FC2ブログ
2016年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2016.03.31 (Thu)

躁的防衛

Sponsored Link


 精神的成長心には、自分が犯した間違いや問題点を見つめる作業が必要です。苦い経験を真摯に受け止めて、そこから学ぶことを通して人は成長します。
 人がさし出す鏡を叩き割ってばかりいては、こうした成長が起きません。そして、同じ過ちを幾度も繰り返すことになります。
 誰かから非難されたとき、「あんな成績の悪い人の言うことなんて」「酔った勢いで言ったことだから」「彼の気を引こうとして、適当なことを言っているだけ」だから、それは相手の問題、自分にはかかわりないと片付けてしまう躁的防衛。強気の姿勢で、バンバン反撃し、相手を閉口させてしまうこともあります。ですが、それは、問題に向き合うことを避けている幼稚な姿に他なりません。攻撃的になるのは、反省能力のなさの表れです。
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

17:07  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.26 (Sat)

ダメ出しする人

Sponsored Link


 「あなたはもっと自信持ってもいいよ。自分で思っているほどダメじゃないから。」などと指摘されて、「え?ダメだなんて思ってませんけど、そんなに自信なさげに見えますか??」と、びっくりしたことはありませんか。
 そういえば、この人、周囲の人の欠点ばかりに注目し、いつも上から目線でダメ出ししてるなぁ。そんなことを聞かされるのも不愉快なのに、なぜ、やたらと批判ばかりしてるのか....。

 その人は、あなたや周囲の人たちをけなして、その評価を下げることで、自分が優位に立とうとしているのです。隠しているつもりの自信のなさを、自ら暴露しているといえます。
 また、面と向かって指摘すれば、相手が、自分の理想とするような振る舞いをしてくれるようになると、期待している場合もあります。ですが、ダメ出しされるのは嫌なものですから、その人との心理的距離は、おのずと遠ざかっていきます。さらに、ダメ出しが続けば、物理的距離も...。
 人は、一緒に居て不愉快な気分になる相手とは、長く一緒には過ごせません。友人関係のような流動的な関係は、遠ざかる方向に動きます。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

11:21  |  パートナーシップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.21 (Mon)

虚言癖

Sponsored Link


 常習的に嘘をつく人は、基本的に先のことは考えていません。 今、この場を切り抜けられれば、それでいいのです。
 できるはずのない約束をしてしまう人もいます。車を買ったから、今度ドライブに行こう、と、嬉々としてその日程まで決めてしまいます。
 あまりにも実しやかに話すので、相手は全く疑いません。予定に入れて心待ちにします。ところが、買ったはずの車は、実はありません。前日にドタキャンして、乗り切ります。
 相手は嘘に気付きますが、なぜそのような嘘をつくのかが、さっぱり解りません。よほどの事情がない限り、嘘をつかない人には、理解しがたいのです。
 付き合いが浅い頃は、真実味があるため信じてしまった人も、段々相手が嘘をつく時の共通点に気付き始めます。そう、その嘘の真逆にあるもの、隠そうとしているものがコンプレックスなのです。車を欲しいけれど買えないと思っていることが、コンプレックスなのです。最寄りの交通機関が便利だから必要ないと思っていると、できない約束など口にしなかったかもしれません。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

11:04  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.17 (Thu)

辛いことはやめよう

Sponsored Link


 他人に振り回されて、楽しくない、辛いと感じるなら、そうした事がらから距離を取ってみましょう。望まれるままに、自分のエネルギーを他人に提供しないで、あなた自身も幸せになるために使いましょう。それには、自分の心に問いかけて、辛いと感じることはやめることです。
 誰かのために力を貸せば貸すほど、その人の要求が強くなると感じるようなことはありませんか。初めのころにはあった感謝も、いつの間にかなくなり、やってあげても至らぬ点を指摘して、苛立ちや不機嫌を向けてくるばかり。
 これは、二人の間の境界線があいまいになってしまっているのです。自分の用をやってくれるのが当たり前と思っている相手。頼まれたからと自動的に動いてしまうあなた。
 これほど支えてあげているのだから、不可欠な存在になれているはずと思ったら、恋人以下、友人以下、もしかして都合のいい家政婦???そうした疑念を、相手に突きつけたくなって、涙ぐんでしまう。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

15:29  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.14 (Mon)

平気で他人を利用する人

Sponsored Link


 誰彼かまわず他人を利用する人は、多くの人が限られた親しい対象に向ける依存心や甘えを、全ての他者に向けているかのようです。最初の対応で、この人はいけると思ったら、とことん、相手が消耗しつくすまで貪ろうとします。
 しかも、悪意があるわけではなく、本人は無自覚にそうしていることが多いものです。したがって、表面的には精力的で輝いた人に見える場合も、多々あります。
 あの人は暇だから、この人は他に友達がいないから引き受けてくれるはずと、相手の状況を読んで、用件を押し付けてきますが、その相手の感情や負担を省みることはありません。他者への思いやりは、これっぼっちも無いのです。他者理解は薄っぺらで、感受性はありません。頭の中は、いつも自分のことばかり。利己的に他人を利用していることに自覚がないばかりでなく、良心の呵責もありません。
 利用される側は、これだけ一生懸命支えてあげているんだから、私が困った時には力になってくれるはずという期待を抱いています。そして、いざ、その機会に遭遇すると、愕然とするのです。相手にとって私は、手入れの必要もない使い捨ての道具だったのかと。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

12:40  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.08 (Tue)

演技性パーソナリティ

Sponsored Link


 演技性パーソナリティの人は、集団の中で目立つ存在です。陽気で、ノリが良くて、そして、深みがありません。初対面の人とはすぐに打ち解けられますが、落ち着いての身の上話には退屈しやすく、上の空の表面的対応をしてしまい、相手を傷つけたり、怒らせます。常に、チャラチャラした印象を放っています。
 周囲の注目を集めたい、称賛されたいという欲求が、原動源であるかのようです。いつも注目の的であることを望みます。
 自分を実際よりも高く見せるために、外的コントロールで人を操ろうとします。人を意のままに操れる自分に酔いしれます。そのために、他人を振り回すことが多いのですが、支配的に振舞うことで、自己像を守っているともいえます。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

19:50  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.03 (Thu)

自己愛人間

Sponsored Link


 自己愛性パーソナリティの人は、しばしば反社会的に見えます。良心が欠如しているかのように見えるのです。
 良心とは、相手に対する想像力です。愛情があれば、相手の心情が、おのずと見えてきます。したがって、愛する能力の欠如した人とも見えます。
 自己愛の強い人は、他者は自分の欲求を満たすために存在していると感じています。自分の必要を満たすために、他人の迷惑も省みず、利用しようとします。相手には相手の仕事や家事や人生があると、表面では知っていても、理解しているとは言い難いところがあります。
 相手の立場への思いやりは全くなく、とにかく自分の欲求を優先させようとします。それでいて、自分の都合のために、相手を利用しているという自覚がありません。悪意がないのも特徴だと言えるでしょう。
 まじめで世慣れていない人は、素直に従い、いつの間にか従属的な立場に仕立て上げられます。自己愛人間は自他の境界がわからない人だということを、知っておく必要があります。
 境界線が無いとは、他人を自分の手足のように扱ってしまうことです。自分の手や足がすべきことを、時には、自分の頭が考えるべきことも、他人に丸投げしてしまいます。酷使した自分の手足に感謝し労わらないように、肩代わりして働いてくれた他者も労わりません。さながら、他者も自分の身体の一部であるかのようです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

16:28  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電