FC2ブログ
2012年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.05.31 (Thu)

不誠実さのサイン

Sponsored Link


 心惹かれる男性に出会ったら、誰しもその人と、誠実に長く付き合っていきたいと願うことでしょう。それには、相手の人柄を見ることが大事ですが、往々にして、恋の情熱は人を見る目を曇らせてしまいます。
 不誠実さのサインは、最初から見え隠れしています。たとえば、楽しみにしていたデート、たいした理由もなく、ドタキャンされたり。それも、一度ではなく、たびたび。
 女性を裏切る男は、視点が内向きになっています。自分の都合、自分の利益、自分の損失。自分が相手に与える損失には気付かず、指摘されたところで、たいしたこともないと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

13:14  |  失恋の処方箋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.29 (Tue)

決断する時

Sponsored Link


 誰しも、心惹かれ、愛し合ったその人と争う近未来など、予想だにしていません。良い関係性を長く維持しようと、努力してきたはずです。
 にもかかわらず、理不尽に別れを告げられた時、捧げたものに対して何も見返りがないと、裏切られた心境にもなるでしょう。憎しみが湧いてくるかもしれません。
 人を見る目がなかったと、自分を責めたくもなるでしょう。ですが、果たしてそうでしょうか?
 いずれ別れが来る、このままの状態では長くは続かない。そんなふうに、あなたの頭脳は、あなたに忠告していたはずです。そう、最初にその人が、不誠実な態度を露呈させたその日に。この人とはダメだ、寄り添っていかれないと。
 知性の判断とは真逆に、その人にいっそう近づいて行ったのは、感情がその人を望んいでいたからではありませんか。少しでも傍に居たいと。知性と感情が葛藤を起こした場合、往々にして感情が勝利を収めます。恋慕の渇望は、それほどに強いのです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

16:55  |  失恋の処方箋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.28 (Mon)

失恋の手当て

Sponsored Link


 送ってくれるはずの彼に冷たく背を向けられて、あの日独り電車を待った駅を、今日も電車で通過します。彼と彼女が一緒に入った店の前を、独りぽつりと取り残されて、きりきりと胸を痛めた店の前を、今日も通りかかります。その都度、そういえば、そんな日もあったと記憶が蘇ります。「そんな日もあった。それが何か?」胸の痛みは、さほどありません。何故、その人が去って行ったことで、あれほど胸を痛めたのか、むしろ不思議なくらいです。時は流れているのです。

 理不尽に別れを切り出された。まさか、こんな裏切りをされるとは思いもしなかった。そんなときは、こう呟きましょう。相手から告げてくれてよかった!!
 あなたなら、できそうもないでしょう。この人とはもう無理だと、内心感じていても、肩を落として去っていく相手の姿を想像しただけで、その失望を考えただけで、ことばを飲み込んでしまったことでしょう。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

09:39  |  失恋の処方箋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.27 (Sun)

見返りを求めない恋

Sponsored Link


 愛とは惜しみなく与えるもの、無償の行為である。よく言われることばです。献身的に、相手の望むままに、相手の希望を叶えることを最優先する、仕事や自分のための時間を後回しにして、少しでも相手に役立てるためにと、見返りを求めずに行動した経験はあるでしょうか。
 それは、まるで全力疾走しているチーターのような状態です。それだけに持久力が伴いません。走り続けるほどに、疲れに苛まれるようになるのです。
 チーターも、草原を疾走しつづけているわけではありません。見切りを付け、諦めを受け入れます。見返りを求めない愛も、長くは続かないものです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

17:43  |  恋愛依存  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.26 (Sat)

反社会的な人

Sponsored Link


 社会秩序に反する人は、他者に対して不誠実で、欺瞞に満ちた言動を繰り返します。平気で嘘をついたり、気が向かなければ、約束よりもその時の気分を優先します。それに対して、罪悪感を抱きません。他者の感情を予想する能力が、著しく欠如しているといえます。
 マイルールを定めて、社会のルールに従いません。当然、他者と誠実な関係を結べませんが、指摘されると逆ギレして、相手を責めます。嘘はその場しのぎのものが多く、次々と嘘を重ねる一方で、ぼろぼろとボロがこぼれます。そうした態度を続ければ当然どうなるかといった、近未来への想像力が乏しいといえそうです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

10:11  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.25 (Fri)

有言不実行

Sponsored Link


 人の本音は、行動の中に現れます。言葉ではありません。もちろん、その言葉を口にした時点では、実行するつもりだったでしょう。事情が変わることも、多々あります。もちろん、のっぴきならない、それなりの事情です。
 
 女性に期待を抱かせる数々の約束をするけれど、一度も実行したことがないという人もいます。
「来月どこそこへ旅行に行こう」「誕生日、プレゼントするからね」「君とは結婚を考えている」「近いうちにご両親に挨拶に行くから」
 相手が期待しているかもしれない約束を、つぎつぎに繰り出しながら、一向に行動に移さない。待ちくたびれた相手が問いただすと、「あの時はそう思ったが、今はこれこれの事情で無理」という返事か、そうした約束さえしていないという答えが返って唖然となります。

