Sponsored Link

FC2ブログ

嫌われるのが怖い

 人間関係に疲れてしまう人は、誰に対しても「良い人」であろうとしています。意識していい人を演じているわけではないのですが、基本、他者に対して好意的なのです。
 そうした人は、自分に近づいてくる相手に対して、誠意をもって接しようとします。ところが、向こうから積極的に近づいてくる人は、いい人ばかりとは限りません。むしろ、何か思惑があったり、他の人間関係がうまくいかない人が、受け入れてくれそうな相手とみなして近づいてくる場合もあるのです。

Sponsored Link

関わる人すべてと良好な関係を持とうとすると、相手の真意を見抜けなかったり、最初から嫌ってくるような相手に当惑し、傷つくことも少なくありません。
 人に好かれるか否かが自己価値と結びついていると、嫌われた方がいいような迷惑な人に嫌われた場合にさえ、自分の価値を低く感じて苦しみます。どのような相手とも良好な関係が結べるかどうかが、自分の人格の判断基準になっていないか、注目してみてください。
 人からどう思われるかを意識しすぎると、好感を得られるであろう言葉を口にし、本音を隠します。負担の多い頼まれごとを引き受け、場合によってはお金も無心されるままに貸し続けるかもしれません。そして、人間関係に疲れてしまうのです。
 誰かから嫌われないことは、自分の時間やお金や利益を手放すほど大事なことでしょうか。人の目を気にして、着たい洋服も着られないのでは窮屈です。
 人は、それほど注目してはいません。みんな、自分の人生を生きることに忙しいのです。相手の好意を媚びる姿勢を、むしろ、うっとうしく感じる人もいるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
カテゴリ: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する