Sponsored Link

すさんだ心

 どんなに頑張って、努力し続けても、望む結果が得られず、そればかりか、思ってもいなかったようなひどい展開を迎えると、人の心はすさんでしまうことがあります。
 頑張って努力するのは、苦しいことだから、報われなければ、いつしか心の中に怒りが溜まってくるものです。正当な評価をしてもらえなかった、上っ面な感謝やねぎらいの言葉やではなく、心を通い合わせる、そうした愛に基づいた関係性に至れなかった。これまでの努力は何だったのか。掛け捨て保険で財産を失ったような心境にもなることでしょう。

 苦しい努力をしてはいけないのです。お返しは、その場で受け取ることが大事です。相手が何かプレゼントをくれるということではなく、自分がそうすることで楽しいという心境になること、なれること、これが相手からのお返しです。

Sponsored Link

喜びのない心には、荒野のように風が吹きます。そうした苛立った心では、何をやっても達成感は乏しく、周囲に居合わせる人たちも、トゲトゲした雰囲気に気まずくなって距離を置きます。そもそも、傷ついているから慰めてほしいのですが、手負いのクマのように荒れた人には、怖がって誰も近寄りません。
 自分の心が痛手を負っているとき、関係のない第三者に八つ当たりするか、それとも平穏な温かい心で接することができるかで、他の人間関係の質が決まってきます。

 自分に非がなくとも、相手に悪意を持っていなくとも、パワハラ、モラハラの被害にあってしまうこともあります。だからといって、すべての他者が、あなたを攻撃するわけではありません。友好的な第三者にまで、いえ、友好的な相手の方が御しやすいからといって、反撃や憂さ晴らしの対象にしてはいけません。
 陰でこっそり行ったとしても、弱い者いじめをする自分を、自分は知っています。自己評価を下げないために、「あの時はストレスが溜まっていたから」と言い訳するのは甘えすぎです。そもそも、第三者への八つ当たり攻撃も、甘えに他なりません。
 世の中には、同じ状況下にあっても、関係のない他者を攻撃する人としない人がいます。自分が受けたと同じ痛みを、躊躇なく他者に向ける人と、それができない人がいるのです。他者の痛みに鈍感な前者の方が、辛い人生になることでしょう。
スポンサーサイト
テーマ: メンタルヘルス | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する