テーマ : ◆恋愛と結婚◆ - ジャンル : 恋愛

13:14  |  パートナーシップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.24 (Thu)

尽くす愛の行方

Sponsored Link


 誰かを好きになること、「その人を幸せにしたい」と思います。その人に幸せになってもらいたい。そのために、自分の持てる能力、力の限りを尽くしたいと願います。
 ですが、頑張り続けていると、やがて疲れてきます。なんだか、頑張っても不毛な関係に陥っているように思えてきます。尽くせば尽くすほど、利用される関係に陥るだけだと、囁きかける外野の声が気になります。相手の煮え切らない態度に、それほど愛されてはいないのだと、意気消沈もします。
 その人を幸せにしたいから、見返りを求めない。そのはずだったのに......。こんなときは、頑張りすぎているのです。

テーマ : ◆恋愛と結婚◆ - ジャンル : 恋愛

13:53  |  恋愛依存  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.23 (Wed)

ひきこもりと家庭環境

Sponsored Link


 進級や進学などで、新しい環境に入り暫くすると、周囲は皆仲良くなっているのに、なんだか自分だけが取り残されている、浮いてしまっていると感じたことはありませんか。内向的な人は、孤立しやすい傾向にあります。
 仲良くなりたいのに、誰も自分に話しかけてくれない、誘ってくれない。何故なんだろうと、独り悩む日々。寄ってくる人がいると、それは、必要最低限な決め事や集金の為だったり、それ以外はよそよそしい。そればかりか、いじめの対象にされてしまっている。
 そうした傾向が長く続くと、いつとはなく、「他者は自分を害する存在」という認識が身に付いてしまいます。すると、ますます、人が怖く、寂しいにもかかわらず、積極的に近づけません。
 問題は学校などの対人環境、個人の性格に帰されることが多いですが、見過ごされがちなのが家庭環境です。貧困や家族関係の悪さを背景に、自尊心が順調に育まれない環境で成長している場合が多いのです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

09:56  |  抑うつ・不安障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.14 (Mon)

人間関係の本質

Sponsored Link


 来る日も来る日も来る日も、朝から晩まで独りきりで仕事をして過ごす毎日。それはとても寂しいものです。人は孤立を怖れます。周囲を大勢の人に囲まれていても、理解者に恵まれず、心理的な孤独を感じることも多いものですが、山中や孤島に取り残されたかのような、周囲に人がいない絶対的な孤独には、恐怖を覚えずにはいられません。
 人は、人を求めます。自分を幸せにしてください、楽しい気分にしてください、という欲求を持って、人を求めるのです。他者の温もりは、抑うつを癒す最良の薬です。
 相手もまた、同様に、求める心を持って、近づいてきます。互いに相手を自分の利益のために用いようとするのです。そのバランスが釣り合っているときは、人間関係はうまくいきます。ところが、どちらかが、与えるばかりで、返るものが少ないと感じるとき、その関係性は不安定になっていきます。
 自分にとって、この関係性は不利だと思ったら、他に利益がある他者が現れたら、人の心はすぐに変化してしまうのです。たとえ永遠の愛を誓ったとしても、悲しいかな、人の心に永遠は期待できません。
 自分の心さえ、相手の一挙手一投足によって、日々微妙に変化するのを感じていることでしょう。そうした自分自身の感情さえ、人は思いのままにできないのです。愛さなければいけないと冷静な前頭前野が判断しても、辺縁系の情動は勝手に動いていきます。自分ではどうしようもなく。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

21:39  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.10 (Thu)

相手の立場に立つロールプレー

Sponsored Link


 「あの人は一体何を考えているのか.....解らない。」何故という問いかけに自分では答えが出せずに、周囲に意見を求めて、ますます混乱してしまったような経験はあるでしょうか。なぜ?の問いかけに答えが出ないのは、自分の立ち位置で考えているからです。
 頻繁に悩み相談を持ちかけてくる知人の相談に乗っているうちに、相手が怒り出してしまって手におえない。なぜ?こんなに懸命に慰めているのに?
 依存している側が「怒り」を表現します。怒りは充たされない依存の現れです。相手の役割になって、再現してみましょう。
 その人は、上司の自分への評価について、憤慨しています。それを相談した相手(自分)は、その上司には、どちらかといえば良い評価をもらっています。慰めの言葉はかったるく、あなたのような幸せな人に、わたしの気持ちが解るわけないよ!と言いたくなるのも、うなづけると思うでしょう。こんなに時間を費やして傾聴しているのにという、自分のポジションにいる限り、気付けないのです。相手の立ち位置に立って初めて、相手は相談相手を間違えていることに気付きます。

テーマ : ◆恋愛と結婚◆ - ジャンル : 恋愛

11:14  |  恋愛依存  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電