FC2ブログ
2018年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2018.01.29 (Mon)

あつかましい人の特徴

Sponsored Link


 他人に何かを頼むとき、「やってもらえませんか?」と相手に判断を委ねる口調になることでしょう。あくまでも、相手の意志が優先なのです。
 ところが、あつかましい人は、いきなり「やってください」と命令口調になります。当然、期待に応えてくれるものと、最初から決めつけているのです。相手の都合など、聞きません。人が自分の言いなりになるのが当たり前だと思っているかのようです。親しくなるにしたがって、支配的になっていきます。
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害 - ジャンル : 心と身体

22:30  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.27 (Sat)

人間不信と犯罪

Sponsored Link


 凄惨な事件の犯人が逮捕されてみると、虫も殺さないような気弱な人物像だったというような場合も、少なくありません。背景を調べると、犯人は成長期に親から虐待され、学校でもいじめにあっていたというようなケースも目立ちます。犯罪から、最も遠くにいるような目立たない人の心に、何があったのでしょうか。
 
 子供のころ、機能不全家庭で育ったり、学校でいじめにあい続けると、他者に対する愛着心が形成されません。誰か一人でも親しくしてくれる人がいるといいのですが、助けを待っていても誰も来ないと、やがて他者に対する期待を捨てるようになってしまいます。そうすることで、傷つくことを回避しようとするのです。
 やがて「人間は、自分を迫害する生物」という価値観が生まれます。自分の身近にいる加害的な人物像を、大勢の他者にまで広げてしまうのです。人種や国、性別、置かれている身分への偏見や差別も、こうした過剰な一般化のなせる業といえるでしょう。

テーマ : 不安定な心 - ジャンル : 心と身体

16:53  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.22 (Mon)

ストレスと暴力

Sponsored Link


 DV加害者は、自分しか見ていません。自分の不幸しか見ていません。そして、胸中の苛立ちを、身近な相手にぶつけるのです。傍にいて、愛を注いでくれる相手にぶつけるのです。そして、相手を傷つけます。自分しか見ていないので、相手を傷つけていることにも気付きません。

 DV加害者は、繊細で、外では周りに気をつかいすぎ、ストレスを発散できないまま抱えています。外で発散できないストレスは、欝々として彼を苛み、常にイライラした心境になり、ぶつけやすい対象、つまり反撃せず、受け止めてくれるパートナーや家族に向かって放出されます。家族に、責められる理由などないにもかかわらず。
 
 常に、自分の中のストレスで頭の中が一杯なので、パートナーを幸せにしたい、愛する家族やパートナーを幸せにするために生きたい、などと考える余裕はありません。
 パートナーからいたわりや、サービスを受け取りたい、と、常にもらうことばかりを考え、相手に与える余裕を持ちません。こんなにも大変なんだ、傷ついているんだ、だから、温めてほしい、と。相手の大変さなど、全く見えていません。
 そして、ストレスのあまりに、ある日、突然命を絶ったりする人もいます。これは、家族やパートナーを、絶望のどん底に突き落とす行為です。精神的にはもちろん、生活も大きく狂い、深いダメージを受けます。

テーマ : 自分を愛する - ジャンル : 心と身体

13:48  |  DV-モラルハラスメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.16 (Tue)

身勝手な人の特徴

Sponsored Link


 ● 人からの頼まれごとは嫌がるが、何かと人を頼ろうとする。

 人からの頼まれごとは嫌がるけれど、人に頼みごとをするときは、厚かましく遠慮がありません。自分の仕事や用事を人に振り分けて、なるべく自分の負担を減らしたいと考える癖があります。
 負担にならない程度の頼まれごとだからと、引き受ける人は後を絶ちません。その厚かましさのおかげで、いつも引き受け手に恵まれています。
 ところが、毎回引き受けてくれる人には、どんどん要求がエスカレートしていきます。ありがたみもマヒし、やってくれて当たり前、たまに断ると、怒りを露わにすることもあります。
 エスカレートの域に達して、困惑しないために、最初から、強引な押しの一手に押し倒されず、一度ノーと言ったことは最後まで断る習慣を身につけたいものです。

 ● わざとらしい見え透いたお世辞が多い
 本人はおだて上手なつもりかもしれませんが、調子が良すぎ、薄っぺらです。相手に関心を持ち、思いやる心がないので、的外れなおだても多いものです。また、安易に軽く約束して、守らないこともあるので、あまり真に受け止めない方が得策です。

テーマ : 発達障害 - ジャンル : 心と身体

07:57  |  自己愛性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.11 (Thu)

我慢する関係

Sponsored Link


 ただ一人の揺るがない親密な対象、そんな関係に早くなりたくて、あれやこれやと尽くしたり、不満や傷つきも、些細なことと我慢してしまう人は多いのではないでしょうか。なのに、一向に進展しない!!彼の口から、プロポーズの言葉が出ない。時には、もしかして、遊ばれてる?そんな不安も、ふと湧きあがってくるかもしれません。
 おいしいものを食べてもらいたくて、せっせとお弁当を差し入れしても、おいしいと言わず、固い、柔らかすぎる、味が薄い、濃すぎる、と文句ばかり。そうかと思えば、ドラマのセリフのような、歯の浮くようなセリフで気を引こうとしたり。その割に、コンタクトが少なく、頻繁に逢いたがらないなぜ?こんなに尽くしているのに!
 
無理して頑張り過ぎてしまうと、逆に、良好な関係が築けなくなることがあります。「私という彼女ができて、こんなに尽くされているあの人は幸せ者」とあなたは思っているかもしれません。ですが、相手が幸せだと感じているとは限りません。自分が大事に思っていない相手から、どれほど大切にされても、人は幸せを自覚できないものなのです。ただ、何でも言うことを聞いてくれる便利な存在ですから、手放したくはないでしょうが。
 初めは、ちょっと頼みごとをする、小銭を出してもらう、やってもらってラッキー!程度の感覚だったかもしれません。それが繰り返されると、習慣になります。やがて、当たり前になるのです。
 そうなると、尽くしている方が、重くなります。相手との関係性にメリットが見出せないと、別離を考え、悩むようになるのです。

テーマ : ありのままの自分になるために。 - ジャンル : 心と身体

14:28  |  パートナーシップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.05 (Fri)

迎合する癖

Sponsored Link


 周りの人たちを理解し、受け入れようとする協調性は、社会生活を送る上で大切です。ですが、そのために自分の気持ちを抑えすぎると、自分を苦しめることになります。

 迎合する人は、温厚で素直な人が多いものです。特に、その相手に気にいられたいという意図を持っているわけではなくとも、争いを好まず、平和を愛する気持ちも強いようです。
 他者を不快にしないよう、心配りをするのは当然、といったポリシーを持っていることも多いでしょう。そして、その温厚さで、周囲と良い関わりを持つことに成功してきたはずです。成功体験は、強化されていきます。

テーマ : ありのままの自分になるために。 - ジャンル : 心と身体

10:33  |  パートナーシップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電