Sponsored Link

FC2ブログ

刺激と支配を求める人

 職場では、誰しも、他者に指示命令する立ち位置に立つことがあるものです。だからといって、すべての人が、他人を支配したり操作すること自体に優越感や快感を覚えるわけではないでしょう。自らの役割に対する責任感も自覚しているはずです。
 サイコパスは人間関係を上下に考え、他者を支配し操作することそれ自体に、快感を覚えるようです。他者に対するマウント行動を好みます。支配ゲームは、彼にとって、魅力的な娯楽と言えます。そして、トップの座に就いたとしても、そこに責任感が伴っているとは限りません。衝動的にやりたい放題をして、運営は側近に丸投げのワンマン上司像も浮かび上がってきます。ブラック企業は、こうした構図が多いのかもしれません。
 フラットな対人関係でも、サイコパスはマウント行動を好みます。自分よりも弱い立場の人を見つけ、傍に置きたがる傾向もあります。その関係性から快感と満足感を得るために。

Sponsored Link

サイコパスは、他者の感情に鈍感で、平気で人を傷つけますが、自分自身は、傷つくという感性が希薄です。シャットアウトして、自分の失敗も人からの非難も受け付けません。当然、同じ失敗を繰り返しますが、それも刺激として、前進していくパワーに変えます。

 閉ざされた集団の中で、権力者が知識も浅く多様性に欠け、他の人々がモノも言え無い状況下では、参事が引き起こされることもあります。情動の鈍いサイコパスは危機に瀕しても冷静沈着であることが多く、一見、カリスマ性を帯びて、頼もしく見えます。
 ですが、その力が、自らに向けられた時まで想定しなくてはなりません。強い力に守られたいという依存心が、サイコパスを呼び寄せるからです。
スポンサーサイト
テーマ: 発達障害 | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する