FC2ブログ
2016年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.11.30 (Wed)

軽く扱われる人

Sponsored Link


 はっきり言うのは相手に悪いと思い、常日頃、自分の意見や要求を抑える傾向のある人、相手に合わせ、協調することによって良い関係性を築けると信じている人は、その期待とは真逆の結果、軽く扱われ、舐められてしまうことも多々あります。
 自らを抑圧し、相手に同調しているのですから、当然ストレスがかかります。その努力が報われないのはなぜでしょうか。なぜ、これほど尽くしているのに認められず、便利な人として扱われるのか解らなくて、当惑してうつ状態になってしまう人もいるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

14:17  |  いじめ 心理的暴力  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.26 (Sat)

統合失調症 周囲が気付く症状

Sponsored Link


 統合失調症は、脳が様々な情報を統合し、処理することが難しくなる病気です。そのため、本人には病識がなく、周囲が気付くことが多いものです。
 とはいえ、周囲が症状について詳しくなければ、その奇妙な言動は理解しがたく、対応に悩まされることとなってしまいます。周囲が本人に代わって病識を持ち、治療につなげることがたいせつだといわれています。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

22:12  |  脳と精神  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.24 (Thu)

モラハラを受けた時

Sponsored Link


 人を傷つけるようなことは、言ってはいけないと、常日頃自分の言動をセーブしている人は多いのではないでしょうか。それも、時と場合によります。相手が、あなたを傷つけるような態度を取っているにもかかわらず、傷ついたそぶりを見せたら、相手に悪い、相手が傷ついてしまうと、平気なふりをしてしまっているなら、その関係性は遠からず崩壊します。
 その善意、その好意に、相手は甘え、甘えていることにすら気付かず、優しさには優しさのお返しなど返そうともせず、都合のいい存在として扱うことにも慣れきってしまいます。「この人は、どんな扱いをしても大丈夫。」と、思われてしまいかねません。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

10:55  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.18 (Fri)

付き合ってはいけない人

Sponsored Link


 誰しも、最初から危険そうに見える相手には近寄りません。疲れる人間関係は、気付いたときにはそうなっていたというケースが多いもの。自分が求めている関係性を再確認し、逸脱してしまった関係を整理することも、時には必要です。
 その関わりから、相手が一方的に利益を得、自分は支えるだけ、支払うだけになってしまったら、それはもう清算すべきタイミングです。
 なぜ、そういう関係性に陥ってしまうのかといえば、それは、相手に愛がないからに他なりません。愛がないからこそ、一方的に自分の利益を得るために、相手を利用することに痛みを感じないのです。

 モラハラ加害者は、ことばで相手を傷つけます。ほんの些細な事柄を取りあげて、延々と非難を続けます。たとえば、机の下にティッシュペーパー一つ落ちていただけで、どんな躾をしたのか親の顔が見たいと、親まで非難の対象にします。
 原因は、言うまでもなく、なじっている本人にあります。自分自身が何らかの敗北感に苛まれているからこそ、その毒を、反撃されない対象にぶつける必要があるのです。安全なターゲットに選ばれ、相手の毒をタオルのように拭きとり続けていると、ボロぞうきんになってしまいます。百害あって一利なしです。本当に自分はダメな人かもしれないと、自己評価の落ちる前に離れるに限ります。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

20:49  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.13 (Sun)

怒りを肯定する

Sponsored Link


 「あんなずるい人に、うまく言いくるめられて、体よく利用されてしまった。たいせつな自分の人生の一期間を使って、支えてしまった。悔しい。」
 後からこみ上げるこうした怒りは、自尊心が正常に働いている証です。その悔しさがあるからこそ、同じ間違いを繰り返さずに済むのです。断るべき理不尽な要求を、断れるようになるのです。もう二度と、あんな状態に陥ってたまるかという気持ちで、相手の前に立てるのです。
 モラハラ被害者に甘んじている間は、そのようには考えません。都合よく扱われていることが辛くて、悶々とした葛藤の中で涙にくれていても、なお、「そんなに悪い人じゃない」と、相手を弁護している自分がいます。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

13:25  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.08 (Tue)

自己承認

Sponsored Link


 モラハラ被害者になるような人は、「周囲の人たちに好かれたい、受け入れられたい。」という欲求を、無自覚のうちに持っています。養育者から承認してもらえなかった等の、成育歴を持っているのかもしれません。
 養育者から否定されると、そういう自分を恥じて、自己否定的な心理が生まれます。すると、どうしても、周囲から受け入れられることによって、安心を得たくなります。他者の顔いろを見て、その心中を察知する能力も、高くなることでしょう。そして、空気の読める人、気遣いのできる人になっていく人も多いことでしょう。それは、決して悪いことではないのですが、常に自己抑圧がありますから、対人関係にストレスを感じやすいものです。
 他者承認を得たい人は、常日頃の温厚な態度で、周囲から概ね好感を得ることに成功している場合も多いのですが、自分に無関心な相手、自分を嫌っている相手の存在に心を痛めます。その人が自分に無関心なのは、「私が××だから」職業や収入や交友関係や、あらゆる自分の中の無価値観に原因を求めようとします。そして、なんとか相手の関心を得ようと、あるいは、評価を高めようと頑張り続けるのです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

14:52  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.06 (Sun)

自分勝手な人

Sponsored Link


 自分勝手な人には、幾つかの共通点があります。まず、第一印象は、明るくて、人当たりも良く、誰とでも初対面ですぐに打ち解けられる親しみやすさを持っています。ですから、交友関係は意外と広いのです。
 自分勝手な人が目的志向型です。自分がやりたいことをやるために、自分の役に立つ人、協力者を常に求めています。そのため、少し関わると、相手に色々な頼みごとをするようになります。
 逆に、相手からの頼まれごとは、自分の時間を割きたくないので、言い逃れをして免れようとします。都合が悪いときは、その相手からの電話に出ない、頼みごとがあるときだけ電話する、というように。
 自分が好ましく思わない相手、陰では批判しているような相手でも、利用価値がある場合は、自分から距離を詰めようとします。薄っぺらなお世辞で、相手をコントロールし、頼みごとを快く引き受けてもらおうとするのです。わざとらしいばかりでなく、相手の実際からずれていたりするので、解る人には解ってしまいます。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

15:39  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電