Sponsored Link

FC2ブログ

自己愛パーソナリティの自尊感情

 自己愛性パーソナリティの人は、一見自信満々なように見えて、実は自信のない人だ、などと言われます。自己中な人は、自分の都合しか眼中にありません。自分が一番可愛く、勝手な言い分や、横柄な態度で、他人を振り回すことも多いものです。
 ですが、その実、「立派な自分」の虚像しか受け入れられていないのかもしれません。他人を顎で使ってかしずかせたり、やたらと依存して構ってもらいたがったり、見え透いたお世辞に舞い上がったり、自分を良く見せるために他人を低く評価したり、それもこれも、自己像を巨大化させるための手段と言えるのかもしれません。
 自尊感情とは、どんな時も、どんな自分でも大切にする、ということです。物事がうまくいかなかったとき、周囲と一緒になって自分をバッシングするのではなく、頑張ってきた自分をねぎらってあげられることです。そうすると、他人の評価に振り回されることが少なくなります。

Sponsored Link

自己中心な人は、欠乏を他者に満たしてもらおうとします。他人に依存的になる一方で、過干渉にもなります。いずれも自他の境界が希薄で、「他人を使って」自分を満たそうとしているのです。
 コミュニケーションのスキルだけを身につけても、他者への癒着的な態度がある限り、人間関係の問題が生じます。身に着けたコミュニケーションスキルを使って、口先三寸で他人を操作し、自分の責任を回避したり、他者を支配するといった態度を続けていると、常に対人関係は不安定です。

 自己愛的な人は、他人を利用する対象と捉えています。自分の役に立たない人間には、価値がないという理屈になります。
 人それぞれの人生の、苦楽を慮り、上か下かではなく、同じ人間として平等な意識を持てるかどうか、動物も含めて、他の生命を、自分を、かけがえのない、唯一無二の存在として扱っているかどうか。これが自分を尊重し、他者を尊重する慈愛の心といえるでしょう。
 自分自身をかけがえのない存在と捉えていれば、おのずと自分をたいせつにできることでしょう。どんな人と付き合うか、どんな話し方をするのか、その選択にも自尊感情は反映されます。
 自己愛性パーソナリティの人は、自分が輪の中心でいるために、自分が受け入れられない人たちとも関わろうとします。受け入れられない人ですから、愛のある姿勢は示せません。すると、相手の存在理由は、自分にとって役に立つことだけになってしまいます。
スポンサーサイト
テーマ: メンタルヘルス | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する