Sponsored Link

FC2ブログ

あつかましい人の特徴

 他人に何かを頼むとき、「やってもらえませんか?」と相手に判断を委ねる口調になることでしょう。あくまでも、相手の意志が優先なのです。
 ところが、あつかましい人は、いきなり「やってください」と命令口調になります。当然、期待に応えてくれるものと、最初から決めつけているのです。相手の都合など、聞きません。人が自分の言いなりになるのが当たり前だと思っているかのようです。親しくなるにしたがって、支配的になっていきます。

Sponsored Link

そのうえ、やってもらったことに対して、ありがとうと言う心境にはなりません。社交辞令は口にしますが、薄っぺらで真意が添っていないことは見え透いています。してもらって当たり前と思っているので、感謝する必要を感じないのです。やってくれてあたりまえ、期待に応えてくれないと腹を立てます。
 この人にとって、他者は人ではありません。道具です。しかも、使い捨ての道具です。ですから、大事にもしません。酷使して、いらなくなったら捨てるだけです。
 他者も人間であり、その人固有の人生を生きているのだという当たり前のことが、解っていません。相手の痛みを知る感受性がありません。
 相手は自分の部下だから、パートナーだから、友人だから、都合よく利用していいのだと、この人の辞書には書いてあります。そして、当然のことながら、人間関係が長続きしません。
 それでも、決して怯みません。常に前向きです。また、新しい道具を前向きに探します。
スポンサーサイト
テーマ: 発達障害 | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 発達障害の周辺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する