Sponsored Link

FC2ブログ

つけあがる人

 誰しも、馴染の少ない相手には、少々気分を害しても、寛大な言葉を返してしまうのではないでしょうか。それは、社交辞令ですから、当然本音とは違います。内心、むっとしているだろうなぁと、相手も察していることでしょう。
 ところが、社交辞令のやさしさに、どんどんつけあがってくる相手もいます。この人は、優しい、弱々しい性格なのだと勝手に決めて、その寛大さにつけこんで、次第にあつかましくなってくるのです。
 自分の中で、許される枠をどんどん広げて、あれをやってくれたのだから、これも引き受けてくれるよね、とばかりに相手の許容を当然と考えていきます。本人に悪気はなく、相手にとって迷惑で不快なものだとすら気づいていません。

Sponsored Link

相手の善意につけ込む人には、下記のような傾向があります。

 やたらとテンション高く、感謝のことばやきれいごとを並べたてるのですが、どこか薄っぺらで真意が感じられません。ありがとうがとても軽いのです。決め台詞を並べたてているだけで、内心はやってもらって当然と考えているかのように見えます。
 つけあがる人の極めつけの特徴は、他人を見下していることでしょう。これは、ある程度、付き合いが長くならないと見えてこないことですが。
 自分の考えや価値観を基準にして、異なる他者のあり方を問題がある、劣っているという見方をするのです。ただ、単に個性が違うとは考えません。視野が狭いのか、経験が乏しいのか、人それぞれに違った人生ドラマがあることを想像しにくいのかもしれません。自分を基準に、違う生き方をしている人たちを内心軽んじていると、他人が自分のために何かをしてくれたことに、感謝できません。してもらって当たり前の感覚になっていきます。
 想像力の貧困は、同情や共感の乏しさを生むのです。共感のないところに、優しさや慈愛も生まれません。さすがにそれではまずいと、あるふりをすると、薄っぺらなキレイごとになってしまい、相手の心に響きません。
 他者の善意につけ込む人は、未だ愛することを知らずにいる人かもしれません。愛がないからこそ、相手を利用価値として使いながら、その相手をありのままに受け入れようとはせず、それでいて、利用するために手放そうともしないのです。
スポンサーサイト
テーマ: メンタルヘルス | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する