FC2ブログ
2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018.04.30 (Mon)

怒られやすい人

Sponsored Link


 怒られやすい人は、悩みます。怒られない人に比べて、仕事ができないわけじゃないのに、なぜ....?と。そして、その理由にも、薄々気づいています。気が弱くて、NOと言えない自分の性格が悪いのだと。そして、その推理は当たっています。
  怒るという行為は、仕事の遂行のために、相手の間違いを改めてもらうのが目的ではありません。自分のうっぷんを晴らすために、耐え忍んでくれる相手を選んで、攻撃する行為です。ドアマットやサンドバックになってくれる、都合のいい対象でしかないのです。仕事の出来不出来ではなく、我慢してくれそうだと見込まれたのです。
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

10:14  |  いじめ 心理的暴力  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.22 (Sun)

他人を思い通りに動かそうとする人

Sponsored Link


 大人同士の束縛のない関係性の中でも、人を自分の手足のように動かそうとする人がいます。相手の都合など全く考えず、いつでも自分のニーズで、相手に連絡を取ろうとします。
 それほど親しい間柄ではなくとも、何年間も音信不通であっても、用ができた時に、突然の電話で、厄介な頼みごとを持ってきたりします。思い立ったら即行動とばかりに、引き受けてくれそうな心当たりを、次々に当たっているのです。
 自分の欲求のままに、突っ走っているともいえます。連絡した以上、相手が快諾してくれることを期待しています。
 一方、近くにいる人には、矢継ぎ早に命令し、本来自分がする身の回りの雑用さえ、他人にやらせようとします。この人にとって、人と関わることは、相手を思い通りに従えることなのです。
 人に会えば、自分の思う通りに動かしたいと思い、それ以外、どう関わってよいのか解りません。相手のために何かすると、感謝を求めます。第三者に、自分がしてあげたことを、声高に吹聴せずにはいられません。
 相手が意のままにならないと、自分の力不足を感じて、凹んでしまいます。本気で人に共感したり、本当に人の為に何かしようと感じることがありません。人と関わるということは、相手を自分色に染め、同じ考えを教え込み、自分の用のためにいつも控えている存在を得ることだと思っています。

テーマ : メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

10:36  |  いじめ 心理的暴力  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.16 (Mon)

権力者の病

Sponsored Link


 他者の苦痛に対して冷淡でいられる人は、能面のように無表情なのではありません。むしろ、そうでない人よりも、うわべは魅力的であることが多いものです。他の人よりも、親切な振る舞いが目立ったりします。それは、心のこもらない建前だけの親切です。演じている親切、仕事のように行っている親切です。ですが、付き合い始めのころには、気付けず、魅力的に見えてしまいます。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

10:44  |  妄想性人格障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.09 (Mon)

あなたをたいせつにしない人

Sponsored Link


 対等に付き合えるところが友達のいいところ、と考えている人には信じがたいかもしれませんが、
世の中には、支配願望が強く、人を都合よく動かしたいと思っている人がいます。あらゆる他人は、自分がしたいことをするための道具に過ぎないと思っているかのような態度の人もいます。

 とはいえ、すべての他者に対して、支配的な態度がとれるわけではありません。自分が従わねばならない相手と、従ってくれそうな相手を見分けるのがうまく、人によって態度を変えます。
 一方、「従順な人」と見なされて、ターゲットに選ばれてしまう人は、誰に対しても素顔で接している人です。二人が出会ったころ、支配的な人は、率先して気配りができる人、発言にもリーダー気質を感じさせる人でしょう。素顔の人は、相手の付けた社会的な仮面に、好感を抱きます。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

11:58  |  いじめ 心理的暴力  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.03 (Tue)

演技性パーソナリティ障害

Sponsored Link


 演技性パーソナリティ障害の人は、表現力が豊かで、生き生きとしています。周囲の目には、こんなふうに映ることでしょう。
〇 目立ちたがり屋といった印象。
〇 大げさな表現。
〇 遠目には魅力的に見えるが、付き合ってみると深みがない。
 さらに、親しい人は、下記のような特徴に気付くことでしょう。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

20:39  |  発達障害の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
ラティース太陽光発電