Sponsored Link

厄介な人に振り回されない生き方

 なぜか、厄介な人、変な人に絡まれやすい人もいます。内心、人に利用されてると思うことも多く、ストレスや怒りを抱えていることでしょう。
 そうした人たちは、他者を言葉で傷つけないよう、言葉を選び、自分の感情も抑えてしまう癖が生き方になっています。そうする事が、他人に受け入れられ、良好な関係を築く唯一の方法だと、学習してきたのです。そして、それ以外の方法があるとは知りません。
 常に相手を気遣い、寄り添おうとしている、それなのに、時に、相手から大切にされず、イライラの捨て場所扱いされたり、道具のように利用されたり。多くの人とは概ね良好な関係を築けるだけに、たまに遭遇する厄介な人に、「何故?」と理解できません。

Sponsored Link

 他人に迎合する生き方は、実は成長期に築かれています。幼児期に、受け入れられ、見守られる環境がなかったと思えます。
 親から、否定の言葉しかもらわなかった子供は、自分の人格を受け入れることができません。他人にも、「自分のような人間は受け入れられない」と思っているので、受け入れられるために、懸命の努力をするのです。
 相手の意見に同調することによって親密になろうとする人は、反対意見を堂々と口にして、相手を納得させようとすることはできません。当然、その存在感は軽くなります。気付いた時には道具のように扱われている、といった事態にもなりかねません。
 人に受け入れられなかった、疎外されてきた辛い過去があるからこそ、孤立するのが怖いのです。
友だちをたくさん増やし、そのためには相手に迎合もし、周囲にたくさんのファンを集めることで、平安な状態を築きたいのです。

 そうした人のところに、厄介な人はつけ込んできます。主体性のない人、相手に合せるだけで、顔色を伺ってビクビクしている人。そういう印象を与えると、この人なら、イライラの吐け口にしても怒らない、逃げ出さないだろう、と舐めてかかります。
 慰め、励ますことで、相手のイライラを落ち着かせたとしても、その人はまた、吐け口を欲しがることでしょう。必要な時、苛立った時に、いつも連絡してくるようになることでしょう。与えられて感謝ではなく、もっと欲しがるようになるのです。

 自分にないものを人に与えることはできません。まず自分自身をいたわり、受け入れ、守ることが先決です。相手に媚びることによって人からもらおうとするのではなく、自分自身をエンパワーメントするのです。
 認められ、守られてこなかった子供は、自分に難があると信じ切っています。親から、毎日、耳にタコができるほど、そう言われ続けてきたのだから。
 自分の身に何が起きたかを振り返り、自分を守るための直観力にしましょう。もう、危険には近づかないために。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する