Sponsored Link

FC2ブログ

急性ストレス障害

 自らの対処能力を超える大きな危機的状況を体験することで、心身にさまざまな反応や症状が現れます。急性ストレス障害は、事件後数日から1か月ほど継続します。 危機的状況の体験後に起きやすい身体の反応には、下記のようなものがあります。● 恐怖感からくる持続する動悸、それに伴う不眠。緊張感による過覚醒、血圧の上昇。● 食欲不振、下痢、吐き気。ストレスによる亜鉛の大量消費が引き起こす味覚障害。★ 思考は混乱。...

すくみ反応

 差し迫った危険に遭遇した時、その脅威に、私たちは血の気が引き、凍りつきます。瞬時に、闘争、逃走はできません。後になって、なぜ、あの時・・・と後悔することもあるでしょう。 すくみ反応は、動くことによって捕食者の注意を引かないよう、多くの動物に選択されてきた生存手段です。ヒト社会では、生命の危機を伴わない人間関係状のシーンでも、すくみ反応は容易に起こります。状況を見極める前に、へたに動かない方がいい...

孤独に沈むとき

 周りはみんな敵ばかり。恋人や友人、家族は居ても、力になってはもらえない。みんな、それぞれ、自分の人生に忙しいし、この困難をバッサリ解決できるスーパーパワーを持っているわけでもない。孤立無援、天涯孤独。 青天の霹靂のように突然訪れた人間関係のトラブルに、必死に立ち向かい心身ともに消耗したあなたは、こうした殺伐とした心境で日々を過ごしているかもしれません。今の自分を救ってくれる人は、誰もいない。そう...

恐怖に暴走する脳

 ある日突然、交流のない近隣の住人から得体のしれない嫌がらせを受ける。しかも、来る日も来る日も繰り返され、次第にエスカレートする。このような、いやがうえにも強烈なストレスを感じるとき、脳内では何が起きているのでしょうか。 最初に起きるのは、視床下部、下垂体、副腎皮質系の反応です。副腎皮質から、副腎皮質ホルモンが放出します。負傷などの非常事態に備えるのです。同時に、交感神経の興奮が起きます。闘争か逃...

TSD 急性ストレス障害

 心的外傷体験を思い出すのは恐ろしいので、思い出させる場所や人を避けようとします。趣味や仕事に没頭して、なるべく気を紛らわせるように努力します。 一方で、常に警戒している状態(過覚醒)になっています。不穏な動きがないか、加害者の動向を常にうかがっています。不安が払拭できず、神経は過敏で、加害者から自分の気配を消すように、息をひそめて生活しています。リラックスできず、心も体も疲れ切っています。...

断れない人

 断る事が苦手な人は、少なくありません。「相手の気分を害したり、相手との関係性を悪くしたくない。」という心理が働いているのではないでしょうか。 そして、断るスキル、断った経験が少ないということもあげられます。引き受ければ、どんどん頼みごとが増えてくる、といった人には縁がなかったのかもしれません。少々厄介な頼まれごとも、やってあげれば、それなりに感謝してくれ、よかったなと納得できることが多かったのか...

緊急避難

 特定の他者からの執拗な攻撃にさらされ、孤立無援、ただ、耐えるしかない状態に置かれたとき、人の心は疲弊してしまいます。心だけにとどまらず、何もできないほどの虚脱感や、激しいめまい、動悸、頭痛、微熱など、多様な身体症状が現れます。 このような症状を抱えた中で、なお、逃げてはいけない、逃げるのは負けることなどと、自分を責めてはいけません。もう、充分戦ってきたのです。...

急性ストレス障害

 思いもかけない突然の恐怖を伴う出来事を体験すると、心身ともに、様々な反応が起きます。突発的な事件が起きた直後、それに耐えた体に起きる症状には、次のようなものがあります。●毎日続く頭痛●胃の痛み 食欲不振 吐き気 味覚障害(食べ物の味が解らない 美味しくない)下痢●動悸 不眠 ●数日にわたる微熱●手の震え●眩暈(何時間も続く 繰り返す)●疲労 倦怠感 眠気...

フリーズする人

 対人トラブルに遭遇した時、勝気な人は闘争を選びます。相手に抗議し、対決し、何らかの結論を得ようとします。敵わないと見て取った人は、さっと距離を開けて、逃走を図ります。そのどちらをも選べない人が、フリーズしてしまうのです。 抗議する勇気はないけれど、引き下がるのは悔しい、間違っているのは相手だという正義感、気の強さから、戦う力もないのに戦場に留まってしまうのです。この人の過去には、すぐに逃げ出さな...

恐怖に襲われたとき

 戦争中の国にいるのではない限り、いきなり建物の陰から敵兵が飛び出してくることはありません。ライオンに遭遇することもないでしょう。ですが、平和な社会にいても、特定の状況に対して恐怖を感じるシステムは、脳の中に備わっています。繊細で感受性が強い人ほど、そのシステムは喚起されやすいものです。 平和な社会と言っても、人々の日常は小さな諍いに満ちています。繊細で感受性が強い人は、それを回避するために、距離...