Sponsored Link

あなたをたいせつにしない人

 対等に付き合えるところが友達のいいところ、と考えている人には信じがたいかもしれませんが、
世の中には、支配願望が強く、人を都合よく動かしたいと思っている人がいます。あらゆる他人は、自分がしたいことをするための道具に過ぎないと思っているかのような態度の人もいます。

 とはいえ、すべての他者に対して、支配的な態度がとれるわけではありません。自分が従わねばならない相手と、従ってくれそうな相手を見分けるのがうまく、人によって態度を変えます。
 一方、「従順な人」と見なされて、ターゲットに選ばれてしまう人は、誰に対しても素顔で接している人です。二人が出会ったころ、支配的な人は、率先して気配りができる人、発言にもリーダー気質を感じさせる人でしょう。素顔の人は、相手の付けた社会的な仮面に、好感を抱きます。

Sponsored Link

ですが、時間が経つにつれ、支配的な人は、段々、従順な人に寄りかかって甘えていきます。自分の必要のために相手の時間を使おうとするのは、態度が支配的だとしても、甘えに他なりません。
 一方が他方に寄りかかるばかりで、もう片方が支えを必要とする場面には無関心といった人間関係が、長く続くはずもありません。いずれ「従順な人」も、相手の二面性や本質に気づきます。
 もう従ってはくれないと気付くと、支配的な人は、次なるターゲットを探します。関係性の破たんに傷つき、自らを反省する、等と言う展開にはなりません。時々人が離れていったとしても、また次なる人を引き付ける表面的な魅力と、ひるまない心を備えているのです。替わりが見つかると、あの人はもういらない、となります。

 支配願望の強い人は、他人がどれほど自分の言いなりに動くかによって、自分の価値を確かめようとしているふしがあります。ですから、意のままにならなくなった相手は、怒りの対象でしかありません。挫折を味わった負けず嫌いが、まだ自分にはパワーがあると、吠えている状態と言えそうです。
 こうした人は、最初から意のままにはならない上位の人には、認められたいと媚びるものです。そもそも、人間関係を上下関係にとらえています。

 人間関係が長続きしないことも多い支配的な人ですが、愚痴をこぼしながらも傍に居続け、支配を受け続ける人もいます。陰で文句を言いながらも、身勝手な酷い扱いを許しているのです。依存心の強い傾向があり、共依存に傾いていると言えます。自分の許容枠を見定め、拒絶してあげることも、支配的な人には必要です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する