Sponsored Link

搾取的な人の特徴

 搾取する人の第一印象は、際立って良好です。人当たりはとてもよく、誰の目にも明るくて親しみやすい人と映ることでしょう。リーダー気質で、行動力もあります。
 人間関係を、上下関係にしたがる傾向が強いといえます。対等でフラットな友人関係を、望んでいないかに見えます。友人知人も、自分のビジネスに利用しようとするので、ヒビが入ったり、距離が開くことも少なくないことでしょう。
 文句を言わない人が傍に留まり、下位のものと位置づけられ、日常的に搾取され続けることになります。
 押しの強い、時には恥を知らないリーダー気質ですから、人を使うことには慣れています。指示を受けてくれる相手には、どんどん負荷をかけていきます。
 一見、自己愛の強い人に見えますが、健全ではありません。相手を、自分よりも劣った存在と見なし、見下す癖があります。
 口がうまく、弁が立つので、そうした本心を隠し、相手を言いくるめる才に長けています。
 また、自分に協力し続けてくれた人たちも、必要がなくなれば、あっさりと切ります。相手の立場や心情を、慮ることに注意を払いません。基本、自分の役に立つか、否かです。情緒的な関わりを、求めません。

Sponsored Link

一方、搾取されやすい人は、強い人に庇護してもらいたいという欲求を持っていることも多いものです。他人と対立することが怖く、常日頃、他人の怒りを買わないよう、用心深く行動していることでしょう。自分の意見を言おうとすると、周囲が受け入れてくれるかどうか気にかかり、緊張することでしょう。
 受け入れられたくて、他者にはいつも親切ですが、支払ったコストが大きい割に、少しも感謝されないと感じています。収支のバランスが取れていないと、悩んでもいます。
 庇護を求める人は、自分には力がなくて、大きな難問を解決できないと思っていますが、支援を求めることなく、日常を過ごしています。一方、搾取する人は、非常に依存的で、自分の身の周りのことすら、人にやってもらいたがります。庇護を求める人に、救いの空約束をしながら、日常生活は依存し、搾取し続けるのです。
スポンサーサイト
テーマ: メンタルヘルス | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する