手の常識はこちらの非常識、こちらの非常識は相手の常識といった具合に。こちらが「そんなことはいけないことだ」というビリーブを持っていることを、相手は平気で毎日繰り返しています。
 たとえば、こちらが協調や協力や調和が必要だと感じているのに、相手は眼光一つにも反感や敵意を放ち、あからさまに皮肉や嫌味、揚げ足取りを繰り返してくるとしたら、これはもう、「闘争か逃走か」の選択を迫られている局面かもしれません。そのどちらも選べないとしたら、もう一つの防衛手段に頼ろうとするかもしれません。それが反動形式です。

 苦手な上司や先輩に笑顔を振りまいたり、必要以上にリップサービスに努めたり、ちょっとしたプレゼントなども用意したりします。心の中で、「この人にもきっといいところはあるはずだ」と、いい所探しをしてみたり、「こんな態度を取るには、それなりの事情があるはずだ」と相手を理解しようと努めることもあるでしょう。あるいは、自分のどこを改めれば、好意を持ってもらえるのかと考え、自分のいたらなさ探しを始め、自己嫌悪に陥ってしまうかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 人生のコツ, 生き方のコツ - ジャンル : 心と身体

18:13  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.07 (Tue)

嫉妬の周辺

Sponsored Link


 人生は不平等なものです。それを痛感するのは、失意の状態にあるときではないでしょうか。周囲の人々が、あるいは特定の誰かが、自分よりも恵まれた状況にいるのを見る時、いやが上にも我が身の不毛さを自覚します。みじめさが募ります。
 だからといって、それだけでは嫉妬の業火は点火しません。相手が優越に甘んじて上位に立とうとしない限り、隣人として友人として、立場は違っても好意を持って付き合って行かれます。

 すると、嫉妬をベースにした敵意に満ちた言動は、決して、状況が人をしてそうさせるのではなく、元来嫉妬深い人が、特定の状況下で、一層嫉妬深くなっているといえそうです。
 こちら側は相手に対して負の感情は持っておらず、仲間として同僚として、仲良くやっていきたいと思っている相手から、嫉妬からくる陰湿な攻撃を受けてしまえば、世界が暗転したような不快さを味わうことになってしまいます。気分ばかりでなく、実際に、ねつ造された事実(相手だけの真実)が、知らない間に周囲に浸透し、思わぬ落とし穴に落ちてしまわないとも限りません。
13:28  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.04 (Sat)

幸福の条件

Sponsored Link



 H子さんの幸福の条件は、「ハンサムで経済力のある男性と結婚し、かわいい女の子の母となって、ブランド物の子供服を、着せ替え人形のように着せること」です。ところが良縁に恵まれず、独身です。
 職場の同僚に嫌味を言われた時など、「専業主婦になっていれば、こんな苦労をしなくていいのに。」という思いから、結婚しているB美さんが妬ましくなります。
 家庭にいれば、何の苦労も無いはずだという思いがエスカレートして、そういう人は苦労知らずで、したがってわがままに違いないという人物像を勝手に描いててもいます。
 食べることで欲求不満を晴らしているH子さんは、当然、ルックスでもB美さんに勝てません。いやが上にも嫉妬は募り、常日頃親切に接してくれるB美さんに対して、「あなたのような何不自由のない人に、何が解るのよ!!」と苛立ちをぶつけ、相手を閉口させてしまいました。
 そのH子さんが結婚したとします。幸福の条件を手に入れたのです。ところがどうでしょう。夫の親族との付き合いや、意のままにならない子供の存在、増えるばかりの雑用。今度は独身のC香さんに対して、「いいわね、独身の人は。お気楽で。結婚すると自分の時間も持てなくて、どんなに大変か!!」と愚痴ります。

テーマ : 人生のコツ, 生き方のコツ - ジャンル : 心と身体

12:04  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電