Sponsored Link

身勝手な人の特徴

 ● 人からの頼まれごとは嫌がるが、何かと人を頼ろうとする。

 人からの頼まれごとは嫌がるけれど、人に頼みごとをするときは、厚かましく遠慮がありません。自分の仕事や用事を人に振り分けて、なるべく自分の負担を減らしたいと考える癖があります。
 負担にならない程度の頼まれごとだからと、引き受ける人は後を絶ちません。その厚かましさのおかげで、いつも引き受け手に恵まれています。
 ところが、毎回引き受けてくれる人には、どんどん要求がエスカレートしていきます。ありがたみもマヒし、やってくれて当たり前、たまに断ると、怒りを露わにすることもあります。
 エスカレートの域に達して、困惑しないために、最初から、強引な押しの一手に押し倒されず、一度ノーと言ったことは最後まで断る習慣を身につけたいものです。

 ● わざとらしい見え透いたお世辞が多い
 本人はおだて上手なつもりかもしれませんが、調子が良すぎ、薄っぺらです。相手に関心を持ち、思いやる心がないので、的外れなおだても多いものです。また、安易に軽く約束して、守らないこともあるので、あまり真に受け止めない方が得策です。

Sponsored Link

● 交友関係は広く浅い

 物おじせず、遠慮のない性格なので、当然、交友関係は広いです。ですが、その付き合いは深くありません。相手の言動に対する解釈が表面的なので、心を開示するような付き合いができにくいのかもしれません。
 誰かと心を通わせることで充足するタイプではなく、自分の楽しいイベントに参加者を求めるタイプです。この人でなければという、こだわりがないのが特徴です。いつまで経っても、都合よく利用されている感があり、親しくなれないので離れていく人も多く、対人関係は入れ替わりやすいといえます。第一印象は積極的で明るいので、すぐに新しい友人もでき、失った関係に執着も反省もしません。

● 人を従わせたい欲求の強さ
 
 人には、自分の用事を引き受けてもらいたいが、相手の事情など聴く耳持ちません。体調が悪いといえば、用事を断るための嘘だと疑い、心配もしなければ、力になろうともしません。そもそも、対人関係は双方向だという意識がないのかもしれません。友人も家族も、およそ全ての他者は、自分が使うために用意された人材といったところです。プライベートでは、何の報酬もありません。

● 権力のある人には媚び、そうでない者は見下す 
 
 何気なく、人を見下す発言をします。一方で、上位にいる人はあざといほどに褒めちぎります。自分よりも劣ったところがある人を探して、傍に置きたがるところがあります。無意識のうちに、人をダメ人間呼ばわりして自分の自尊心を肥やそうとするので要注意です。

● 自分の価値観を押し付けたがる

 相手の立場に立って物事を考えられないため、自分と違う相手の生き方を非難して、自分の価値観を押し付けがちです。強引なタイプには、流されない姿勢を示すことも大事です。
スポンサーサイト
テーマ: 発達障害 | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する