Sponsored Link

FC2ブログ

優等生とサディスト

 入社したばかりの職場で、早々にいじめのターゲットにされると、被害者は、なぜ自分だけがこんな目にあうのか、理由が解りません。自分の何が悪いのだろうかと、自分ばかり見つめて、自己嫌悪に陥っていきます。そうした傷心こそが、実は加害者のサディズムをわくわくさせるご馳走なのです。「先月までそこの席に座っていた人、苛めてやめさせてやったわ。」と、刺すような眼差しを向けられると、不吉な予感に戦慄を覚えることで...