Sponsored Link

FC2ブログ

人使いの荒い人

 人のおおらかさや優しさにつけ込み、次第に自分にとって都合のいい道具のように扱う人、思いあがった人には、どのような特徴があるのでしょうか。また、相手の都合や限度をわきまえない人は、どのような考え方の癖があるのでしょうか。
 
 人使いの荒い人は、そもそも、それが日常化、習慣化しています。相手の時間を奪い、負荷をかけているなどとは考えていません。周りの空気も読みませんし、読む必要も感じません。当然、悪気もありません。相手としては悪意が感じられないので、戸惑うことが多いことでしょう。悪意のない支配欲は、タチの悪いものです。

 どこかで、人を見下し、そうすることで自分の価値を確認しています。仕事がらみばかりでなく、私的な交友関係でも、友人に対してフラットな意識を持てず、いつも上から目線になりがちです。人脈は広くても、長く続く安定した友人関係を築きにくい人といえるでしょう。
 目立ちたい、注目されたい、周囲の人を支配したい、といった欲求を持っています。否定されるかもしれないという恐れにめげず、自分の欲求に貪欲な人といえます。

Sponsored Link

声も大きく、自己主張も激しいので、それなりに目立ち、周囲に人も寄ってきます。この人からパワーをもらいたいと感じる人も、少なからずいるのです。
 そうした人たちは、当然、下位に位置付けられ、頼みもしない忠告や説教をされることも多いことでしょう。相手が、迷惑がるなどと言うことは、考えもしません。自分が正しいと思っていますから、「あなたのために言っている」という主張になります。

 仕事の面では、自ら率先して精力的に仕事をこなすということはなく、支持出しばかりで、人にやらせます。当然自分がすべき家事までも、訪れた友人にやらせるということも、日常茶飯事です。いかなるシーンでも、人の上に立って、人を使いたいと考えています。友人知人も例外ではありません。使用人のように、雑用を言いつけます。他人の財布も、自分の財布のように使いたがります。

 そして、他者の善意に、感謝できません。自分の中では、してもらって当然のことになってしまっているので、感謝する気持ちというのが、そもそもないのです。逆に、相手が困っているときは、進んで役に立ってあげようとは思いません。せいぜい、相手が困難な状況下にあるので、自分の役に立ってくれないとぼやくだけです。
 
 このような、自分にとって不都合な真実を、人から指摘されたとしても、受け入れることはありません。相手の欠点を並びたてて、「あの人も、困った人だ。」という結論になります。
 自分からあいさつしないくせに、相手があいさつしないと文句を言ったりします。約束の時間を大きく超過して、相手を待たせるのも平気です。

 反省する振りはできても、反省はできない人です。ですが、我慢していても、お山の大将の暴走は止まりません。我慢できないラインを、しっかり引いておくことがたいせつです。
スポンサーサイト
テーマ: メンタルヘルス | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する