Sponsored Link

突然キレる人への対処

 何気なく話をしていると、相手がだんだん激昂してきた、いきなりキレたという経験をした人は、少なくないかと思います。相手に対して、コワイと恐れを抱いたり、いい加減にしてほしいとうんざりした気分になるようなら、距離をとればいいだけのことです。すぐキレる隣人など、友人にはできません。 ところが、家族やパートナーなどは、そう簡単に縁を切ることもできません。そんな言い方をしないでほしいと頼んでみたところで、...

八つ当たりされる人

 八つ当たりする人は、誰彼かまわず八つ当たりするわけではありません。日ごろの振る舞いや、他の人に対する態度などから、安全だとみなせる相手を選別しています。八つ当たりしても、反撃してこない相手、言いなりになってくれる相手です。 日ごろは、指図や命令ばかりして子分のように扱い、むしゃくしゃした時には、場違いな怒りを爆発させます。反撃などされたら、ますますストレスが溜まりますからね。そのような人には、決...

ジャイアン的生き方

 対人関係に波風が立ち、誰かから自分の問題点を指摘されたとき、ジャイアン的な人は、それを認めません。とやかく不平を言ってくるその人に、原因があると考えます。 たとえば、「夜更けに、私の妻に電話を掛けてきて、果物を買ってきてと頼むなんて、あなたは非常識だ。」と友人の夫から抗議されると、「あの人は、夫に構ってほしくて、私のことを言いつけてる。表裏のある人だ。」と、第三者に話します。 これは、事情を知っ...

他者を破壊したがる人

 他人を攻撃せずにはいられない人は、あなたの仕事ぶりに難があるから、難癖を付けているわけではありません。攻撃対象になってくれる人であれば、誰でもいいのです。 その証拠に、あなたがげっそりやつれて離職した後、後任に対しても同様のいじめを繰り返します。ただ、単に自分の攻撃欲を満たしたいので、黙って耐えてくれそうな人物に目を付けているだけなのです。 ターゲットに選ばれてしまった人には、いえ、他の大部分の...

断れない性格

 誰かから何かを頼まれると、心の中では嫌だなと思いつつも、すんなりと引き受けてしまう、ノーが言えない人たち、いますよね。引き受けてしまう自分に腹を立てたり、思い悩んだり。 断れないのは、なぜ?自問してしまうこともあることでしょう。頼まれごとの拒絶と、その相手との関係性の断絶が、感覚的にイコールで結ばれているのかもしれません。 「駐車料金払うから、小銭出して。」「......(しぶしぶ出す)」あの時、立て...

モラハラを回避するために

 友人知人や恋愛関係など、フラットな人間関係にも、いつの間にか上下関係が生じてしまうことがあります。相手を気遣って、相手の言い分を飲んでいるうちに、いつの間にか、相手にとってそれが当然になってしまい、ありがたみがなくなってしまうのです。 人には、自分が優位に立てる相手が傍にいると、安心できるところがあります。そのような対象には、相手の気持ちを無視し、自分の主張を押し付ける言動を取りがちです。 無意...

他のために生きる?

 人の役に立つ人間になろう。役立つ喜びを知ろう。などと言われます。あまりに自己中心的になりすぎず、利他の心を持ちなさいということでしょうか。 自分が生きていることによって、家族や友人など、喜びを受け取っている人が必ずいます。ですが、職場や友人等の役に立つ事が、生きる目的だと考えるのは怖いことです。 「仕事をしてもらって助かる」「一緒に過ごすと楽しい」は、相手に取ってのあなたの価値です。たとえば、羊...

支配したがる人

 人が集まると、どうしても支配されやすい人がいます。自分の意見を持っていても、出しゃばらず、相手の意見に耳を傾ける人が狙われやすいでしょうか。 相手の意見を辛抱強く傾聴できる人は、誰に対しても感じのいい対応ができる人です。その人自身、そうすることが対人関係を良好に保つ秘訣だと信じて、日々努力と忍耐を続けていることでしょう。 そうした態度は、この人なら頼みごとをしてもやってくれそうだという期待を、周...

アサーティブになるために

 相手があなたに対してひどい扱いをするようなら、それはおそらくあなたが「ノー」を言っていないからでしょう。我慢したり、譲歩しているうちに、相手にはそれが当然のこととなってしまったのでしょう。 なぜ、相手と違うと考えた時、自分の意見を率直に言えないのでしょう。やりたくないことに、「嫌だ」と言えず、引き受けてしまうのでしょう。そうしたことが度重なっても、怒りやいら立ちを表現できないのはなぜでしょう。 ...

被毒妄想-根拠なき恐怖

 被毒妄想は、被害妄想の中の一つです。出された自分の食べ物に毒が入っているのではないか、という強い思い込みに囚われ、家族と食卓を囲めなくなります。一人でこっそり、スーパーで買い求めた食品を食べるようになります。 家族が作った手料理に、毒が盛られていると考えているにもかからわず、家族やパートナーが毒を盛ったと疑っているわけではありません。どこの誰が、どのような理由から、どんな種類の毒をどういう手段で...

パニックになる

 予想外の困難な出来事が降りかかってきたとき、人は誰しも、パニックに陥ることがあります。不安や恐れといった感情があふれ出し、対策を考えるといった前頭葉の機能がストップしてしまうのです。落ち着きを取り戻し、冷静な判断を下せるようになるまでには、誰しも、少し時間が必要です。 アスペルガー症候群などの発達障害のある人は、他の人よりも些細な出来事で、パニックに陥りやすい傾向があるかもしれません。たとえば、...