FC2ブログ
2012年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2012.12.26 (Wed)

自己受容

Sponsored Link


 誰かの一言が、グサリと胸に突き刺さるとき、おそらくその一言は、あなたの心の自己受容できていない場所に突き刺さったことでしょう。悪意を持って狙ってきたのかもしれませんし、知らずに「地雷」を踏んでしまったのかもしれません。いずれにしても、自分を愚かしく、許し難く感じている部分に触れられると、人は容易に傷つきます。
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

11:14  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.24 (Mon)

トラブルメーカーの心理

Sponsored Link


 人それぞれ、これまで生きてきた世界も価値観も違いますから、相性の合わない相手がいるのは当然ですが、どこへ行っても、多くの人たちとうまく付き合えず、人間関係のトラブルを繰り返してしまう人は、実は自分自身とうまく付き合えない人だと言えそうです。
 相手の弱点を攻撃して、「本人のために本当のことを言ってあげるべき!」と開き直るその態度、その顔。たとえ、その言い分に妥当性があるとしても、情け容赦ない非難や揚げ足取りは、的外れな怒りのエネルギーに満ちています。
「自分の人生がうまくいってない、自分は人生から不当な仕打ちを受けている。他の人はうまくいっているのに、自分だけがうまくいかないのは理不尽だ。」という怒りです。我慢してくれそうな人をターゲットに選んで、憂さ晴らしの生贄にせずにはいられないような激しい怒りです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

09:53  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.19 (Wed)

人間不信

Sponsored Link


 人は、孤独になると他者を求めます。積極的に相手を探し、語らうことによって孤独を払拭しようとするのです。ところが、孤独が深くなりすぎると、今度は他者を遠ざけるようになります。笑顔で近づいてくる人を見ると、どんな下心があるのかと訝ったり、人づきあいにかかるコストばかりに目が行きがちです。相手と付き合うことによるマイナス面ばかりを数えるようになります。そうして、温もりを求めているにもかかわらず、それを自分から退けてしまいます。
 そこに至るまでの人生で対人関係の喜びが少なく、傷ついた記憶ばかりが色あせずに残っているような場合には、往々にしてこうした傾向になりがちです。
 さらに荒んでくると、誰彼かまわず牙をむいてしまうしまう人もいます。自分自身を不幸だと認識してしまうと、周囲の笑っている人たちが何不自由ない恵まれきった人に思え、人生の理不尽さを一層強く意識します。そして、自分の周囲に居る、何ら利害や感情の対立の無い相手に、噛みついてしまうのです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

21:49  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.15 (Sat)

攻撃的な人に対処するとき

Sponsored Link


 できれば職場の同僚などとは協調しながら、和やかな雰囲気の元にスムーズに仕事をしたい。このように考える人の穏やかさは、皮肉なことに、攻撃的なタイプからすれば、反論ができない弱い人間と映って、絶好の餌食になってしまいます。
攻撃を受けると、このような人は自分の落ち度を探して、自分を恥じてしまいがちです。この人とうまくいかないのは、自分の対応に何か不出来なところがあったのでは?と。そして、下を向いてしまうと、ますます攻撃は過激さを増していきます。
 温厚な人は、他人に怒りを向けてはいけない、傷つけてはいけないというビリーブを持っています。また、相手を攻撃しないことによって、相手から攻撃されることもないという考えも持っています。それだけに、攻撃された時には「なぜ?わたしはあなたを気遣って、攻撃しないでいるのに。」と訳が分からず、困惑しながらも反撃できません。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

09:40  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.10 (Mon)

意地悪な人

Sponsored Link


 意地悪な人は、他人が心の奥深く、決して人に見られないように隠しているコンプレックスを暴き出すのが得意です。意地悪な子供の直観で嗅ぎつけると、すかさず一撃を加えます。ここが弱みだと知ると、それに固執し、何度も何度も繰り返し、容赦なく相手を攻撃します。相手の苦しみや混乱を観るのが好きなのです。それで憂さ晴らしをしています。
 彼女の言い分は、「だってホントの事だもの」です。攻撃される相手に対する思いやり微塵もありません。ターゲットにされた人は、傷ついて意地悪な人を避けるようになります。すると、意地悪な人は、また他のターゲットを物色します。
 彼女の問題は、他者の痛みに鈍感で、相手の痛みで自分の憂さを晴らそうとする大人げの無さにほかなりません。どこへ行っても暫くすると、敬遠されるようになりがちです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

17:54  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.09 (Sun)

傍に居ること

Sponsored Link


 あなたが生きているということは、あなたの周りにいる人たちへのギフトです。贈り物は、品物ばかりではありません。最もうれしい贈り物は、顔を合わせた時のあなたの笑顔。笑顔は、「あなたを受け入れてます」という合図だから。多くの人に笑顔を贈れる人は、多くの人から好かれます。
 この人は、わたしを、わたしという存在を受け入れてくれている、そう感じるとき、人はホッとするのです。背負っていた心配事が心なしか少なくなったような気がして、元気が出てきます。そんな元気をギフトできる人でいたいものですね。
 一人っきりでいると、不安が心の中を満たし始めます。自分を励ましても、独りではなかなか元気が出ません。生きていく勇気も萎えてしまうかもしれません。
 人を励まし、勇気づける力をあなたは持っています。そう、あなたの笑顔に触れた人は励まされるのです。そんな笑顔をギフトできる人でいてください。
「傍に居るよ。君は独りじゃないから。だいじょうぶ。」
あなたの大切な人に、そう言ってあげてください。無理して買ったちょっぴり高価な品物よりも、きっとうれしい贈り物に違いありません。

テーマ : 愛のかたち - ジャンル : 恋愛

21:20  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.04 (Tue)

不安が作り出すもの

Sponsored Link


 周りで起きていること、事実として見えていることは、自分のその時の心理状態によって着色されています。そして、それを事実として確信しがちです。人は、自分の心の中にある「そう感じる要因」に意外と無頓着なのです。
 たとえば、彼から暫く電話がない、こちらから掛けても出ないことがある、デートも早々に切り上げられてしまった、批判がましいことを言われた、これらはすべて、相手が自分をたいせつにしていない証拠となってしまいます。実は、その時、体調も悪く、寂しくて、彼を失いたくない気持ちが強くなっていることには気付きません。彼は別れたがっている.....。そんなふうに感じられてしまうのです。求める気持ちの強さが、その不安が、些細な相手の言動に不幸の種を探してしまうのです。心身が元気を取り戻し、依存する気持ちが低くなれば、違う視野が開けてきます。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

17:09  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.03 (Mon)

自分を許すこと

Sponsored Link


 わたしたちは、後になって、以前の自分の行動を恥じることがあります。なんて馬鹿なまねをしてしまったのだろうと後悔します。
 恥の意識は、同じ過ちを繰り返さないために役立ちますが、いつまでも恥概念にとらわれていると、自尊心を損ねかねません。さらに、自分が自分を許していないと、相手もそうであるかのように感じてしまいます。すると、「あの人はあの時の私の態度を今も根に持っているかもしれない。」と考えて、齟齬を生じた相手にも近づけません。いつまでも自分を責めてくるように感じるその相手もまた、許せません。
 その時の自分自身を軽率だった、思慮が足りなかったなどと恥じていると、自分自身を隠したい心境にもなります。すると周囲からの良い評価で埋め合わせをしたくなり、本当のことが言えず、内心と建前の乖離も生じてくるかもしれません。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

22:00  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電