Sponsored Link

愛の無い人-不足を言う人

 日常の会話の中で、「この人は人類愛の無い人だなぁ。」あるいは、「他人の痛みの解らない人だなぁ」と感じることはありませんか。 愛のある人とは、自分の言葉で不用意に人を不快にさせない配慮、相手を楽しくさせる話題を選んだり盛り上げたりといった気遣いが自然にできる人でしょうか。気遣いし過ぎて疲れる状態との相違は、自分の評価を周囲におもねていないところなのでしょう。ですから、自然体です。 一方、愛の無い人...

Win-Winの関係

 友人関係は対等な関係ですから、どちらかが一方的に相手のために何かをやってあげる関係に陥ると、そもそも友人関係そのものが危うくなります。たとえ、以前力になってくれたから、今度は自分が力になりたいといった動機から出た行動であったとしても、です。 対等な関係が崩れてくると、もはや友人ではいられないのかもしれません。いつの間にか相手が指示を出し、自分が従う関係になってしまっていることに気付くと、誰しも戸...

愛を待つ人

 今度、親御さんに逢いに行く。兄弟に結婚の話をするために出かける。そう言っていたにもかかわらず、一向に実行する気配がない。問いただすと逆ギレして、激怒する。あるいは、こつ然と音信不通になる。取り残された女性は、わけが解らず、結局都合のいい存在として、遊ばれていただけなのかと、憤懣やるかたない心境にもなることでしょう。  いったい、彼は何を考えていたのか......? その人はあなたを幸せな気分にしたい人で...

うそと衝動抑制障害

 すぐにばれるようなうそ、あるいはすでにうそだとばれているような言い訳を、性懲りもなく繰り返す人には、想像力が欠けています。過去の経験から学べない人とも言えるでしょう。過去は忘却の波間に消え、今この瞬間だけに生きている人と言えるかもしれません。 出来そうもない約束を自ら進んで口にし、繰り返し破るという言動も目立つかもしれません。自分はすぐに忘れてしまう過去を、他の人たちは忘れずにいるということに、...

パラノイア-被害妄想への依存

 妄想性障害を持つ人は、例えば、「近隣の人たちが私を陥れようとする」という妄想を、家族が受け入れるよう繰り返し繰り返し説得します。家族がそれを否定し、理路整然と説明しても、この妄想を覆せません。一度は納得したかに見えても、暫くすると、またもくもくと妄想が膨れ上がります。また、逆に、これほど危険が蔓延しているのに、なぜそんなに呑気でいるのか、なぜ察知できないのかと憤ります。 全てにおいて、現実見当識...

カサンドラ症候群

 相手に尽くせば、従順であれば、時にはわがままで、相手を翻弄すれば、その人にとってかけがえのない存在と認められ、たいせつにされる。そうした技術は、いずれも外れてはいません。ですが、その通りに誠意を尽くしても、思い通りにならないのも対人関係の真実です。それに対してどう応えるかは、相手の領域なのですから。 ザルに水を注いでも水は溜まらないように、未だ人をたいせつにする慈愛の心に至らない人を愛しても、愛...

守りたい存在

 守りたいものが自分しかないとき、人は強くなれないかもしれません。自分以外の誰かを守ろうとするとき、必死になるとき、予想外の力を発揮できる、そんな気がします。たとえ、それが小さなペットであっても。わたしがいなければ、このコは怒濤に迷う、そう思うと、苦しくても頑張る心境になれるでしょう。 パートナーや子供の存在は、時には重荷と感じることもあるかもしれません。ですが、自分の支えを必要としている存在、そ...

電話魔の心理

 嫌な出来事があった時、心が不穏に揺れる時、人は誰かにその出来事を話すことによって、肩の荷を軽くしたいと願います。そして、自分の重荷ばかりに心が捕らわれている時には、聞き役にとってそれがやっかい事であることを自覚しえないものです。ジョークを交えて客観的に話せる余裕があればいいのですが、誰かに対する激怒や憎悪に怨念の炎が燃えているとき、その業火は聞き役までも焼き尽くしてしまいます。 怒り狂っていると...

パートナーシップの道のり

 幸せな二人は、二人でいることを楽しんでいます。どこかへ出かける等の特別なイベントなどなくとも、ふたりで過ごす時間そのものが幸せなのです。 解りあうほどに、二人には嫌な点がなくなり、相手が優しくなったと感じます。そんなふうにしっくり寄り添えるまでには、幾何かの時間がかかることでしょう。 付き合い始めて間もない二人は、波乱万丈です。初対面の好印象を裏切られる場面もあることでしょう。約束を間際で翻され...

搾取的な関係

 搾取的な関係では、片方がもう片方よりも偉いと思っているので、好き勝手に振る舞います。その人が、あなたを見下しているのなら、その関係性に健全な未来はありません。 この人は、わたしの意見に聞く耳を持っているだろうか?自分の方が優れた人間だと思っているのだろうか?わたしはこの人と、対等な関係でいたいだろうか?と、考えてみてください。 もし、その人が、性別、経済力、学歴、社会的ポジションなどで、自分の方が...