Sponsored Link

FC2ブログ

意地悪な人の心理

 いじめやモラハラを仕掛けてくる人は、なぜ、善良な他者に攻撃的な態度で挑むのでしょうか。いじめを受けた人には、その心中がさっぱり解りません。解らないままに傷つき、時には自分を責めながらも、相手に嫌悪や怒りを深めてしまいます。
 いじめられた人が意地悪な人に怒りを覚えるのは当然ですが、実は、いじめる人も、その動機は怒りなのです。ただし、いじめている対象への怒りではなく、他の誰か、あるいは不毛だったと思っている自分の人生への怒りです。そのような怒りを不当にぶつけられては、たまったものではありませんが。

 意地悪な人は、相手に対して同情心も無いので、平気で傷つけるような言動をとります。自分が同じことをされたら、どんな思いがするだろうか?といった想像力は働きません。
 自己中心的で、過去の傷ばかりに目を向け、不幸がって不機嫌です。他人の若さや、幸せそうに見える雰囲気が許せません。自分の中のイライラを、相手に向けてぶつけなければ気が済まない、といった状況になることも多々あることでしょう。

Sponsored Link

当然、周囲から距離を置かれることも多いので、一方では、嫌われることを恐れています。引き止めるために、歯の浮くようなセリフでおべんちゃらを言うことにも慣れています。
 日ごろモラハラ的な恋人は、相手に去られそうな危機感を抱くと、ちやほやすることでしょう。その割には、相手との関係性に責任を持とうとせず、相手から利益は引き出したいけれど、何かあったらすぐに逃げ出せるポジションにいたがるものです。

 過去に、いじめやパワハラに会い、傷ついた経験をした人は、少なくありません。だからとって、その人たちすべてが、関係のない第三者に向けて、憂さ晴らしをするわけではありません。Aさんがパワハラ上司だったからと言って、Bさんもそうだとは決めつけず、他の人たちとは良いかかわりを持とうとすることでしょう。
 暴君と化してしまう人は、人類すべてに対して強い不信感を形成してしまっています。そもそも、相手の感情や立ち位置を察することが苦手で、これまで周りの人たちと良い交流を持てずに来たのかもしれません。一方で、甘えも満たされていませんから、身近な人に向けて、自分はこんなに不幸なのだから、もっとケアしてくれとばかりに、相手からの献身を要求します。甘えと暴力がセットになりがちです。
 
 イライラは感染しやすいものです。いら立って、何かと食って掛かってくる相手と話していると、わけもなく怒りがこみあげてくることがあります。不当な怒りには飲み込まれず、スルーし、近づきすぎず、かといって、急に離れていかず、双方がちょうどいい距離でいるのがベターなのでしょう。
スポンサーサイト
テーマ: 自分を愛する | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する