Sponsored Link

演技性パーソナリティ障害

 演技性パーソナリティ障害の人は、表現力が豊かで、生き生きとしています。周囲の目には、こんなふうに映ることでしょう。
〇 目立ちたがり屋といった印象。
〇 大げさな表現。
〇 遠目には魅力的に見えるが、付き合ってみると深みがない。
 さらに、親しい人は、下記のような特徴に気付くことでしょう。

Sponsored Link

● 他人から影響受けやすい。他人の意見の受け売りをする。おだてに乗りやすい等。
● 浅はかな感性
● 見栄っ張りで自己中心的
● 依存心が強い
● 社交的で、楽しい事が好き
● あまり物事を深く考えない。理解が表面的。
● 反省しない。その結果、同じ過ちを繰り返す。
● 他の女性に競争心をもち、相手を下げ自分を持ち上げるマウンテング的話題を好む。
● 外見は明るくてテキパキして、魅力的。
● すぐに知り合いや友人ができるが、相手に関心を抱かないし、維持するための気配りをしないので、深い親密な友好関係は築かれない。
● 話術はうまく、相手を引き込むような説得力をもっている。
● 時間にルーズ
● 揺るがない自分の信念といったものを持たない
● スリリングなことが好き。退屈を恐れる。
 演技性パーソナリティ障害の人は、自分自身が他人から注目され、称賛されることを望みますが、他人には無関心で、他人を尊敬することもできません。自己中心的で、わがままで、子供っぽい性格と言えそうです。一つの物事を熟慮することが苦手であり、その場の気分に基づいて性急な判断をしてしまうことが多いのです。
 他人を振り回してしまうことも多いのですが、その内面は不安定で、危うく、不安に満ちています。 支配的に振る舞うことで、自分の存在に自信をつちかおうとしているかのようです。
スポンサーサイト
カテゴリ: 発達障害の周辺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する