Sponsored Link

部下をつぶす上司

 従業員の入れ替わりの激しい職場には、何らかの問題があります。動労条件としてはまずまずなのに、なぜか社員が短期間でやめていく職場、部下が次々と心を病んでいく職場は、その職場自体が病んでいるといえます。 弱小企業や小さな事務所では、経営者の資質が、その職場環境に色濃く反映します。パワーハラスメントの中でも、ねちねちうじうじと、陰湿に何時間も部下を責め続ける上司のもとには、部下は長くは留まれません。 ...

葛藤と無気力

 好きな仕事に追われているときは、早朝から夜更けまで働いていても、さほど苦にはなりません。むしろ、その成果に充実感を覚えることでしょう。「自分の土俵」で相撲を取れることは幸せです。 一方、何らかの理由で「他人の土俵」で働いていると、その環境自体がすでに苦痛です。しなければならない状況に耐えている状態ですから、どうしても「させられている」意識になります。やりがいも生き甲斐も生まれにくい、やればやるほ...

幸せになってください

 もしもあなたが今一人なら、誰かと一緒に生きる道も考えてみてください。わずらわしいと感じるかもしれません。片足を相手の片足に縛り付ける二人三脚のように思えて、自由を奪われるような気がするかもしれません。 身の回りのことが自分でできたら、不自由はないかもしれません。趣味や嗜好を同じくする知人や友人が周囲に居るかもしれません。 ですが、外の人間関係は、その場限りの関係であることも多いものです。力を尽く...

虐待的な人の見分け方

 心理的虐待を行う人には、幾つかの特徴があります。表面に現れている性格や行動は違っていても、その根幹にあるものは共通しています。 『相手の痛みに対する想像力の貧困』です。悲しかった、傷ついたと心情を吐露しても、思いやりを見せず、逆切れして居直るようなら、一かけらの愛も情も無いと言えます。付き合い続けるのは自虐的と言えるでしょう。 表面に現れる特徴には、次のようなものがあります。☆ 衝動を抑える力が...

愛されない悲しみ

この人のことが好きだから、この人を幸せにしたい、自分もまた愛の照り返しに満たされたい。そう思っても、こちらが想うほど、相手から想われていないと知るのは悲しいことです。 また、すっぽかされてしまった。そういえば、最初からそうだった。見え透いた言い訳で、自分から言い出した約束をドタキャンしたり、すっぽかされるのは、もうこれで何度目? 辛くて、また泣いてしまうけど、関係を悪化させたくないから、テンション...

妄想性障害の成り立ち

 妄想性人格障害の基本的な構えは、常軌を逸した人間不信です。加えて、嫉妬心も強く、いつもパートナーの不貞を疑っています。 はた目には、人と打ち解けにくく、集団の中で孤立しがちな人と映ります。自ら、人を避け、孤立を守っているようにも見受けられます。また、避けがたい対人接触の場では、異常に腰が低く、卑屈ともいえる姿勢を見せることもあります。自尊心の低さを疑うような態度です。 青年期の時点で、人との適切...

被害者意識

 修正不可能な重篤な被害妄想とは異なり、被害意識は日常の中で、誰しも経験する可能性があります。どういう場面でそうなりやすいかというと、相手や周囲との信頼感が培われていない場合、そこはかとなく疎外感を感じながらも、協調性を持って、打開しようとしている場面に起きやすいかもしれません。 そうした場面では、自分の意見や欲求を抑圧して、周囲に同調することによって、絆を築きたいと考えがちだからでしょう。望まな...