Sponsored Link

FC2ブログ

人を洗脳する人

 一人旅で災難に遭遇した時、「どうかしましたか?」と声をかけられると、天の助けと思ったりしませんか?交通手段がなくて立ち往生しているとき、「同じ方向へ行くので途中まで送れますよ」と車のドアを開けられたら?下心を持つ人は、相手の警戒心を解く親しみやすさを演出するのが得意です。 不安な時、心もとない時、ワラにもすがる思いで、人はワラを握りしめたりするものです。それが、役にも立たないワラだと知っていてさえ...

いい顔の限界

 ちょっとした頼まれごとは、ちょっとの労なら苦にならないので、快く引き受けますが、ちょっとのつもりがちょっとで済まないこともあります。 イベントのポスターを描いてほしいと頼まれ、軽く引き受け、仕上がったものを送ると、「ここは訂正して。こんなふうにして。」と、訂正を要求され、希望通りにしても、またまた訂正の要求・・・。「▽▽さんからの許可が降りないの。ここはこうして欲しいって言われて・・・」「だったら...

嫌がらせする人

 嫌がらせする人は、被害妄想が激しいのが特徴です。他人の何気ない行動を悪意に解釈し、自分が被害者だと思い込み、正当防衛の攻撃を繰り出します。がむしゃらで闇雲な、常軌を逸した執拗な攻撃です。 そういう自分が、実は加害者だとする認識は持てません。客観的な視野を持てないのです。そのため、不都合なことは、全て、責任転嫁します。自分が犯した事を、猫が、虫がやったと主張して譲りません。 自分の望み通りになれば...

初対面でディープな話をする人

 子供のころ、いじめにあった、虐待された、そうした深い心の傷は、何年経っても、相手が親しい友人やパートナーであっても、なかなか口にはできないものです。誰しも、当時の辛い感情を、追体験したくはないのです。 ところが、中には、ほとんど初対面といっていいほど面識の浅い人に対して、いじめや虐待で辛い子供時代を過ごしたと、尋ねてもいないのに話し出す人がいます。人との距離感が解らない人なのだろうかと戸惑いなが...

いじめ加害者心理

 相手を怒らせるようなことをしたわけじゃない、むしろ、仲良くやっていきたくて、笑顔のあいさつを心掛けたり、あれこれ心配りもしている。なのに、いつの間にか、敵意を向けられてしまっている。毎日が辛い・・・。 人付き合いに気を使って、常に自分に我慢を強いている人には、加害者心理は、どう頭をひねってもわかりません。いわれのないいじめに、毎日苦しむばかり。...

臆病な人

 鈍感な人は、コワいもの知らずな大胆さを発揮し、繊細な人は、必然的に臆病になります。危険な兆候を少ない情報から察知し、最悪の展開を想像しやすいのです。危機を回避するための、これは重要な能力です。半面、取り越し苦労が多く、精神が疲弊しやすい欠点もあります。 「傷つかないように」これが、繊細な人の生き方の基盤です。未知のものは避け、不安なものからは逃げ、失敗は避けられても、同時に、得られるものも少なく...

サディスト

 サディストは、他者を傷つける言動を楽しみます。対象者の傷ついた様子を見ることで、快楽を得るのです。 対象者に対する嫉妬心であるとか、職場での地位確保といった目的を持たず、純粋に快楽のために手ごろなターゲットを苦しめます。相手に打撃を与えうる自らの能力に、陶酔する傾向もあります。多くの人目のある職場等で、暴言を浴びせるなど、ターゲットを辱め、貶すことを好みます。 他者の心情に鈍感で、不用意な言動を...

ネチネチ嫌味を言ってくる人

 言いがかりにすぎないような嫌味を、ねちねちといつまでも言ってくる粘着質な人に、心当たりはありませんか。 まじめな人ほど、そうした態度を取られる原因を自分の中に探そうとします。こちらに非もなければ、相手を攻撃したわけでもないのに嫌われていることに、傷つきます。 言い返せない、論破できなくて悔しいと、自分を責めもするでしょう。ですが、この類の相手に、心を痛めること自体、時間とエネルギーの浪費かもしれ...