Sponsored Link

FC2ブログ

権力者の病

 他者の苦痛に対して冷淡でいられる人は、能面のように無表情なのではありません。むしろ、そうでない人よりも、うわべは魅力的であることが多いものです。他の人よりも、親切な振る舞いが目立ったりします。それは、心のこもらない建前だけの親切です。演じている親切、仕事のように行っている親切です。ですが、付き合い始めのころには、気付けず、魅力的に見えてしまいます。


Sponsored Link

付き合いが長くなるにつれ、次第に常軌を逸した自己チューぶりに、振り回されるようになることでしょう。建前の振る舞いだけで他者を「転がせる」と思っている人は、基本的に、自分だけがよければいいという考えなのです。自分の要件さえ満たせれば、他者に迷惑が掛かっても気にしません。面倒なことは、誰か適当な相手に押し付けるのが、生き方の基本です。
 自分が迷惑をかけているなどと、露程も思っていません。「人の役に立つ喜びを知る機会を与えてあげている」ぐらいに、軽く考えています。
 また、相手が傷つくようなことも、平気で口にします。本音が、するっと口を突いて出るのです。口に出す前の吟味がありません。自分が言われて傷つくようなことは、口にしないタイプの人とは、感受性に落差があります。他者を手荒く扱う人の心は、鈍感にできているのです。少々のことではめげないのです。そうしたタフな心をもって、社会の戦場を勝ち上がっていきます。
 そして、権力を身に着けると、何を言っても何をやっても、大抵のことは許されるようになります。しっぺ返しを受けることが、圧倒的に少なくなるのです。すると、ますます、人を下に見、もともと乏しかった共感性をなくしていきます。

 他者と情緒的な絆を結ぼうとせず、人を粗末に扱い続けた結果、多くの人から嫌われているらしいという自覚は、どこかで感じています。ですから、権力を振りかざす横暴さの陰で、仲間の裏切りを恐れて、他人を信頼できません。いつも仲間の背信を疑う被害妄想は、権力者の病とも言われています。
スポンサーサイト
カテゴリ: 妄想性人格障害

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する