FC2ブログ
2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010.11.19 (Fri)

ボーダーラインの不安定な対人関係

Sponsored Link


 これから逢う人のために、ちょっとしたプレゼントを用意するのはよくあることです。気のきいた人は、あらかじめリサーチしておいた相手の好物を携えていきます。あまり深くは考えず、自分の好みで選び、きっと相手も気に入ってくれるはずと期待することもありがちなことです。そして、手土産のお菓子が、相手が甘党ではなかった、あるいはダイエット中などの理由で、あまり喜ばれなかったと知ると、がっかりします。
 未熟な人が、携えていくのは、手土産ではなく、お願い事です。近づく口実としてお願い事を持っていくのです。
 それが、よほど困難な内容でない限り、知人から頼みごとをされると、とりあえず引き受けるという人は多いことでしょう。ちょっとしたことで誰かの役に立ち、喜んでもらえるのは気分のいいことですから。
 
 境界性人格障害の人には、特徴的な対人関係の持ち方があります。知り合ったばかりの誰かに好印象を受けると、その人にいきなり長電話を掛けたり、頼みごとをしたり、といった手段でお近づきになろうとするのです。
 相手からすると、要求ばかり多い迷惑な人、ということになります。度重なると重たくなってきます。
 この拒絶のサインに気付くと、ボーダーラインの人は激昂します。素晴らしいと思っていた人が、最悪の人に転落してしまうのです。
 すると、その思いを胸の中にしまっておけません。電話や手紙、あるいは直接乗り込んで相手に抗議します。その攻撃の激しさに、相手は当惑し、深く傷つき、もうこの人とはかかわりたくないと、離れて行ってしまう事も少なくありません。
スポンサーサイト

テーマ : 人生のコツ, 生き方のコツ - ジャンル : 心と身体

16:26  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電