FC2ブログ
2016年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.08.27 (Sat)

自己愛障害と事実彎曲

Sponsored Link


 子供のころには、空想の世界の扉が、簡単に開きます。日常の友人関係で傷ついたとき、意のままにならないとき、アニメの主人公や芸能界のアイドル達と付き合っている状態を、ありありと脳裏に浮かべて、楽しいひと時を過ごせるのです。成長するにつれ、不都合な現実に耐え、対策を考えたりできるようになり、空想の扉はいつしか閉ざされていきます。
 自己愛性パーソナリティの人は、一見普通の人に見えますが、何か問題が起きた時、不都合な現実に目を向けようとはしません。例えば、批判や非難が人づてに伝わってきたとき、「直接言えないので、陰で関係のない第三者に話した」と受け止めず、「あの人は、相手の気を引こうとしてそんな話をしている。実際にはそうは思っていない。」と考えます。そう考えることで、傷つくことを回避しているように見えます。
 自分の問題点を跳ね除けるので、いつも心理的は元気で高揚しています。めったに凹むことはありません。
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

16:10  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.25 (Thu)

指図したがる人

Sponsored Link


 人が集まると、どのような場所でも、指示命令したがる人が現れます。名指しされて、「あれ、持ってきて。」「これ、片付けといて。」と矢継ぎ早に命令されるのでは、たまったものではありません。なぜ、自分のことは自分でやらないのか。こちらだって、暇にしているわけではないのに。それに、他の人もいるのに、なぜ、いつも自分を名指ししてくるのか。だんだん、怒りが溜まってきます。「いったい、なぜ、この人はこんなにも、わたしに嫌われたがっているのだろう?」そうした疑問も湧いてくることでしょう。相手に負担をかけたくないと思っている人は、人に命令して雑用をやらせ、自分の手間を省くことなど、考えることもしません。ですから、指示だし人間の気持ちが解らないのです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

10:21  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.21 (Sun)

万能感と他者コントロール

Sponsored Link


 他人を攻撃するような態度を取ったことのない、逆に攻撃されて悩むことの多い自制心のある人には、攻撃的な人の心理がさっぱり解りません。「なぜ、矢継ぎ早に名指しで命令して、つまらない雑用ばかりやらせようとするのか。こちらだって遊んでいるわけじゃない。忙しく立ち働いているのは、見て解るだろうに。」と、憤懣やるかたない心境にもなります。
 命令ひとつで、他者が自分の言葉通りに動いてくれるなら、思い通りに他人を操れる自分の力に、酔うことができます。酔いたいからこそ、動いてくれそうな対象にターゲットを絞って、矢継ぎ早にその人の名を連呼することになるのです。従順に従ってくれるその人の心に、憤りや憎しみが募ってくることなど、考えもしていないことでしょう。それに思い当たる人は、初めから他者を道具扱いなどしません。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

11:44  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.17 (Wed)

ポジティブ姿勢

Sponsored Link


 くよくよと過去を引きずる暗い性格は、多くの人に好まれない。何事もポジティブに受け止めて対処するのが良いことだ。誰しも、多少なりとも、こうした価値観を持っているかもしれません。
 確かに、ポジティブな人は、明るくエネルギッシュで、リーダー気質です。物怖じせず、行動力も抜群で、周囲の人を引き付ける力を持っています。
 ですが、こうした人と付き合うと、疲れを覚える人も少なくないことでしょう。ポジティブ一点張りの人は、人の心の繊細な揺れに寄り添う感性を持ち合わせません。悩み事を打ち明けられると、エネルギッシュに解決策を示そうとします。上から目線でああしろこうしろと言うので、それができるくらいなら、初めから悩みはしないと、相手は傷心を覚えるばかり

テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

10:04  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.13 (Sat)

強迫的考え

Sponsored Link


 人間関係で嫌な思いをすると、その相手と顔を合わせる集まりから、ちょっと距離を置き、自然と疎遠になってしまうのは、ありがちなことです。ところが、強迫的考えの持ち主は、それは逃げることだ、逃げてはいけない、と踏みとどまります。
 傷ついて逃げ出してしまう自分を、許せずにいるのです。何事に対しても、逃げ出してはいけないと自分に言い聞かせ、ポーカーフェースで傷ついていないふりを装います。何か対策があればいいのですが、ないままに踏みとどまり続け、さらに辛い経験を重ねてしまうことになりがちです。

テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

14:43  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.07 (Sun)

気分良く過ごすために

Sponsored Link


 こんなことを言ったら、したら、人はどう思うだろうか? 陰で非難などされないだろうか? などと考え、拒絶に合わないために、人に受け入れられそうな言動を予測して、自分の行動を決めていると、だんだん辛くなります。人に喜ばれそうだと、自分がやりたくないことばかり行っていては、自分を喜ばすことができないのですから。
 あれやこれやをやってほしいと、人から押し付けられ、気の進まない行動を取っていると、その相手が嫌いになります。人から言われたからではなく、自分がそうしたいからという理由で、それを行いたいものです。

 友人との、目には見えない境界線を越えて、相手の重荷になるほど頼ると、相手との関係は壊れていきます。皆、それぞれに自分の生活を持っているのす。多くを求めすぎると、人間関係は暗礁に乗り上げます。もたれあいではなく、相互扶助、できることをできる分だけ支え合える自律した関係が望ましいのです。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

22:21  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.02 (Tue)

依存されやすい人

Sponsored Link


 誰に対しても笑顔で接する好感度の高い人は、困った人たちに寄ってこられるという悩みを抱えていることがあります。未熟なパーソナリティの人たちから、依存されやすいのです。
 数回顔を合わせただけのよく知らない人から、電話が頻繁にかかるようになり、しかも長電話。内容は第三者の悪口や愚痴ばかり。慰めようとすると、気に入らなかったのか逆ギレし、怒涛のように罵詈雑言を浴びせてくる。いったい、この人はどうなっているの?と、わけが解らず、不愉快な思いに駆られます。

テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

08:32  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電