FC2ブログ
2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.04.24 (Mon)

意地悪のターゲットにならない

Sponsored Link


 意地悪な人は、人の弱点を突くのが得意です。相手が困惑したり、傷つく姿を見て、楽しむという特徴を持っています。意地悪をすることに対して罪悪感がなく、嫌われることへの恐れもなく、相手の苦痛に対して共感性もないので、自分の欲求のままにを意地悪をする傾向があります。

 いつ、このような人物のターゲットにされないとも限りません。常日頃から、「場」に気心の合う仲間を作っておくことが大事です。意地悪をされても、「ドンマイ」「気にしないで」と言ってくれるだけで、受ける衝撃の量が軽減されます。
 また、そうした仲間の大勢いる人には、意地悪が近づきません。こちらが、仲間を増やすと、意地悪な人の方から、歩み寄ってくる場合も少なくありません。
 一方、「あなたは苛められやすいタイプだから」とか「おとなしくしてるからダメなんだ」というように、被害者の責任ばかりを指摘する人は良いアドバイザーとは言えません。生来の気質は、指摘されたところで、容易に変えられません。かけがえのない個性を恥じて、自己評価が下がるばかりです。
スポンサーサイト

テーマ : AC(アダルトチルドレン) - ジャンル : 心と身体

10:21  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.20 (Thu)

あなたの隣のサイコパス

Sponsored Link


 あなたの身近にいる困った人には、次のような特徴はないでしょうか。
 精力的で堂々として、遠目には、行動的で勇気のある人物、のように見える。この人の脳は、不安感や恐怖感を感じにくい構造になっています。そのため、刺激的な挑戦を求めます。
 口にする言葉も楽観的で、表面的なお世辞もうまく、人たらしです。いつも、取り巻きに囲まれていることも、多いものです。
 ですが、付き合いが長くなると、気付きます。自分の評価を上げるために話を盛ったり、日常の約束を守らなかったり、その場限りの小さな嘘が多いことに。
 そのようなことを非難されても、くじけず、心折れず、そして、懲りません。翻弄される周囲を蹴散らして、衝動のままに、我が道をいきます。そのため、つきあう人間がしばしば変わり、つきあいがなくなった相手には執着しません。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

21:48  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.18 (Tue)

良心が未発達な人

Sponsored Link


 共感とは、他者の感情を感知する能力です。この能力があるからこそ、相手に感情移入し、同情を感じます。相手に痛みを与えるような言動を慎むことも、自然にできるのです。良心は、この他者の痛みを感ずる能力から生まれます。
 利他的な脳は、側頭葉と頭頂葉が接する領域に、灰白質がより多くあると言われています。この領域に損傷を受けたり、未発達であると、道徳的判断に影響が出ると考えられています。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

10:51  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.13 (Thu)

共依存になれない関係

Sponsored Link


 支配願望が強い人は、周囲の人々を意のままに動かしたい、という願望を常に抱いています。他人は自分が有能感を感じるための道具にすぎない、とでも思っているかのように。
 もちろん、最初からそうした素を見せるわけではありません。初対面では人一倍フレンドリーだったり、気の利く態度で接してくることが多いので、多くの人は好印象を抱くことでしょう。
 ですが、親しくなるにつれ、徐々に相手に対して支配的な態度を取るようになっていきます。強い相手に守られたいと考える人とは、共依存になりやすいことでしょう。

テーマ : ありのままの自分になるために。 - ジャンル : 心と身体

16:23  |  共依存  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.10 (Mon)

相手に合わせる人

Sponsored Link


 どのような人が相手でも、微笑みながら、頷きながら、興味津々の様子で、また、内容によっては深い共感を示しながら、相手の話にとことん付き合う聞き上手な人。相手に合わせる人は、こんな人です。
 解る人には、相当気を使っているなと解るのですが、表面しか見ない人の目には、その胸の内は見えません。相手に合わせる人は、基本的に、自分を抑圧する人、我慢する人なのです。楽しそうに振舞っているからといって、楽しんでいるわけではなく、楽しさを演じる感情動労をしているのです。 生まれ持った気質もありますが、幼少期から、自由に伸び伸びと自己主張できる環境を持ち得なかった人は、このような傾向になりがちです。自己主張しても、喧嘩をしても、続いていく友人関係を経験していない人も同様です。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

11:14  |  アダルトチルドレン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.06 (Thu)

他人を利用することしか考えていない人

Sponsored Link


 他人を利用する人は、あなたに何の利益ももたらさず、あなたの時間とエネルギーを吸い取ってしまいます。悪意がなく、友人のように接してくるために、邪険にするのも躊躇われ、扱いにくいものです。
 彼らは、あなたの情報を、自分の目的を達成するために利用します。他人を利用する人は、常にあなたからなにを手に入れられるかを考えています。あなたから奪ってばかりで、与えることはほとんどしません。もっとあなたから利益を得るために、あなたが去っていこうとすると追いかけてくることでしょう。

 そうした人は、最初は他の人たちよりも人当たりがいいものです。人心に取りいる技に長けています。ですから、多くの人が最初は騙されます。見抜けません。
 ですが、しばらく付き合っているうちに、何か違和感のようなものを感じるようになります。相手の言動に、何か不快なもの、不穏なものを見つけ出すのです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

22:26  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.03 (Mon)

怒りを表現する

Sponsored Link


 腹が立っているのに、何も言い返せない。黙って、我慢している。表面上は気にしていないようにふるまい、何も言わない、ということはありませんか?
 怒りを見せないと、自分の我慢の限界が、相手に伝わりません。相手は、同様の言動を繰り返すことになります。黙っているということは、そうしてもいいという許可を与えているようなものです。
 ところが、黙っている人は、そうは考えていません。「こんなことを言われれば、あんな態度を取られれば、誰だって腹が立つに決まっている。そんなことは解りきっているのに、なぜ、あの人はあんな態度を取りつづけるのだろう?」と、傷つけてくる自己中心的で無神経な相手が、全く理解できないのです。
 そして、一人悶々とストレスを溜めこみます。その吐け口として、身近にいる相手に八つ当たりし、自らがモラハラ加害者になってしまうこともあります。それすらもできないと、やがて無気力になり、抑うつに陥ってしまう人もいることでしょう。

テーマ : ありのままの自分になるために。 - ジャンル : 心と身体

17:12  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電