FC2ブログ
2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.11.28 (Mon)

我慢しすぎる人

Sponsored Link


「もう、あんな辛い思いをするのは二度と嫌だ!」「もう、やってられない!」「あの人とは、あまり関わりたくない!」「私は召使じゃないし、いいかげんにして!」
 これらはすべて、魂の絶叫です。しかも、口に出せません。口から出るのは、相変わらず「はい」「わかりました」「今やってます」
 溢れかえる怒りで、胸の中はいっぱいなのに。ことばに出せない。表情にも表せない。限界になって、体調も崩して、決別を決意します。こんなに人づきあいが辛いなら、いっそ独りで孤独死する方がましだと。
 そもそも一人が寂しいから、人恋しくて、人と関わろうとしてきたはずなのに、それがいつの間にか、重い重い負担になってしまっている。気が付いてみたら、いつの間にか、上下関係に陥ろうとしている。一方的に命令されるだけ.....。こんなことなら、一人でもかまわない。
 相手のニーズに添ったり、感情に配慮しているうちに、魂が悲鳴を上げています。
「もうイヤだ」「うんざりだ」「関わりたくない」と叫んでいます。
その都度、そういう感情を、無理に押さえつけて、笑顔を振る舞うのです。それっきり、対人関係が壊れてしまうのを怖れて。
 もっとも、そっと、静かに距離を置きたいと考えているのですから、すでに壊れているのかもしれません。イヤだと魂が叫んだ時点で、その相手との関係性は、すでに壊れかけているのです。なおも気を配るのは、イヤだと思う相手にも、悪感情を抱かれたくないという保身でしょうか。
NOが言えない状態が続くと、付き合いそのものが嫌になります。「ねばならない」でYESと応えても、いざ、当日がやってくると、ドタキャンしたくなるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

10:47  |  抑うつ・不安障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.24 (Thu)

感情の抑圧

Sponsored Link


 激情のままに憤慨する人は、周囲を困らせ、大人げない印象を与えます。そのために、怒りを出してはいけないと、抑圧することが習慣化している人も多いことでしょう。
 習慣化すると、軽い不快感を感じても、はっきりと自覚できません。ま、いいか。で、やり過ごし、そういう自分の温厚さを美点だと自覚していることも多いものです。 こうして怒りを抑圧することを常としていると、はっきりと自覚できる程度の怒りを感じても、表情には現れなくなっています。良くも悪くも、演技が板についてしまっているのです。
 感情を抑圧する人は、自分の不満や怒りによって、相手の感情を害することを怖れています。自分の感情を害したのは、その相手なのにもかかわらず!!
 口論に発展し、多くのものが崩壊してしまいはしまいかと、潜在的な危惧を抱いているのです。
針金で自分の心をがんじがらめに縛っているようなものですから、必然的に、その対人関係に強い疲労感を感じています。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

14:13  |  抑うつ・不安障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.22 (Tue)

幸せ回避症候群

Sponsored Link


 恋をして傷つく、愛する人を失う、こんな胸をえぐられる経験、もう二度としたくない。涙をぬぐいながら、呟いた日はありませんか。
 もしも、あなたに好きな人がいて、その人も微笑みを返してくれて、「あなたを幸せにしたい!」そう言ってくれたとしても、もし自分のこんなところやあんなところをその人が知ったら、きっとまた......。あの日の絶望が去来してしまいます。自分の中に恐れがあると、一歩が踏み出せません。相手が一歩、歩を詰めてくると、一歩退いてしまいます。
これは、脈がなさそうだと、相手は踵を返そうとします。そう、これで、傷ついた揚句に元の一人になるという、最悪の結末は回避できました。同時に、好きな人と親しくなれるかもしれないという希望も消えました。不幸な未来を回避しているはずなのに、実は幸せに背を向けているんですね。
 辛くなるかもしれないことを避け続けていると、いつか年を取って遠く過ぎ去った日々を回想するとき、何一つ思い通りに生きてこなかった人生、などと言うことになりかねません。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

