Sponsored Link

意地悪のターゲットにならない

 意地悪な人は、人の弱点を突くのが得意です。相手が困惑したり、傷つく姿を見て、楽しむという特徴を持っています。意地悪をすることに対して罪悪感がなく、嫌われることへの恐れもなく、相手の苦痛に対して共感性もないので、自分の欲求のままにを意地悪をする傾向があります。 いつ、このような人物のターゲットにされないとも限りません。常日頃から、「場」に気心の合う仲間を作っておくことが大事です。意地悪をされても、...

あなたの隣のサイコパス

 あなたの身近にいる困った人には、次のような特徴はないでしょうか。 精力的で堂々として、遠目には、行動的で勇気のある人物、のように見える。この人の脳は、不安感や恐怖感を感じにくい構造になっています。そのため、刺激的な挑戦を求めます。 口にする言葉も楽観的で、表面的なお世辞もうまく、人たらしです。いつも、取り巻きに囲まれていることも、多いものです。 ですが、付き合いが長くなると、気付きます。自分の評...

良心が未発達な人

 共感とは、他者の感情を感知する能力です。この能力があるからこそ、相手に感情移入し、同情を感じます。相手に痛みを与えるような言動を慎むことも、自然にできるのです。良心は、この他者の痛みを感ずる能力から生まれます。 利他的な脳は、側頭葉と頭頂葉が接する領域に、灰白質がより多くあると言われています。この領域に損傷を受けたり、未発達であると、道徳的判断に影響が出ると考えられています。...

共依存になれない関係

 支配願望が強い人は、周囲の人々を意のままに動かしたい、という願望を常に抱いています。他人は自分が有能感を感じるための道具にすぎない、とでも思っているかのように。 もちろん、最初からそうした素を見せるわけではありません。初対面では人一倍フレンドリーだったり、気の利く態度で接してくることが多いので、多くの人は好印象を抱くことでしょう。 ですが、親しくなるにつれ、徐々に相手に対して支配的な態度を取るよ...

相手に合わせる人

 どのような人が相手でも、微笑みながら、頷きながら、興味津々の様子で、また、内容によっては深い共感を示しながら、相手の話にとことん付き合う聞き上手な人。相手に合わせる人は、こんな人です。 解る人には、相当気を使っているなと解るのですが、表面しか見ない人の目には、その胸の内は見えません。相手に合わせる人は、基本的に、自分を抑圧する人、我慢する人なのです。楽しそうに振舞っているからといって、楽しんでい...

他人を利用することしか考えていない人

 他人を利用する人は、あなたに何の利益ももたらさず、あなたの時間とエネルギーを吸い取ってしまいます。悪意がなく、友人のように接してくるために、邪険にするのも躊躇われ、扱いにくいものです。 彼らは、あなたの情報を、自分の目的を達成するために利用します。他人を利用する人は、常にあなたからなにを手に入れられるかを考えています。あなたから奪ってばかりで、与えることはほとんどしません。もっとあなたから利益を...

怒りを表現する

 腹が立っているのに、何も言い返せない。黙って、我慢している。表面上は気にしていないようにふるまい、何も言わない、ということはありませんか? 怒りを見せないと、自分の我慢の限界が、相手に伝わりません。相手は、同様の言動を繰り返すことになります。黙っているということは、そうしてもいいという許可を与えているようなものです。 ところが、黙っている人は、そうは考えていません。「こんなことを言われれば、あん...