Sponsored Link

FC2ブログ

邪視 ぞっとするような目つき

 一見、人当たりのいい人、普通に温厚そうな人、その人が、一瞬見せた視線に鳥肌が立ち、いついつまでも焼き付いて離れない。あの目つきの意味は、何だったのだろう....。 目は心の窓。悪意は、垣間見せる目つきに現れます。その一瞬の目つきに、何やら常軌を逸したものを感じたならば、その人が精神病質である可能性があります。あるいは、あなたに対する破壊願望、秘めたる攻撃性の露見と言えるでしょう。 その人が、「わたし...

友人になれない人

 初対面から、やたら親しげに近寄ってきて、人懐っこい。ところが、しばらくすると、どんどん利己的になり、一方的に、とことん相手を利用する人。利用価値がなくなったら、豹変して切り捨てようとする人。 ひどい目にあってから、ああ、こういう人だったんだ、とわかる次第。できれば、もっと早く気づきたいものです。いつまでたっても友達にはなれない、ならない方がいい、このような人たちの見分け方はあるのでしょうか。 そ...

サイコパスのプロフィール

 前頭葉は、人間の最も人間らしい脳ですが、この部位が不活発であるために、サイコパスは社会の中で調和して生きる資質が欠けています。彼らは利己的で、他人を支配したがります。良心は、他者に感情移入することから生まれますが、サイコパスには他者の心情を察する感性がありません。相手の身になって考えることができないのです。従って、感情移入や共感に基づく、暖かい人間関係を築けません。関心は、いつも自分に向いていま...

サイコパス・パーソナリティ

 その人の第一印象は、明るくて人当たりが良くて、周囲の人たちから際立っていたことでしょう。初対面の人にもさりげなくティッシュペーパーを差し出したり、お茶を配ったり。気の利いた人に見えたはずです。 温厚で慎重な人は、見ず知らずの大勢が集まる会場で、こうしたパフォーマンスはしません。付き合いが長くなると、その人の優しい気質が解ってくるといった次第です。 派手な気遣いを見せる人は、無意識のうちに、他者の...

サイコパスからのサバイバル

 その人が誰かを蔑む、信頼を裏切る、利用した後で手のひら返しの冷たい態度をとる、といった行動を見せたら、あなたはどう思うでしょうか。「✖✖さんにも問題ありだから仕方ない。わたしは、こんな扱いを受けることはない。」と思って、被害者の問題にするでしょうか。 その人が誰かに心無い扱いをしたならば、遅かれ早かれ、あなたも同じ扱いを受けるでしょう。その人と、特別な関係だからと言って、被害を免れられるわけではあ...

DV 言いなりになる被害者

 言葉や拳で暴力に及ぶパートナーと別れずにいる被害者は、その被害が自分の子供に及んでも、身を挺してかばい、守ることができません。見て見ぬふりをしたり、むしろ、加害者に協力的であることさえあります。 パートナーを失いたくない、その欲求が強いのでしょう。そのためなら、相手の言い分を何でも正当化してしまいます。依存心が強くなると、本来持っているはずの「自分軸」が働きません。その結果、自分だけでなく、ペッ...

壊れた境界線

 配慮を欠いた強引な人は、いつも強気で、一見仕事ができる人に見えますが、多くの対人関係の失敗を繰り返しています。そのため、根底に劣等感を抱えていることも少なくありません。 劣等感を抱いていると、人と人との違いをそれぞれの個性とは受け止めず、自分を軸に、人間関係を全て勝ち負け、上下で考える傾向がかなり強いものです。学歴、社会的ポジション、収入、性別、国籍などなど、差別の対象となります。チームを組んで...