Sponsored Link

FC2ブログ

責任感がない人

 責任感のない人は、気分屋でもあります。その日の気分で、言うことがコロコロ変わります。自分の発言や行動、考え方に一貫性がありません。昨日言っていたことと真逆の意見を、今日は言います。周りからは、自分軸のない人と思われ、信頼されません。自分の発言に責任を取らないのですから、無理もありません。 責任感がない人は、自分の言動が相手に与える痛手に、想像力が及ばないのです。どうすれば自分が得をするか、損をし...

やさしさと自己犠牲

 優しい人は、自己犠牲的な人なのかといえば、当然そうではありません。ですが、そこのところをはき違えて、他人に自己犠牲を要求する人もいます。 本来のやさしさは、心の底からにじみ出るもの、湧き出すものですが、自己犠牲的なやさしさは、演出されたやさしさ、内面にはないものなのです。立派な人だと評価されたい、相手からの好意好感が欲しい、などの目的があっての戦略なのです。 とはいえ、本音との乖離には、苦痛が伴...

責任を感じない人

 一度、言葉に出して何かを約束すると、当然、相手はそれが実行されるものと信じます。ところが、責任感のない人の言葉は、吐き出されて、空中に消えて、それで終わりです。実行しなければならないという意識が、そもそもありません。自分の言動がどういう結果をもたらすかという想像力が、希薄なのです。「あの時は、そう思ったから言ったけれど、今はそう思っていない。」というのが、その人の言い分です。 当然、人間関係は長...

理不尽な攻撃

 「いったい私が何をしたというの?どうして、こんな扱い受けなきゃならないの?」驚いてフリーズしてしまい、あなたは何も言い返せません。言われっぱなしで、反撃もできないでいるうちに、相手は去ってしまいます。怪我は衝撃を受けた瞬間よりも、後になって痛みが増してくるもの。言い返せなかった悔しい思いに、あなたは悶々と眠れぬ夜を過ごすことでしょう。 言い返せない理由は、突き詰めると、恐怖心に他なりません。さらに...

暴言が許せない

 過去に自分を苦しめた相手が許せないのは、よくある心理です。もう忘れたはずなのに、同様の出来事に遭遇すると、昨日の事のように蘇ってくることもあります。 上司や同僚に言われた言葉が許せない、という場合、多くは、それを自分の事として、心のど真ん中で受け止めすぎているのです。そんなことを言われる筋合いはない、なぜ、そんなことを言われるのか解らない、と。...

いじめられ脱出

 素直で気立てのいい人は、時にいじめのターゲットになりやすいものです。そのような人は、無意識のうちに「誰とでもうまくやっていきたい」「嫌われたくない」「みんなに好かれる自分でいることによって、環境が安全なものになる。」と考えている傾向が強いものです。 そのため、自分を出さず、いい人を演じているシーンも多々あります。それが、正しいソーシャルスキルだと信じてもいます。 ですから、相手に意見する、時には...