Sponsored Link

FC2ブログ

思い上がった人

 仕事をしているときに、自分の仕事を、できるだけ他人に押しつけようとする人には要注意です。人に仕事を押しつけることが常態化していると、人を見下すようになっていきます。相手は自分のために労を惜しまず働き、自分は相手をこき使うことができるのですから。相手よりも自分の方が、力のある存在だと受け止めるようになっていきます。 やってもらえることが当たり前が続くと、感謝の念はわきません。逆に、意のままにならな...

新入社員へのハラスメント

 まだ充分に仕事を把握していない新入社員は、上司、先輩から、攻撃の対象になりやすいものです。毅然として反撃できる実績を持ち合わせない新人には、些細なこと、どうでもいいようなことでも、難癖のつけ放題です。 「まだ入社2日目なのに、いったい私の何がいけなくて?」と、当事者は、攻撃される理由も思い当たりません。 こうした場合、弱い者いじめの風潮が、あなたが入社する以前から、すでに蔓延していることが多いも...

慎重な人

 慎重な性格で、他人とのいさかいを好まない人は、不意打ちに攻撃されたような場面でも、すぐに反撃の言動は取りません。まず沈黙し、何が起きているのかと注意深く考えます。さらに多くの困難を引き寄せないよう、考慮しているのです。そうしているうちに、加害者のやりたい放題になってしまうことも、少なくありません。 慎重な人は、感情表現も乏しいものです。ポーカーフェースで白を切るのは得意なことでしょう。傷ついても...

他人を従わせたい人

 「みんな、私に従いなさい。」と、心の中で思っている人は、事あるごとに、それを態度に出します。大きな事から、些細なことまで、常に他人の上に立たなければ気が済みません。 思い通りにならないとイライラを募らせ、相手を叱責したり、そうできない場合を、相手を罵り、人格を否定し、あざわらいます。そうまでして、自分への批判は蹴散らします。彼らは決して自分の非を認めたり、反省しようとはしないのです。...

利己的な人

 利己的な人が誰かと関わる理由は、メリットがあるからに他なりません。メリットだけを追求しすぎることが、問題と言えます。つまり、頼みたい用があるときだけ連絡を取ってきて、丁重な、説得力のある物言いをします。 ところが、用が済んでしまうと、それ以上の付き合いをしようとしません。連絡があるのは、次に用があるときです。愛想も良く社交的ですが、自分の都合主義ですから、いつまで経っても用件だけの付き合いに終始...

思いやりのない人

 思いやりは、他人の痛みを自分のことのように感じられる共感性と、相手の立場に立って考えられる想像力の産物です。 思いやりがない人は、周囲の人々に無関心な傾向が見られます。相手が、「こういう事情で今大変だ」とぼやいていても、自分のことだけに興味関心があるため、手助けしようとはしません。 「それじゃあ、この頼み事はやってもらえないな」と考え、「やりたくないために、忙しいふりや、体調不良のふりをしている...

傍らのサイコパス

 出会ったときは、生き生きとした魅力的な人だと思った。ところが、付き合ううちに、何か背筋に鳥肌だつような違和感、あるいは不快感。 直感が教えてくれる危険信号に、目をそらしてはいけません。その人は、巷に生きるサイコパスかもしれません。大胆不敵なところが、当初は魅力的に見えても、やがて、それは他者への配慮の希薄さに裏打ちされていたと知ることになります。それ故に、仕事の推進力に優れ、成功を収めることが多...

正しさの病理

 自分の落ち度を指摘され、謝罪するのは辛いシーンです。なかったことにしたい!けれど、気付いてしまった以上できないものです。 ところが、「いつも正しい人」は、抗議してくるその人を、劣った人、間違っている人に仕立てます。聞くに値しない意見しか言わない人にして、幕を下ろすのです。そうすることで、自らの優位性を保ちます。 「いつも正しい人」は、イメージや外見を大切にします。常に、善良であると周囲に思われる...