Sponsored Link

粗末に扱われる人

 相手の好意や好感を得るために、自分を抑えて相手の意見を優先したり、周りに合わせたり、という経験はありませんか。親しくなれば本音も言うけれど、それまでは建前で付き合い、相手を傷つけるかもしれないような意見は決して言わないという戦略です。
 自己主張は控え、相手の頼み事も引き受け、相手に主導権を渡してサポートに甘んじる、といった傾向も顕著といえそうです。だからといって、けっして自主性や自信がないわけではありません。それを露わにしないだけのことです。

 いつもいい印象を心掛けて笑顔でいるので、周囲に、ふんわりした優しい印象を与えていることでしょう。確かに、優しい人には違いありませんが、受け取り手によっては、自信や自主性が無い、周囲の意見に流されやすい人に見えることもあります。
 相手に悪いと思ってノーを躊躇う気遣いを、素直に受け取り、「もっと要求しても大丈夫。この人は文句を言わない。」となめてかかる人も少なくありません。相手の優しさにつけ込み、攻撃したり、顎で使ったり、感情のゴミ箱にしたり、そうすることで優越感を感じ、自分の価値を確認しようとするのです。
 棘のない人の周りには、そうした人を標的にして憂さ晴らししたい、満たされていない人が寄ってきます。反撃されて痛い目に合う恐れがありませんから。

Sponsored Link

もちろん、そのような人がすべてではありません。たまにそのような対象が現れるからこそ、自分の何がいけないのかと戸惑うのです。爪を出して相手を引っ搔いたわけではないのにと。
 そして、平和を愛する人は、そのような相手からも好意を得ようと奔走します。何らかの理由で、あなたを、「虫が好かない人」と思っている相手からの好意も欲しいのです。自分はといえば、内心その相手を嫌い、受け入れられずにいるにもかかわらず。
 
 幼少期に受け入れられなかったトラウマが、背景にあることもあるでしょう。そのために、拒絶や孤立を恐れ、受け入れられるために自分に我慢を強いる癖が身に着いているのかもしれません。
 他の人たちは、みんな仲良し。自分だけが、いつものけ者にされる。そうした思い込みがあるのかもしれません。
 自分を嫌う人、いじめる人の愛を乞う必要はありません。そのような努力をしなくとも、好意的に接してくれる人とだけ、親しくすればいいのです。
スポンサーサイト
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する