21:11  |  失恋の処方箋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.18 (Fri)

長期的な関係

Sponsored Link


 初対面の相手には、気を使い、相手の趣味に話題を合わせたり、相手の存在そのものが新鮮に思えることもあるでしょう。そうして始まった付き合いも、長くなるにつれ、ついつい自分の都合を相手に押し付けるだけで、まるでそれが当然のようにフォローを忘れてしまう、といった状態に陥りがちです。
 人間関係は、暖炉の火のようだとよく言われます。意気投合して燃え上がった火も、定期的に薪をくべないと、いつの間にか消えてしまうのです。
 人間は感情の動物です。相手の感情の地雷がどこにあるかを常に心にとめ、それを踏まない配慮を怠ると、ほんの一言で、あっけなく関係性が切れてしまうこともあります。
距離の近い関係性であればあるほど、その時、激しい憎悪や反目を生み出してしまいます。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

22:47  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.13 (Sun)

非難に負けないために

Sponsored Link


 心ない非難や批判に傷つき、人知れず泣いたことがある人も多いことでしょう。そんな時に、「自分が弱弱しく見えるのでターゲットにされてしまうんだ」と自覚することで、さらに傷ついてしまいます。
 いじめを受けないために、鏡に向かて吊り上った眉を引き、メイクで生まれ持ったかわいらしい風貌を台無しにしたりしてはいけません。素顔のままを受け入れてくれる人が一人でもいれば、充分です。攻撃的な人の攻撃をやめさせるために、どうやって反撃しようかと苦悩したり、気にいってもらおうと迎合的に接しても、うまくいかないことも多いでしょう。そうして日々悩んでいては、ますます表情も曇ってしまいます。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

19:37  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.10 (Thu)

支配・服従のコミュニケーション

Sponsored Link


 ことばは、ちょっとした使い方で角が立ちます。たとえば、「この料金は個人別ですよね?××さんご夫婦は、ご夫婦で一人分しかくれなかったんだけど......」と確認や同意を得たくて相談したところ、「だったら××さんにもらってきてください。」返された高飛車なことばは命令調。
 言うんじゃなかった!まるで使い走りさせられているみたいだ。と、憤りを覚えます。
 欲しかったのは、「そうですね、確かに個人別だと思います。××さんご夫婦の勘違いじゃないでしょうか。」という答えです。それなら××さんにもう一人分もらわなくちゃいけないという結論に自分で達します。その結論がいきなり頭上から来ることに憤るのです。
 わたしは○○さんにも、他の誰にも何一つ命令なんかしたことはない。なのに、わたしはいつも人から都合よく使われている。そう感じることが度重なると、「もう、やってられない!!」と叫びたくなります。
 同じ依頼でも、「~しといて」「~やっといてください」ではなく、「~してもらってもいい?」「~してくれると嬉しいんだけど」ということばなら、感情が逆立ちません。
 要求はぶつけずにお願いする、そのうえで、相手に断る権利も与えてあげる、期待に応えるかどうかは相手の自由なのですから。
 要求だけを命令調でぶつけられると、相手の心理的負担は募り、いずれ関係がこじれていくこととなります。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

10:52  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.09 (Wed)

対人関係のストレス-恐れ

Sponsored Link


 「もう人間関係に疲れてしまった。ひとりになりたい。」こんなふうに感じるときは、小さな我慢が、粉雪のように積もり積もって、その重みに耐えかねているときかもしれません。ストレスがたまりやすい人は、我慢する癖が身についてしまっています。自分自身を封印して、相手に迎合することで、平穏無事な関係を維持することに、これまで成功してきたといえます。
 忍耐や協調は美徳とも言われています。ですが、我慢を続けていると、『相手の犠牲になっている。フラットな関係性ではなく、上下関係に陥ってしまっている』という意識が生じてしまいます。自分で自分をたいせつにしていないという意識です。それに伴い、どんどん自尊心が低下してしまいます。そして、相手との関係性に疲れてしまいます。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

10:28  |  抑うつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電