FC2ブログ
2017年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017.12.27 (Wed)

自分の尊厳

Sponsored Link


 対等な人間関係において、相手からの要求や命令を受け入れ続けると、自分の尊厳という境界線が崩れていきます。心の境界線は目には見えませんが、この人と関わると不快だ、辛いと感じるときには、すでに壊れているものです。

 誰かと親密になりたいとき、誰かを好きになった時、ただ相手の支えになりたくて、見返りを期待せずに与え続けてしまうことがあります。だからといって、相手にとって「自由に扱える存在」になってしまっては、やがて苦しくなります。相手の言いなりになることに怒りを覚えるとき、そこにもう愛はありません。
 与えることと受け取ることのバランスが崩れた時、大きく傾いた時、その関係性は崩壊に向かいます。怒りは、「もっと大切にしてくれ」という、自尊心の悲鳴です。
スポンサーサイト

テーマ : ありのままの自分になるために。 - ジャンル : 心と身体

22:02  |  パートナーシップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.22 (Fri)

自他の境界線を置く

Sponsored Link


 誰かから軽く扱われたり、理不尽な態度を取られたら、あなたは、自分の何がいけないのか、どうすれば良い関係になれるのだろうかと悩むかもしれません。ですが、他者に対して、どう接するかは相手の問題であり、こちらの出方ひとつで動かせるとは限りません。
 動かそうとすると、嫌な思いをあたえてくる相手に取り入ろうと、スマイルで努力を続けることになり、疲れます。その上、相手の目にも不誠実そうに映り、信頼されません。

 相手の未熟さや、不機嫌さなどは、相手の責任であり、あなたには無関係です。宥めたり、機嫌を取る必要もなく、無関心で良いのです。
 そうすることで、八つ当たりや重たい依存をされることもなく、自分を守ることになるでしょう。不機嫌な人の機嫌を取っていると、心は疲れ、不健康になっていきます。あなたが背負えない精神的な重荷を、下ろしましょう。

テーマ : メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

10:21  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.16 (Sat)

人使いの荒い人

Sponsored Link


 人のおおらかさや優しさにつけ込み、次第に自分にとって都合のいい道具のように扱う人、思いあがった人には、どのような特徴があるのでしょうか。また、相手の都合や限度をわきまえない人は、どのような考え方の癖があるのでしょうか。
 
 人使いの荒い人は、そもそも、それが日常化、習慣化しています。相手の時間を奪い、負荷をかけているなどとは考えていません。周りの空気も読みませんし、読む必要も感じません。当然、悪気もありません。相手としては悪意が感じられないので、戸惑うことが多いことでしょう。悪意のない支配欲は、タチの悪いものです。

 どこかで、人を見下し、そうすることで自分の価値を確認しています。仕事がらみばかりでなく、私的な交友関係でも、友人に対してフラットな意識を持てず、いつも上から目線になりがちです。人脈は広くても、長く続く安定した友人関係を築きにくい人といえるでしょう。
 目立ちたい、注目されたい、周囲の人を支配したい、といった欲求を持っています。否定されるかもしれないという恐れにめげず、自分の欲求に貪欲な人といえます。

テーマ : メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

11:26  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.10 (Sun)

自己愛パーソナリティの自尊感情

Sponsored Link


 自己愛性パーソナリティの人は、一見自信満々なように見えて、実は自信のない人だ、などと言われます。自己中な人は、自分の都合しか眼中にありません。自分が一番可愛く、勝手な言い分や、横柄な態度で、他人を振り回すことも多いものです。
 ですが、その実、「立派な自分」の虚像しか受け入れられていないのかもしれません。他人を顎で使ってかしずかせたり、やたらと依存して構ってもらいたがったり、見え透いたお世辞に舞い上がったり、自分を良く見せるために他人を低く評価したり、それもこれも、自己像を巨大化させるための手段と言えるのかもしれません。
 自尊感情とは、どんな時も、どんな自分でも大切にする、ということです。物事がうまくいかなかったとき、周囲と一緒になって自分をバッシングするのではなく、頑張ってきた自分をねぎらってあげられることです。そうすると、他人の評価に振り回されることが少なくなります。

テーマ : メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

10:42  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.05 (Tue)

人を酷使する人

Sponsored Link


 誰しも、他者から大切に扱われたいと思っています。恋人や友人から使用人扱いされると、腹を立てるのも当然です。
 他者をなめる人には、どのような特徴があるのでしょうか。なぜなめられてしまうのでしょうか。同じ経験を繰り返さないためにも、考慮したいものです。

 人をぞんざいに扱う人には、思いやりや優しさがありません。口先だけであるふりをしますが、行為が伴いません。常に自分の都合しか眼中にありません。そのため、付き合いが長くなるにつれ、他者から失望される傾向があります。感情が浅く、冷淡だと思われることもあるでしょう。

 また、自己愛が強いのも特徴です。自分は、人を道具として扱っていいのだと思い込んでいたり、親しい相手なら、平気で約束を破っても許されると思っています。他人には無関心ですから、相手からすれば、利用されているだけと受け止められます。

 この人には、他者の痛みが解りません。関心がないのですから、想像力も働かないのです。近くに居ても遠い他人ですから、ぞんざいに扱うことができるといえます。
 基本、自分さえ良ければいいのです。自分を支えるために、他者は存在している、という生き方から離れることができません。

テーマ : メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

07:33  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.02 (Sat)

すさんだ心

Sponsored Link


 どんなに頑張って、努力し続けても、望む結果が得られず、そればかりか、思ってもいなかったようなひどい展開を迎えると、人の心はすさんでしまうことがあります。
 頑張って努力するのは、苦しいことだから、報われなければ、いつしか心の中に怒りが溜まってくるものです。正当な評価をしてもらえなかった、上っ面な感謝やねぎらいの言葉やではなく、心を通い合わせる、そうした愛に基づいた関係性に至れなかった。これまでの努力は何だったのか。掛け捨て保険で財産を失ったような心境にもなることでしょう。

 苦しい努力をしてはいけないのです。お返しは、その場で受け取ることが大事です。相手が何かプレゼントをくれるということではなく、自分がそうすることで楽しいという心境になること、なれること、これが相手からのお返しです。

テーマ : メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

15:54  |  認知と癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電