Sponsored Link

要求ばかりする人

 電話が掛かってきたら、何かの依頼ばかり。逆にこちらから電話した時には、面倒くさいのか一向に出ようとしない。こちらが一方的に相手のリクエストに応えるばかりで、力を貸してほしい時には一向に役に立たない。こうした人は、おそらくあなたを尊重していないのでしょう。 うわべのことばを飾るのは、得意かもしれません。おだてたり、ありきたりの感謝の言葉を述べることでしょう。その実、してもらって当たり前、便利に利用...

隠された敵意

 人から贈り物をもらったり、自分のために時間を使ってもらったら、ありがたく思うと同時に、幾分かは申し訳ないなという心境になります。相手に借りを作ってしまったようで、何かの折にお返ししたいとも考えます。大人になれば、相手の負担にならないよう気配りもします。 ところが、中には、子供時代のように、もらって当たり前、お返しなど考えない、しかも、与えてくれる相手には、さらに過度の要求をする人もいます。頼まれ...

「嫌われ者」に好かれる人

 少々人格に難あり、周囲から敬遠されている人に、何故か寄ってこられる。こちらから声を掛けたり、接する機会が多いわけでもないのに、不思議と頻繁に相手からコンタクトを取ってくるようになる。親しげに接してくるので、こちらもついつい応じていると、段々付きまとうようになり、あれこれと要求も激しくなって困っている。 何故? たかが顔見知り程度の接点しかないのに? あなたは訝るかもしれません。ですが、人が恋に落ちる...

対人関係の質

 困っている人がいたら、手を貸してあげたい。自分の存在を求めてくれる人がいるのは、うれしいことだ。誰しも、こんなふうに考えたことがあるかもしれません。 ですが、相手の力になることも、自分に無理があってはうまくいきません。自身の心身や経済力、時間等に充分な余裕がなければ、倒れてしまいます。また、恋愛でも友人関係でも、求めてくるばかりで支えられることの無い一方通行止まりの関係では、遠からず、楽しさより...

責任転嫁する人

 もしも自分の言動が、思いもかけない不幸な結果を招いてしまったとしたら、「そんなことを言った覚えはない」「君のせいだ」こんなふうにしらを切ったり、相手に責任転嫁をする人がいます。 不都合な展開が生じると、人は誰しも人望や評価が下がってしまうことを怖れるものです。状況や他の誰かのせいだと考えると、自分自身も罪の意識から逃れられます。 責任転嫁が生き方の癖として身に付いてしまうと、少々やっかいです。生...

ことばの力

 かっとなって言い放ってしまったその一言が、ふたりの決別を決定づけてしまうことがあります。一度発せられた言葉は、言った方はすっきりするかもしれませんが、受け止めたサイドはいつまでも記憶に残ります。時に、その言葉が「あの人の人格の本質」とされてしまうこともあるのです。放った本人が忘れ果てたころに、その効果が戻ってこないとも限りません。 できることなら、別れ際は、相手を気遣う言葉で締めくくりたいもので...

愛するために生まれてきた

 もしも今傍らに、寛いで語り合える人がいるならば、今このひと時のあることを喜んでください。なぜなら、それは永遠には続かないものだから。それぞれの人生の途上に巡り会い、すれ違うだけで通り過ぎる人々の多い中で、互いに心惹かれたり、タイミングに恵まれたりで、近づいて互いの人となりを理解し、気遣いたい存在となったことを喜んでください。 その手を取り、抱きしめてください。相手の温もりに触れる、そのことが、心...

DV加害者とトラウマ

 パートナーや子供など身近な存在、たいせつな相手への心理的暴力は、その人の情緒的未熟さのゆえに起こります。それ故に、本人には相手を傷つけていることへの自覚がありません。相手が自分よりも劣った存在に見え、あれこれ命令したり批判するのは当然と言う認識を持っています。 では、自分という存在に揺るがぬ自信を持っているのかと言えば、そうではありません。自信は乏しく、自尊心も低いのです。それは、これまで人間関...

メメント・モリ

 メメント・モリは、「自分もいつか死する定めの存在であることを忘れるな」という意味のラテン語です。黒死病が蔓延した中世ヨーロッパで盛んに使われたと言います。 死神の鎌は、富める者も貧しい者も、区別なく連れ去っていきます。時には、まだ若いものも容赦しません。独り暮らしのアパートで倒れているところを、無断欠勤を訝った同僚に発見されるケースもあります。家族の絆が希薄になった昨今、孤独死も問題視されていま...