Sponsored Link

自分勝手な人に振り回されないために

 自分勝手な人は、人の話を聞きません。頭の中は、いつも「自分の都合」だけでいっぱいです。相手にも都合があるなどと言うことは考えてもいないか、それは相手の非難されるべき特徴であるかのようです。自分の都合に合わせるべきなのに、そうしないと。

 繰り返し聞かされていると、いつの間にか洗脳されたようになってしまうので、要注意です。都合に応じられなくて申し訳ないなどと、罪悪感を感じてしまうと、相手の思うつぼです。
 常日頃、頼み事が多く、強引に自分の価値観に巻き込もうとするのも特徴です。いつだって自分が一番で、他人は見下す対象といった傲慢さがあります。

 誰かが困っていても手を貸すこともしません。その人が自分の問題に手いっぱいで、頼みごとを引き受けてくれる余裕があるのかどうか、それだけが関心の的です。
 あなたが体調が悪いときの、相手の対応を観察してみましょう。同情している感じもなく、自分の用事を引き受けられそうかどうか、様子を伺っているはず。場合によっては、引き受けたくないために、仮病を使っているのではないかと、疑うことすらあります。

Sponsored Link

容易に相手の期待に応えられない体調の悪いときこそ、相手の正体が解ります。仮病を疑ったり、体調管理が悪いと叱ったり、苦痛に喘いでいる相手へのいたわりが感じられません。
 このように、自分勝手な人は薄情なのですが、自分だけのために一生懸命なので、気付けません。耳の痛い忠告は、いつだってシャットアウトです。忠告する人の人間性を非難することに終始します。

 自分勝手な人は、頼み事が多く人任せです。いつも人に甘え、誰かにやってもらうばかり考えています。あなたが、最初にノーを言わないと、その表面的な態度だけで、この人は従順な人がらだと勝手に決め込み、どんどん甘えてきます。
 甘えながら、それを正当化し、期待に応えないと非難するので、厄介な相手とも言えるでしょう。他の人を見下す発言が多いので、安心して信頼関係を築くのが難しいことでしょう。
 こちらが友人だと考えて引き受けていても、相手にとっては便利に利用できる対象だったと気付いた時、かなり傷つくことでしょう。無理をして付き合えば付き合うほど、消耗します。ほどほどの距離感が大切です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する