Sponsored Link

怒られやすい人

 怒られやすい人は、悩みます。怒られない人に比べて、仕事ができないわけじゃないのに、なぜ....?と。そして、その理由にも、薄々気づいています。気が弱くて、NOと言えない自分の性格が悪いのだと。そして、その推理は当たっています。
  怒るという行為は、仕事の遂行のために、相手の間違いを改めてもらうのが目的ではありません。自分のうっぷんを晴らすために、耐え忍んでくれる相手を選んで、攻撃する行為です。ドアマットやサンドバックになってくれる、都合のいい対象でしかないのです。仕事の出来不出来ではなく、我慢してくれそうだと見込まれたのです。

Sponsored Link

我慢強い人は、往々にして、間違った解決法を選択します。相手に従順に尽くし、気に入られれば、ターゲットから外されるだろうと考えるのです。これは、ますます人格を軽んじられる結果を招きます。相手が欲しいのは、友人などではなく、サンドバックですから。そして、取るに足りないことで袋叩きにされることになるのです。
 はっきりと、自己主張が必要です。そうと解っていても、内向的な人は自己主張が苦手です。ですから、圧倒的に経験が足りません。そこで、迎合的な戦略になるのですが、これでうまくいかない相手に踏みにじられる結果になりがちです。
 いち早く、そうした性格を嗅ぎ分けて攻撃してくるのですから、ハラスメント加害者は、そうとう性悪です。従順に徹したところで、手なづけられる相手ではありません。そもそも、なぜ、あくどいいじめを毎日続けられるのか、その精神構造を理解することもできないことでしょう。加害者の、晴らし続けねばならないうっ憤の闇は深いのです。中には、それを理解し、手を差し伸べられる人もいるでしょうが、攻撃の対象となった時点で、その人には不可能です。加害者を救う必要もないと見極めましょう。
スポンサーサイト
テーマ: メンタルヘルス | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する